モーリタニア

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神聖ではない同盟 - マリの分離

6月
04

トゥアレグの反乱軍とアル=カーイダは北に獰猛な新しい国を作るために合同する

銃声が夜の静寂を切り裂いた。何週間にもわたって、ガオとトンブクトゥという古い砂漠の町の住民は、ライヴァルのトゥアレグの反乱軍が衝突するのを恐れてきた。1月から3月の間に、彼らは一緒になってマリ軍に対する破壊的に有効な作戦を行い、その最後の軍隊が4月の初めに立ち止り、アザワドと呼ばれる独立国家を宣言した。しかし、対抗意識がそれから燃え上り、無法と党派心がそれ以来広まっている。

5月26日に破裂した機関銃が、住民をあわてて避難場所に送った。しかし、その射撃は祝福のためだと判明した。そのフランス語のイニシャルMNLAで知られる世俗集団アザワド解放民族運動は、地元で支配的なAnsar Eddine(信念の守護者)と呼ばれる集団からのイスラム原理主義者と取引を成立させた。その二組は軍隊を合同し、暫定政府を立ち上げることに合意した。平和がやってくるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダは下り坂だが、なくなったとはとても言えない - ジハーディスト・テロリズム

5月
02

中核部分は打ち負かされているが、提携者は戦いを継続している

数字が物語を教えてくれる。アメリカの反テロリズム作戦は、徐々に、アフガニスタンやパキスタンの部族地帯から、イエメン、ソマリア、そしてアフリカのほかの部分に移っている。たった6週間で、イエメンでのアラビア半島のアル=カーイダ(AQAP)に対する無人機攻撃は、約90人の戦士たちを殺している。ウェブサイトのロング・ウォー・ジャーナルによると、シャブワ県アザン地区で5人の戦士を殺したと考えられている今週のものを含んで、アメリカは4月に4つの攻撃を始めたという。3月に、アメリカは、おそらくその地域の依然として秘密の新しいCIA飛行機基地から飛び立ったプレデターかリーパーの無人機で、4つの攻撃を行った。

それは、南北ワジリスタンの聖域にある、「中核的」アル=カーイダに対する無人機攻撃の速度が落ちていることと対照的だ。今の傾向では、2010年のピーク時の117回の攻撃に比べると半分になる、前年比1/3減になるだろう。その年に、彼らは800人以上の反乱者とテロリスト(そして14人の市民も)を殺した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アザワド解放民族運動

3月
20

アザワド解放民族運動(Mouvement National pour la liberation de l'Azawad) かつてアザワド民族運動(MNA:フランス語イニシャル)だったアザワド解放民族運動(MNLA:フランス語イニシャル)は、マリのアザワド地方に拠点を置く政治的軍事的組織だ。その運動は、かつてリビア軍で戦っていたり、リビア国民評議会の側で戦っていたりし、2011年のリビア内戦後に戻ってきたトゥアレグによって構成されていると言われる。その運動は、2011年の10月に設立された。その運動はまた、他のサハラの部族の人々も含んでいる。マリ政府は、アラブの春の間の他の国の反応と同様に、イスラム・マグリブのアル=カーイダとのつながりを持っているとしてその運動を非難している。しかし、MNLAはその主張を否定している。

歴史

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西アフリカ統一聖戦運動

3月
20

西アフリカ統一聖戦運動(Movement for Oneness and Jihad in West Africa)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ機構から分かれた活動中の組織だ。それはその最初の武装行動を2011年の10月に発表した。それは、今のところアルジェリアだけに限られているが、西アフリカのより広い部分に渡って聖戦を広げるという目標を意図したものだ。

歴史
西アフリカ統一聖戦運動(MOJWA)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ(AQIM)の活動範囲外である西アフリカに聖戦を広げると主張された目標を持ってAQIMから別れたものだ。それはまた、アル=カーイダの創設者、オサマ・ビン・ラディンやタリバンのリーダー、ムハンマド・オマルといった人物とのイデオロギー的な親近性を話す映像を発表した。アルジェリア、マリ、ニジェール、そしてモーリタニアでのアル=カーイダの分派集団の流行は、それらが設立される少なくとも10年前から存在し、2011年のリビアの内戦と砂漠地帯への武器の流入以来はるかに激化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

脅迫のレヴェルが上がっている - ボコ・ハラム

12月
20

ボコ・ハラムやアル=カーイダに影響されたほかのアフリカのテロリスト集団は強さ、洗練さ、そして世界的な野望の度合いを上げている

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

モーリタニア を購読