モーリシャス

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

11月
12

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの入り口? - 南アフリカ

6月
17

南アフリカの事業の卓越は変わっている

南アフリカは去年、ブラジル、ロシア、インド、中国からなる堂々たるBRICSクラブにSの字を足すことになる誘導を行った。しかし、それはその国を含むことを正当化するのに苦労している。加盟国中最小の経済(インド)の1/4と最小の人口(ロシア)の1/3以下しか持たないその国がそれを主張する主要な資格は「アフリカへの入り口」だ。その大陸の経済は世界で2番目に早く成長しており、人口は10億人強(中国やインドからそれほど離れていない)で、その全体としてのGDPはほぼ2兆ドルでロシアやインドのものよりも大きい。それでも、南アフリカはまさにそれが主張するような疑いなくアフリカで最も強力で洗練された経済なのだろうか?

それは、本当にかつてはより不安定なアフリカ諸国を北に切り開くのに慎重な投資家にとって、出発地としての役割を果たした。しかし、過去数十年の間に、その大陸は全体としてより平和的に、民主的に、そして安定的になっている。結果として投資は流れ込み、そしてしばしば南アフリカを迂回している。2倍の速さで経済成長しているアフリカ諸国の中には、投資家にとってのその大陸の明らかな第一歩というその主張に挑戦しているものもある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貝殻と棚 ― 会社設立

4月
19

会社を作ることによって金を作る:世界化し、統合し、東に移っている別の産業

「会社設立」をオンラインで検索すれば、多くの選択肢が見つかるだろう。多くの設立代理人と呼ばれる人々が、オンライン取引に精を出し、会社、信託、そして基金を、安くそして慎重に、最小限の不満(と時には最小限の書類)で、世界のほぼどこでも、設立することを提案する。顧客は、ただ望む会社をクリックし、おそらく銀行口座、オフショアクレジットカード、メール転送やレターヘッドといったいくつかのオプションを加え、それからチェックアウトに進むだけだ。たった349ポンド(560ドル)で、何の現地税もかからず、経営者や株主の情報公開の必要がなく、口座をファイルする必要もないセイシェルの会社を買うことができるのだ。スイスやルクセンブルグといったところでのより洗練された法人組織のためには価格は5,000ポンドに上がる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

種族の力

2月
06

事業家たちはアングロ圏、中華圏、そしてインド圏を考える必要がある

ソ連が崩壊し、東西の古いかっちりとした分割が終わって以来、人々は世界を分割する新しい方法を発明している。1990年代には、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本について語ることが流行だった。現在では、専門家は成熟市場と新興市場の間に線を引く。

地理学者のジョエル・コトキンは、別の枠組みを提案する。ロンドンにあるシンクタンクのレガタム研究所で発表された論文「新世界秩序」の中で、彼は 文化のプリズムを通して世界を見る。歴史と、共有体験と共通慣習の習慣とのつながりは、誰が誰とビジネスとするかについてたくさんのことを教えてくれる。 コトキン氏は、14世紀のアラブの歴史家、イブン・ハルドゥーンを引用し、「集団感覚によって結びついた種族だけが砂漠の中で生き残ることができる」。 「砂漠」を「世界化した経済」に置き換えれば、これは現代の世界をとてもよく表す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの興隆

12月
05

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Moマネー - 良い統治に報いる

10月
19

アフリカでもっとも人気があり、そして悪名高い賞が受賞者を見つける

5年前にモ・イブラヒムによって作られた「アフリカの指導力の達成」への500万ドルの賞は、ついに新しい受賞者を見つけた。2年間適切な人を見つけられなかった後で、英系スーダン人の通信億万長者の代わりに受賞者を選ぶ委員会はペドロ・ヴェロナ・ピレスを選んだ。彼のことを聞いたことがないって?かれは、大西洋に浮かぶカーボ・ヴェルデの大統領だった人物だ。50万の人口の平均寿命は71歳だ。二期十年の在職のあとで、ピレス氏は先月選挙によって下野した。賞の委員会は、彼がその国を「国連の後発発展途上国から卒業した2番目のアフリカの国」にするのに役立ち、「その人権と良い統治の記録で国際的認知を」勝ち得たとして賞賛した。

イブラヒム氏自身も「ピレス大統領はその賞が認めようとした形の指導力を具体化した」と語って同意した。(ボツワナのフェスタス・モハエが受賞した)2008年以来、その賞はおそらくそれが主に認めようとした大陸アフリカ人のもとに入っていない。だが、ピレス氏は価値のある受賞者だ。カーボ・ヴェルデは、賞と共に公開され、統治の優秀さ、経済発展、そしてたくさんの他の社会的政治的指標によって測られる年次モ・イブラヒム指数で再び2位にランクされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

モーリシャス を購読