CERN

革新の巨人 - 巨大科学とビジネス

6月
16

ビジネスは巨大科学から何を学ぶことができるのか?

技術的な偉業として、アトラスはいくらかの打撃を与える。それは世界最大の顕微鏡で、物質の根本構造を探るためのジェノヴァのそばにある巨大研究所であるCERNの物理学者に使われている。その、全長45メートル、高さ25メートル、そして重さがエッフェル塔と同じだけある樽型の本体は、スイスの田舎の地下100メートルの洞窟の中で、ジャンボジェットに入っているものの倍近くの数の10メートルの部品から組み立てられた。それは、ツイッターが生み出すもの以上のデータを毎日生み出す。

それはまた、特筆すべき組織的な達成だ。その部品は、何十もの組織からの何百人もの科学者と技術者によって設計された。それらは、その後に、4つの大陸からの400強の業者から、4.35億ドルで調達された。どの時点でも、その実験は38か国の175の機関からの3,000人を超える研究者を巻き込んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

断片の蒸留 - 暗黒物質

5月
12

宇宙の失われた85%の物質を探すことは、その源泉に迫っている

もしヒッグス粒子がつかみどころがないと考えたならば、暗黒物質の事例を考えるとよい。他の亜原子種を塊にするヒッグス粒子は1964年に予言されたが、去年になってやっと実際にとらえられた。けれども、その48年間の追跡は、暗黒物質の追跡に比べればそよ風だった。物理学者は、スイスの天文物理学者フリッツ・ツウィッキーが、見ることはできないがそれがなければ目に見える宇宙は回る時にバラバラに飛び散るだろう物質を表現するのにその言葉を作り出した1933年以来、それが存在しなければならないことを知っていた。欧州宇宙機関のプランク衛星からの最新の結果は、それが宇宙の全物質の中の85%を構成していると示唆する(だいたい80%という以前の推計から上がった)。

けれども、ヒッグス粒子のように、暗黒物質が構成される実際の粒子は、つかみどころがないとわかっている。ツウィッキーの観察の80年後、そしてのちの数十もの実験の後でも、それらはまだ検知されていないままだ。しかし、4月3日に、アルファ磁気分光計(AMS)と呼ばれる実験は、今までのところもっとも魅力的なヒントを提供した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

科学の偉大な前への飛躍 - ヒッグス粒子

7月
15

何十年も探した後に、物理学者は宇宙の謎の一つを解決した

歴史的な事件は、10年経過するごとに重要性が薄らぐ。政治的金融的危機は、それらが普通そうであるように、進歩の道の上のブリップとみなされうる。戦争の恐怖でさえも、非現実性の古錆を獲得している。物理学法則は、けれども、永遠で普遍的だ。それらを解明することは、人類の勝利の一つだ。そして今週、そのような成功した解明が見られた。

7月4日に、世界最大の粒子物理学研究所であるジュネーヴのCERNで働く物理学者たちは、彼らがヒッグスボース粒子を見つけたと発表した。広く言えば、粒子物理学は、生命についてのDNAは宇宙にとって何かということだ。とても多くのほかのことの基礎をなす隠れた原則だ。1953年にフランシス・クリックとジェームス・ワトソンによるDNA構造の発見のように、ヒッグス粒子の発見は、そうでなければ理解できなかったであろうものの意味が分かるようにする。その重要性は巨大だ。本当に。ヒッグス粒子がなければ、集団はなかっただろう。そして集団がなければ、星も、惑星も、そして原子もなかっただろう。そして確かに人間も。実に、歴史はなかっただろう。質量のない粒子は、アインシュタインの相対性理論で、光の速さで飛ぶと定められた。それは、彼らにとって、過去、現在、そして未来が同じことであることを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

光速よりも早く - ニュートリノと相対性理論

10月
04

アインシュタインの相対性理論と矛盾するように見える実験が真に意味することは何か?

1887年に物理学者たちは彼らの主題にかなり自己満足を感じていた。彼らは現実をよく理解し、未来はかつてないほど正確に測定されるものだろうと考えた。それに続く30年間は、電子、原子核、放射能、量子理論、そして相対性理論の発見により、物理学は完全に変わった。しかし、この全てについての真珠の中の砂は、その年にアルバート・マイケルソンとエドワード・モーリーという二人の研究者による、観察者がどれだけ早く動いても、光の速さは一定だという奇妙な観察の中にあった。

彼らの主題が別のマイケルソン=モーリーの瞬間を持とうとしているのかとあれこれ思い巡らせている物理学者もいる。9月23日にヨーロッパの主要な物理実験所であるCERNの研究者達がニュートリノと呼ばれる亜原子粒子がジュネーヴのそばにあるその実験所の本部から地殻を通り抜けて730キロ離れた地下の探知機まで急速に駆け抜け、それは光がその距離を駆け抜けるのにかかる時間よりも10億分の1秒早かったと発表した。速さの違いはわずかだが、示唆するものは巨大だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
CERN を購読