FIFA

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロスタイムへ - ブラジルのサッカー

8月
11

来年のワールドカップへのための舞台稽古への悲惨な準備期間

ブラジルは、来年のサッカーワールドカップのための世界で「最高で最も現代的な競技場」のいくつかを建設している、とブラジルの大統領ジルマ・ルセフは5月27日の彼女の週1回のラジオ放送で自慢した。それは本当だ。しかし、ほとんど同じ瞬間に、北東部のサルヴァドールにあるそのうちの一つで屋根の一部が豪雨のために崩壊した。その災難は、建設作業の規模に比べれば小さかった。7つの競技場が一から作られており、さらに5つが改装されている。しかし、それは、いかに遅い始まりと遅れる締切が、その国のその大会への準備を時計に対して悲惨で高価なレースに変えているかを例証した。

ブラジルは2007年に開催国に選ばれた。しかし、それは、会場を選び、財源を準備し、建設を始めるのにとても長くかかったので、準備大会である今月のコンフェデレーションズ・カップのための6つの競技場のうちたった2つしか、予定されていた去年の12月に完成していなかった。開幕戦の会場であるブラジリアの新競技場は、5月18日に開いたばかりで、一方リオ・デ・ジャネイロの再建されたマラカナは、その大会が始まる前にたった1試合しかできなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーナスマネー - カリブ海のサッカー

4月
16

別のFIFAスキャンダル

人口たった1.5万人のカリブ海の非常に小さい英国領アンギラは、サッカー統治団体FIFAの209の加盟者のうち、もっとも小さなものの一つだ。その代表チームは世界で206位で、下にはブータン、サン・マリノ、そしてタークス・カイコス諸島しかいない。1997年のその最初の試合以来の成績は、28戦2勝だ。しかし、それはFIFAの会長ゼップ・ブラッターがその不評な組織を呼ぶ「FIFAファミリー」による養育の欠乏のためではない。

FIFAがほかのすべての加盟者に与えた年に25万ドルのサッカーへの投資に加えて、2003年に地域連盟はその島の首都のヴァレーにトレーニングセンターを建設するための65万ドルを受け取った。2010年にブラッター氏はこれを始めるためにアンギラに行った。FIFAによれば、そのセンターは安全フェンス、人工照明、そして事務所と更衣室付の観覧席を持ったピッチからなる予定だった。現在、訪問者は、さびて壊れたフェンス、雑草の生えたでこぼこのピッチをつつく鶏、そしてコンピューター端末が依然としてプラスティックに包まれたままの空っぽで明らかに使われていない事務所を持った小さな観覧席を見つける。2011年2月に贈られた追加の50万ドルで作られるはずだった宿舎、体育館、カフェ、教室は、何の兆候もない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

南アフリカはワールドカップの記憶がかすむにつれ、輝きが陰るのを見る - ワールドカップ後の南アフリカ

11月
04

そのイヴェントを開催することは、その国のイメージをほんのわずか押し上げたにすぎないかもしれない

幾つかの尺度では、南アフリカが2010年の6月と7月の間に開催したFIFAワールドカップは、その国のイメージのためにより多くをしなかったかもしれない。

そのイヴェントは30万人程度の訪問者を惹きつけた。彼らが去った時、95%以上が南アフリカを「良い」(29%)か「とても良い」(68%)開催国だと評価した。98%もの人々が、その旅行に「満足」か「かなり満足」したと語った。96%がその国を友人に勧めるだろうと語ったのだ。90%程度の人々が、南アフリカが彼らの期待を超えていたと答えた。

加えて、カギとなる観光市場でのイヴェント後の調査では、決勝トーナメントに進んだ驚くべき数の小国(パラグアイ、ウルグアイ、ガーナ、チリなど)にもかかわらず、莫大なテレビ視聴者の結果として、「ブランド認知」と「ブランド陽性」が非常に増加したことを示した。

しかしながら、これらの成功にもかかわらず、ワールドカップの開催がどれほど実際に南アフリカのブランドを強化し、そしてどれだけの期間にわたってそうしたかははっきりしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

FIFAのサーカスが町にやってくるとき、評判が問題となる - ワールドカップ

11月
03

サッカーのお祭りを迎えることはどの国にとっても大きな仕事だが、少なくとも入札の勝者はそれを正しくやる多くの時間がある

計画をひどく真剣に受け取る人々にとって、FIFAのワールドカップよりも遠くを見ることはできない。世界は次の3つの大会がどこで行われるか知っている。それは2年間にわたってすでに知られているのだ。

2年後に行われるブラジル大会の後で、そのFIFAのサーカスは2018年にロシアで、そして2022年にカタールにテントを張る。カタールにとって、それはその地球規模のイヴェントのために必要とされる設備を作るだけではなく、それ自身を宣伝するための12年を持つことになる。

カタールの考え方の中で、長期的計画はとても大きい、と2022年のワールドカップの入札でカタールに助言したコンサルタントのマイク・リーは語る。その国は、多様化した経済を狙い、特に公共交通といった社会資本に大きな投資を心に描いている2030年までの国家ヴィジョンを設定している。

「ワールドカップの入札に勝つことは、その国家計画と、国際的舞台への到達の両方にとてもよく調和している。」リー氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
FIFA を購読