ジェンダー

悪いことが多すぎる - アジアでの強姦

2月
28

デリーでの強姦と殺人は、インドでの女性に対する暴力に注意をもたらした。しかし、医療ジャーナルのランセット・グローバル・ジャーナルに掲載された新しい調査によると、隣り合う国々での状況も同じように明るいものではない。6つのアジア諸国で調査された10人の男性のうち1人以上がパートナーではない女性を強姦したことがあると言い、その数字は妻や女友達を犠牲者に数えると4人に1人近くにまで上がる。国連の計画の一部としてのその調査で、研究者たちは、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パプアニューギニア、そしてスリランカでの18-49歳の1万人を超える男性を調査した。その男たちは、(男性調査官によって)「強姦」については聞かれなかった。そうではなく、彼らは「女性に性交するよう強要したことがあるか」を聞かれたのだ。パートナー以外に対する答えは、バングラデシュでの4%からパプアニューギニアでの信じがたい41%まで、多様だった。」強姦者の7人に1人以上は最初の強姦を15歳以下の時にした。半分以上は20歳になる前にそうした。55%しか有罪だとは感じていないと報告し、1/4以下しか刑務所に行かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

おっぱい、ダメ -- タブロイドのヌード

12月
10

タブロイドのヌードについての論争は、性と社会について何を言うか

ある英国紳士は慣例を好む。トーストの上のマーマイト、グラスに入ったぬるいビール、口の中の虫歯、そしてサン誌の数百万人の読者にとっては3面のダヴェントリーのケリーのおっぱいをちらっと見ることだ。そのようなことは、英国の最大部数のタブロイドによってなされた主張だ。いわく、そのトップレスの写真は1970年に当時の経営者ルパート・マードックによって導入され、それらは国民生活の無害な定着物になっている、と。だが、生意気にも尊ぶべきかもしれないが、3面は先が見えているかもしれない。その運命は、性、フェミニズム、そしてメディアへの進化する姿勢に光を当てる。1970年から英国で何が変わり、何が変わっていないかについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

選挙民の半分以上 - 性の政治

9月
16

「女性との戦い」の修辞は民主党を助けるのか?

中絶の共和党反対者にとって忙しい数週間だ。下院は妊娠20週以降にそれをすることを禁止する法案を可決した。似たようなものは間もなく上院に提出されると予想されている。コロンビア地区で20週の制限を課す法案は、34人の共和党員に支持されて上院で保留されている。

州でも行動がある。テキサスとノースカロライナでの共和党主導の議会は、様々な制限を考えている。ウィスコンシンでのものは最近幾つかのものを承認したが、裁判所によって差し止められている。その年の前半に18の州が何らかの形で中絶を制限する43の条項を採用し、すべてはかなり共和党の支持で語られた。

民主党は、これらの手法を共和党の「女性との戦い」の一部として描きたがる。さらなる証拠として、彼らは、共和党政治家によってしょっちゅう行われる性についての奇異な発言とともに、女性への均等給与を促進し、家庭内暴力を防ぐことを狙った手法についての、議会での共和党の遅延を差ししめす。下院で20週の制限を支持した議員のトレント・フランクスは、強姦犠牲者への例外に反対して論じ、妊娠につながった強姦の数は「とても少ない」と主張した。同僚議員のマイケル・バーゲスは、男児だけだけれども胎児はすでに20週までに自慰行為をしている、と示唆した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荒れた境界 - カナダの騎馬警官隊での性差別

9月
11

女性隊員が隊列の中で嫌がらせを主張する

初期ハリウッドの騎馬警官隊は、いかに女性を扱うかを知っていたことで有名だ。彼は荒れ地の中で彼女を守り、アメリカの悪漢から彼女を救い、もしロマンティックな気分になれば、山頂で彼女とともに歌った。しかし、女性は厳格に救う対象だった。もしその騎馬警官隊が正義を追究するために走り去る時に女性のパートナーがいれば、彼女はたぶん馬だ。

王立カナダ騎馬警察(RCPM)は、1974年の女性の募集を始めた。彼女たちは今、その7,000の補助職員のほとんどとともに1.9万の職員の1/5をなしている。しかし、ほぼ300人の現在そして元女性騎馬警察が参加したいと期待している、最近始まった性的嫌がらせへの集団訴訟は、「いつでも犯人を捕まえる」ことで有名なその部隊が、依然としてほとんど女性を「得て」いないことを示唆する。申し立ては、幼稚な悪ふざけ(ある伍長は夜間勤務中にゴム人形と一緒に勤務していたと言われる)から物理的虐待までにわたる。ある女性は、1980年代に馬の肥しの間を引きずられたと主張する。弁護団は静かに降りるようだ。部下と性行為をし、同僚に露出し、職務中に酒を飲んだと認めた下士官は、単にほかの州に飛ばされただけだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

胸をたたく - フェミニストのデモ

7月
31

若いフェミニストたちが古い闘争を生き返らせている。女性の体への権利だ

神話はなかなか死なない。少数のフェミニストが1968年のアトランティック・シティでのミス・アメリカの見世物に反抗した時、彼女たちはブラジャーを燃やさなかった。しかしながら、彼女たちは、ヒツジに王冠を授ける一方で、少しのブラジャー(と化粧品とハイヒールの靴)を「自由のごみ箱」に投げ捨てた。

今、ブラは本格的に外される。フェメンのメンバーは、そのグループが売春旅行に反対して2008年にウクライナで始まって以来、100回のトップレスデモを行っている。衝撃を増すために、彼女たちはメイドや尼の格好をするか、付け髭をする。他の小道具には、生肉や消火器が含まれる。パリのノートルダム寺院で、極右の歴史家がそこで自分を打ち抜いた翌日の5月22日に、ある抵抗者が偽の自殺を行った。彼女のトップレスの裸体にはスローガンがかかれていた。「ファシズムを地獄で眠らせろ。」

去年、フェメンの「性過激派」は、彼女たちが言うには無言で食欲低下を促進している棒のように細いモデルたちに対する運動をするために、ミラノのファッションウィークに押し入った。今月、あるベルリンの活動家がバービー人形の家の等身大のレプリカの公開で、バービーをはりつけにして燃やした十字架を振り回した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裸の野望 - 性産業の禁止

6月
02

アイスランドは世界最古の事業を違法にすることを決める。それは成功できるのか?

超リベラルのアイスランドはオンラインポルノを禁止したいと思っている。それは単に、性産業全体を廃止する最新の一歩に過ぎない。2009年に、それは(犠牲者として取り扱う)売春婦を買った者に罰金刑と懲役刑を導入した。2010年に、それはストリップクラブを違法にした。2月に、その政府はわいせつ物がオンラインに満ち溢れているのを気にすることを決め、アイスランド人の中にはそのほとんどを意味するととっているものもいる、暴力的なまたは下劣なポルノを禁止するという考えを持ち出した。商業的な性を合法化にしろ犯罪化にしろ管理するのに完全に成功した国はない。しかし、世界中で、特に豊かな民主主義国で、政策立案者は、アイスランドが成功するかどうかを見守っており、もしそうするならばそのあとに続くかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まったく素晴らしい - 男の魅力

5月
28

女性の異性への期待は、少なくとも男性のものと同じぐらい非現実的だ

男性は長い間、女性が欲するものは正確には何なのかということを不思議に思っている。指針として「洗濯板のような筋肉」を約束する男性誌を読みふけるものもいる。より科学的な心を持つ人は、実験データを探す。最新の証拠は、当時オーストラリア国立大学のブライアン・マウツに率いられた研究者集団から来る。彼らは105人の異性愛のオーストラリアの女性を集め、身長、肩まわり=ウエスト比率、緩んだ陰茎サイズの三つの肉体的特徴が異なった、一連のデジタル的に作り出された男性の写真を見せられた。その女性たちはその男たちを性的な相手として格付けるよう頼まれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

性の戦い - 大統領選

10月
02

女性票の取り合いが選挙戦の特徴を定義している

その年の多くで、戦いの兆候は明白だ。最初に、ある候補者の妻が「人生において一日として働いたことがない」と表現された時の突風で、それからある学生が彼女のヘルスケアプランが無料の避妊法を含むべきだと言ったことにより「売春婦」と呼ばれた時の嵐で、そして政治の辞書への「正当なレイプ」や「強制経腟超音波検査」といった新語の到着だ。

ある意味で、女性有権者に対する苦い戦いは何の驚きもなくやって来て当然だ。2008年に、バラク・オバマは女性得票で13ポイント上回った(56%-43%)。今回の彼の反対派、ミット・ロムニーは、もし勝ちたいのならば、ジョン・マケインよりもよくやる必要がある。女性は投票で男性よりも数で上回り(前回の選挙で1,000万人)、高い率で投票すると判明し(2008年で60%vs56%)、民主党に投票しがちである。オバマ氏が心地よく女性で縁取っていることは依然として明らかだが、今では少し弱いように見える(YouGov世論調査によれば53%-43%)。さらに、ロムニー氏の男性の縁取りは、世論調査によってはこのリードのすべてかほとんどを侵食している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ジェンダー を購読