アル・ゴア

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポール・ライアンのグランドヴィジョン

9月
09

共和党の副大統領候補は豊かな人のための計画を持っているかもしれないが、そうでない人はどうなるのだろう?

共和党員と民主党員は大統領になるための仕事に取り組むのに違った方法でやる傾向にある。ジョン・ケネディ以来、民主党は、ビル・クリントン、バラク・オバマ、そして私が思うにはジミー・カーターも、といった、派手な若い男に弱点を持っている。彼らはその候補者を高齢の政治家によってバランスを取る。リンドン・ジョンソン、ジョー・バイデン、ウォルター・モンデールだ。(アル・ゴアは若かったが昔からやっていた。)共和党は逆をやる。ブッシュ=チェイニーは例外だが、彼らは高齢の政治家を大統領候補に選び、精力的で若く、そしてしばしばイデオロギー的なタイプをNo,2に選ぶ。ドワイト・アイゼンハワーが副大統領候補に選んだ時、リチャード・ニクソンは熟した39歳で、ダン・クエールは41、サラ・ペイリンは44、そして今42歳のポール・ライアンは伝統的な共和党副大統領の完全な絵だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アメリカの無階級性

9月
29

不朽の神話の利用と乱用

「あなたは現在の経済制度のもとでの労働者と資本家の間での和解できない階級闘争を認識しているか?」これは、アメリカ社会主義労働党の党員申込書にある質問の一つだ。役に立つ脚注は、申込書が論議されるためには全ての質問にYesと答えなければならないと説明する。このイデオロギー的純粋さへのしつこさは、なぜその政党の運命が最近失望するものなのかを説明している。それは、労働者党として知られていた1876年まで歴史を遡ることができるが、その権威は、ウィキペディアが断言するように「瀕死」も同然だ。

共和党の下院予算委員会長のポール・ライアンは、バラク・オバマが今週、百万長者は少なくとも普通の人と同じ率の税率で支払うべきだと提案して「階級闘争」を始めたことを非難した。しかし、どの大統領が階級闘争を宣言して労働者党の後をついて絶滅に向かう危険を犯すのだろうか?社会階級がアメリカでは存在しないと考えられているだけではなく、それはほとんど下品な言葉だ。ある社会学者の言葉によれば、「アメリカの触れてはいけない考え」なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アル・ゴア を購読