日本銀行

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ゲーム - 通貨切り下げ競争

2月
06

通貨切り下げを成し遂げるための別の戦い

多くの英国サッカー場は観戦の問題を抱えている。最近では健康と安全上の理由から競技場はすべて座席だが、ファンの中には座ることを拒絶するものもいる。彼らは試合中立ち、その後ろの人たちにそれに続くことを強いる。最後には、競技場のその部分のみんなが立ち上がる。誰の視界も改善しないが、みんなが大きく快適さを損なう。

外国為替市場は、今のところ同じような問題に直面している。ほとんどすべての国が、その輸出業者が価格競争力を持ち市場シェアを得ることができるように、その通貨を弱くしたいと思っている。しかし、ある通貨が下がれば、ほかのものは上がらなければならない。これらの国々はその通貨を戻そうとし、世界は最後には最初に戻る。

ブラジルの財務大臣グイド・マンテガは、2010年9月にその過程を「通貨戦争」と表現し、今週ロシア中央銀行の第一副議長アレクセイ・ウリュカエフは、次の切り下げ競争の警告をよみがえらせた。財務大臣の集まりユーロ・グループの長ジャン=クロード・ユンケルは今週、単一通貨の為替市場が「危険なほど高い」と呼んだ。ノルウェーの中央銀行は、たとえその国が住宅ブームのさなかにあるとしても、クローネの強さが金利を引き上げることに用心深くなる原因となるだろうというヒントを得た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

弱きものがその地を受け次ぐだろう - 通貨

10月
25

新たな政府の優先順位と非伝統的金融政策への熱狂は、通貨市場の動き方を変えている

歴史のほとんどにわたって、ほとんどの国は強い通貨を、または少なくとも安定したそれを欲してきた。金本位制とブレトンウッズ体制の時代には、たとえそうすることに必要な金利が経済の下降を促したとしても、政府は為替レート水準の維持に大きな努力をした。1930年代や70年代のような例外的な経済状況においてのみ、これらの努力があまりに痛みを伴うと考えられ、ペグは放棄された。

けれども、世界的金融危機に引き続いて、強さと安定は流行遅れになっている。多くの国はその通貨が弱くなるのに賛成しているようだ。それは、輸出業者が市場シェアをとる役に立ち、金融状況を緩和する。その経済状況への市場の信認として通貨の上昇から喜びを得るよりもむしろ、諸国は今警告で反応している。強い通貨は、そうなるとあとから率が下がっても何の利益も生まなくなってしまう輸出業者の破産を駆り立てうるだけではなく、輸入価格を下げることにより、母国でのデフレを作り出しうる。債務危機に置いては、所得の下落は悪いニュースだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
日本銀行 を購読