マッキンゼー・グローバル・インスティテュート

怠惰さを賞賛して

12月
11

ビジネスマンは少ししかせずにより考えていたら、より豊かになっていただろう

いかにして我々がより多くでき、またしなければならないかを教える経営論者は終わることなく供給される。シェリル・サンドバーグは、女性たちに前に進みたいのならば「のめりこむ」よう促す。ジョン・バーナードは「現在のスピードでのビジネス」を行うよう息つく間もなく助言する。

マイケル・ポートは営業マンに、いかに「自身を実質的にするよう予定する」かを説く。そしてあなたが自分自身のためにいくらかの時を取っておくことができたかもしれないのに、と考えるときのために、キース・フェラッツィは「一人で食事をとるな」と警告する。

しかし、ビジネスの世界で最も重要な問題は、少なすぎることではなく、多すぎることだ。多すぎる動揺と中断、形式のためにするあまりに多くのこと、そして全体的に多すぎる忙しさだ。オランダ人は、余計な会議が最大の時間の無駄だと信じている節がある。彼らは「会議病」について話す。しかし、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートによる去年の研究は、それが電子メールだと示唆する。それは、高度な技術を持った事務職が、毎日の労働時間の1/4以上をメールを書くのと返信するのに費やしていることを見つけたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマート機械の時代

7月
31

知的作業は、手作業の行く末に進むかもしれない

その最初の小説『プレイヤー・ピアノ』の中で、カート・ヴォネガットは、産業がいつか「巨大なルーブ・ゴールドバーグ・マシン」(または英国人ならば「ヒース・ロビンソンの仕掛け」と言うだろう)のようになるかもしれないと予見した。彼の物語は、機会が手作業と同様に知的労働も乗っ取り、巨大なコンピューターEPICAC XIVがすべての決定をする暗黒郷を描く。わずかな経営者と技術者がその新しい主人の世話をするために依然として雇われる。しかし、ほとんどの人々は家屋敷に住み、そこで不要不急の仕事をし、テレビを見、そして「ウサギのように子供を産んで」時を過ごす。

こんにち、我々の目の前でヴォネガットの巨大な機械が組み立てられているかどうか不思議に思うことなく『プレイヤー・ピアノ』を読むのは不可能だ。グーグルは自動運転車を設計している。アメリカの軍事治安複合体は自動飛行殺人機を開拓している。教育事業家は啓蒙をオンラインで行っている。我々はますますヴォネガットの暗黒郷に住んでいるのだろうか?それとも、技術熱狂者は、人生がさらによくなりそうだと論ずるのが正しいのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢のブランド - 国際観光

7月
12

アメリカは、初めて、外国の観光客を懇願している

人々にアメリカについてどう考えているかを聞くと、意見の多様性はその国自身の多様性によってのみ釣り合っている。その外交政策が不愉快だと思うものもいれば、それが打ち立てた理想を賞賛するものもいる。しかしながら、何も見ずに反応するものはほとんどいない。地理的に無学で政治的に無知なものでも、合衆国について聞いたことがある。

しかし、5月に新しい旅行促進事務所のブランドUSAは、外国からの訪問者をひきつける、アメリカ史上初の運動を始めた。雄大な景色の背景と魅力的な人々が楽しんでいる写真に反して、ロザンナ・キャッシュ(ジョニーの娘)と多文化を取りそろえた音楽家たちは、「それは見た目よりも近い。来てあなたの夢の国を見つけなさい。」と教える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

混沌を褒め称えて - インターネット管理

10月
06
インターネットを支配する政府の試みは抵抗されてももっともだ
 
現代世界のとても中心的なものにとってインターネットは乱雑な管理のもとにある。それは3文字から5文字の組織の寄せ集めによって運営されている。彼らの会議の多くは、オンラインでもオフラインでも、おおやけに開かれている。今週ナイロビで年次総会を開いたインターネット・カヴァナンス・フォーラムのように、ただのおしゃべりの場であるところもある。意思決定は遅く、しばしば予測できない。
 
それは、要約すれば、少し混沌としている。しかし、腹黒いものが「多くの利害関係者を含んだ」やリ方だと主張するのを好む信奉者でさえも、時に混沌は損害が大きいものではない。インターネットはたいていは機能している。そして、大混乱は、この場合な殆どいつでも政府がインターネットをその管理下に置くことを意味する別の選択肢よりもずっと良い。
 
 
 
柔軟だが強い
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

町の制限 - ラテンアメリカの生産性

8月
17

かつては経済の力強さの源だったが、大都市は成長の足手まといになるリスクがある

アジアやアフリカではその数は半分より少ないが、ラテンアメリカでは5人のうち4人の、町に住んでいる。その地域の20万人以上の人口を持つ198の大都市は経済産出の60%を占めており、上位10都市だけでその半分を生み出している。過去半世紀かそれ以上にわたって、人々を町に流入させることによる生産性の上昇はラテンアメリカの経済成長の駆動力の一つだった。しかし、コンサルティング会社のマッキンゼーの調査部門であるマッキンゼー世界機関による報告によれば、混雑、住宅不足、汚染、そして都市計画の不足は、ラテンアメリカの大都市は、今やその国の経済を引きずり下ろすリスクだという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな情報でできた建物 - 情報革命はビジネスの風景を変えている

5月
31

「科学の厳密さ」と言う短い物語の中で、ジョージ・ルイス・ボルジスは、地図製作者が取り憑かれたように帝国それ自身よりも大きな地図をかくようになってしまった国を描いた。これはとても扱いにくかったので、未来の世代はそれをバラバラにしたままだった。

普通、デジタル時代の現実はフィクションの先を行っている。去年、人々は6 万の議会図書館を満たすほどの情報を溜め込んだ。世界の40 億人の携帯電話使用者(そのうちの12%はスマートフォンを使っている)データの流れの中に向かっている。YouTubeは毎分24時間のヴィデオを受け取っていると主張する。製造業者は3,000万ものセンサーを彼らの製品に埋め込み、それらは物言わぬ金属をインターネットの中でのデータを生み出すノードに変える。スマートフォンの数は毎年20%増え、センサーの数は30%増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
マッキンゼー・グローバル・インスティテュート を購読