ジェンダー

女性の筋肉 - ジェンダー政治

9月
30

書評:The End of Men: And the Rise of Women  By Hanna Rosin

今は男になるにはよい時ではない

現在の男性は、「やってくるジェンダーのスペクトル」によって付きまとわれている、とハンナ・ロシンはその新しい本「男の終わり」で宣言する。彼らはどれほど心配すべきなのか?女性がかつて以上に家計所得に貢献しているのは本当だ。彼女たちは世界中で大学の出席を支配している。韓国では、男性よりも多くの女性が外交官試験に合格しており、外務省に男性への最低割り当てを実施するようさせている。ブラジルでは、ほとんど1/3の女性がその夫よりも多く稼いでおり、それは男性たちが自分たち自身を「涙の男たち」と呼ぶ教会支援集団を形成する原因となっている現象だ。

2010年にアトランティック誌のために書いた記事が本にまで育ったその雑誌の編集者ロシン女史は、男性がすぐにでも絶滅しそうだというわけではないと認める。しかし、男性が崩れている一方で、現在の女性は勝っている。彼女の調査の一環で、ロシン女史はアメリカの多くの街角を旅行し、その中には女性の中間所得が男性のものよりも40%高く、男性がいかに職を得るかについて教える仮想シミュレーションを見るよう勧められるアラバマ州のオーバーン・オペリカもあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マミー路線

9月
16

なぜより多くの女性が会社のトップまで登らないかの真の理由

デンマークのテレビドラマ「ボーゲン」の中で、その国初の女性首相が家庭の至福のために毎晩遅く家に帰る。彼女の主夫をする夫は皿を積み上げ、彼女にメッセージを返す。子供たちは彼女のテレビ中のスピーチに喜ぶ。しかし、間もなく彼女の息子は精神科医にかかり、その無視された夫は浮気をし、われらがヒロインは事務所中に家具を投げつける。

トップに到達した女性についてのこれほどの苦悩はめったになかった。先月のアトランティック誌の中で、アメリカ国務省初の女性政策立案部長になったアニー=マリー・スローターは、女性はとてもきつい仕事と若い子供たちを育てることをうまく結びつけることができないと宣言した。(彼女はワシントンをやめ、学界に戻った。)今月、英国国会議員のルイーズ・メンシェが、仕事と家族をやりくりするのは難しすぎると言って辞職した。しかし、そのニュースは怖いばかりではない。7月に苦しんでいるインターネット会社のヤフーは、グーグルから37歳の女性で10月に子供を持つ予定のマリッサ・メイヤーを新たな社長としてむかえいれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男性、女性、そして仕事についての真実

5月
27
縮小する中間層は、単に階級の問題ではない。それはジェンダー問題にもなっているのだ
 
最初にマンセッションがあった。それから女性に対する経済的戦いがあった。過去4年にわたって、月次の職の数字は、景気後退や回復からどちらの性が勝ったか、そして負けたかを宣言するルーレットのように回った。4月の数字は、合衆国経済の11.5万の新規雇用のうち女性が73%を得たことを示す。女性が勝ったようだ。
 
そうなのか?その数字は、共和党の挑戦者、ミット・ロムニーの、大統領の経済政策が女性を傷つけているという非難と戦っているオバマ政権にとっては歓迎すべきニュースのようだ。しかし、2009年の7月に景気回復が始まって以来、女性は新規雇用のたった16%しか得ていない。さらに、過去1年かそこら、45-54歳の女性の労働参加率は、「石のように落ちた」とBNPパリバの北米担当エコノミストジュリア・コロナードは語る。「結婚した稼ぎ手が一人の家庭が増えており、既婚女性はますます働かないことを選んでいる。それはいくらかは、給料、通勤、苦労の点で、彼女たちの得ることのできる仕事が単に価値がないと多くの女性が見つけているからだ。」
 
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ジェンダー を購読