ロッキード・マーチン

何が英雄的な紛争にするのか - 内戦の科学

5月
04
内戦の勃発と拡大を予測できるコンピューターモデルが開発されている
 
過去10年かそこらの間、世界で最も進んだ軍隊を指揮する将軍たちは、伝統的な戦闘の発生の正確な予測に頼ることができてきた。天候と地勢そして交戦国の数、兵器類、場所、訓練と士気の高さの情報があれば、ワシントンDCのデュピー研究所によって設計された戦術的数値決定論モデルといったコンピュータープログラムは誰が、どれだけの速さで勝ち、どれだけの死傷者が出るかを予測できるのだ。
 
しかしながら、ゲリラ戦争は、この種の開かれた戦争に比べてモデル化するのが難しく、しばしばそれに先立つ内乱はさらに難しい。最近そのような紛争が支配的な戦いの形なので、将軍の見方では残念なことだ。難しさの理由は、一般的な蜂起の燃料がハードウェアではなく、コンピュータープログラムがそのアルゴリズムではとらえるのが難しい型の社会的要素だからだ。フェイスブックやツイッターへの投稿や村のグループの間での電話の会話による感情的な温度を解析することは、戦車の射程距離や軍隊の弾薬や燃料の在庫のような物理的な情報を解析するよりも、常に難しくなる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

2回目は・・・ - 海からの電力

1月
13
海の熱は発電に使えるかも知れない
 
アメリカの官僚主義の標準によってでさえも、13年間なにも成し遂げることなしに動き続けることは印象的だ。しかし、それが1981年に開設され一度も許可を出すことのないまま1994年に閉鎖された海洋熱エネルギー変換(OTEC)許可局の運命だった。その事務局は、その国の宇宙機関NASAの海洋版であるNOAA、アメリカの国立海洋大気局の一部だ。そして、OTECの考えは、タービンを動かし発電するために海面と海底の温度差を利用するというものだった。その動機付けは1970年代の石油価格の急騰だった。しかしひとたびその動機付けがなくなれば、代替エネルギー源と最後にはその事務所への関心もなくなった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ハック攻撃

7月
07

ソーシャルネットワーキングは、ハクティヴィストがウェブの破壊行為をするのをけしかける。より少ないが、サイバー泥棒も同じ技術を採用している

じゃあ今日は誰をハックする?銀行、ウェブサイト、会社、もしかしたら政府機関があなたを間違った道にこすりつけるのか?ハクティヴィスト集団のLulzSecは要求する。もしかしたらあなたは個人的な支出水準を上げるために盗まれたクレジットカードアカウントを得たいと思ったり、業務上の支払いの受取を業者からあなたへ変えてしまうようなマルウェアを買いたいと思ったりするかもしれない。Zeusと呼ばれるマルウェアの販売者はそれを売ることができるだけではなく、顧客支援もする。ハッキングはサービス、娯楽業になっており、その質と量はかつてないほどだ。

ハクティヴィストやプランクティヴィスト空想家、そしてマルウェアの開発者は簡単に会社や政府のおよそ2,000のネットワークセキュリティゲートをだんだんすり抜けている。その中で最も大きなハックは、ソニーのプレイステーションのネットワークを撃ち落としたものだ。アノニマスという政治的動機を持った集団を特定したものがおり、スペインの当局は何人かのメンバーと思われるものを逮捕した。しかしアノニマスは、我々ではない、と語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ロッキード・マーチン を購読