オーストラリア

プラスティックのポンド - 新しい貨幣

3月
09

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

境界の問題 - GDP計測

10月
09

アメリカはそのGDPの測り方を変えている

経済学は乱雑な学問分野だ。科学にしてはあまりに流動的だし、アートにしてはあまりにがっしりしている。たぶん、それは、経済学者のもっともよく使う計量である国内総生産(GNP)ももつれていることにも当てはまる。GDPは経済の領域での産出の総価値を測る。その明らかな単純さは、なぜそれが毎月0.1ポイント単位でじろじろ見られるかを説明する。しかし、分析の基礎として、それはかなり主観的だ。それは、何が領域に数えられるか、何が算出に数えられるか、そしていかにそれを評価するかについての難しい決定に基づいている。実に、経済学者は依然としてそれを微調整しているのだ。今週、主に経済的資産に数えられるものの定義が動いた「境界」のために、アメリカのGDPは5,600億ポンド、または3.6%上がった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

古い兵士たち? - 戦争の起源

9月
28

最新の研究は、人間は、結局遺伝子では戦士ではないことを示唆する

社会生物学の分野の発明家であるエドワード・ウィルソンは、「戦争は我々のまさに性質に埋め込まれている」とかつて書いた。これは、社会生物学者だけではなく、人類学者や人間行動についての他の学生にも、一般的にもたれている信念だ。彼らはそれを、その隣人(そして実に可能性を考えると地球を半分行ったところの人々)とともに戦争に行く現代の男たちの性質の基本にするだけでなく、依然として農業以前の「狩猟採集」生活をして生きている人々のあり方の観察の基本にもしている。

これを、人間に最も近い親類のチンパンジーのときどき暴力的な行動のフィールド研究に付け加えると、戦争をすることがともかくも人間の遺伝子の中にあるという考えは、かなり妥当なように見える。それは、人々が時に示す自己犠牲的な利他主義の極端な水準の説明として進歩すらしている(もし隣の部族があなたの部族を完全に消し去るために来たら、仲間を救うために自分の命を諦めることは、実際には進化論的な意味があるかもしれない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

オーストラリアの支配 - ソロモン諸島

9月
21

穏やかに成功した介入の10年

全ての外国の冒険が失敗する運命にあるわけではない。7月24日は、1,000近くの島がある離れた太平洋の群島への、オーストラリアが率いた介入であるソロモン諸島地域支援ミッション(RAMSI)の10回目の記念日だ。兵士たちは、素早く敵対する民兵集団を武装解除しその銃のほとんどを破壊した太平洋諸島フォーラムによる努力の一部として、展開された。

それ以来ほとんどの間、2006年4月の暴動を鎮めるために少し展開されたこと以外には、その平和維持部隊は注目を浴びていない。RAMSIは、公的金融を回復し、闘士を起訴し、警察を再構築することを狙った、主として文民の組織になっている。いま、その使命は徐々に終わっている。軍事部門は7月1日に終わり、ほとんどの他の助けは、オーストラリアとニュージーランドからの援助機関に率いられた2国間の枠組みに変わるだろう。

RAMSIは残り、主としてより良い警察を作り出すことに働く。王立ソロモン諸島警察は、内戦中に深く評判が傷つけられ、2000年6月のクーデターに関わった。多くの高官は、それ以来退職したか首を切られたが、その評判はひどいままだ。対照的に、主にオーストラリアの警察官で構成されたRAMSIの警察力は、良い評判を受けている。もし彼らが外れれば、問題は戻ってくるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

深く掘る時だ - ブラジルの鉱業

9月
03

長く待たれていた法案が不確実性を終えたが、それは鉱山会社の利益を直撃するだろう

ブラジル政府が鉱業法の抜本的書き直しを計画していると言ってから4年後、6月18日に、GDPの4%と輸出のほぼ1/4を占めているその産業は、ついにその運命を学んだ。鉱物の富への最大のロイヤリティは2%から4%に上がり、鉄鉱石と金が多分最高率となり、それは利益ではなく売上に課されるだろう。将来の免許は、最低投資条件とともにやって来て、免許は簡略化されるだろう。

その発表は、さらに悪いとあきらめていた鉱業会社の服従を受けた。その政府はその部門が悲鳴を上げるまで絞ることに熱心だったが、下落する商品価格と悪化する貿易収支が、その計画を穏やかにしているようだ。恐れられた新たな連邦賦課は実現しなかった。たった一つの驚きは、その提案が大統領令ではなく議会によって承認されるべき法案の形で来たことだ。承認には、たぶん今年いっぱいかかるだろう。しかし、事業計画に大荒れの役割を果たしている、待ち時間の終わりが視界に入るという救いがあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球規模の野望vs環境の懸念 - フランスの都市計画

8月
18

計画されたローランギャロスの拡大についてのけんか

全仏オープンの決勝進出者が6月8日と9日にそのクレーコートで対戦するとき、彼らはローランギャロス競技場の時代の終わりを目撃するかもしれない。そのグランドスラム大会を組織するフランステニス連盟(FFT)は、その場所を拡大することができるかどうかの裁判所裁定を待っている。しかし、その計画は大きな現地のけんかを巻き起こし、金持ちの現地の人々、環境活動家、職業スポーツ家、そしてパリを世界的な町にしたいと思っている人々の敵対する念願を露出している。

他のグランドスラムの会場は、すでに更新している。メルボルンとウィンブルドンは、それぞれセンターコートに開閉可能の屋根を持っている。全米オープンは、フラッシング・メドウズに巨大なアーサー・アッシュ競技場を持っている。その首都の地味な16区の縁にあるローランギャロスは、パリの入り口で魅力を放っているが、狭苦しい場所にある。1928年に建てられたそのセンターコートは、屋根がない。ラファエル・ナダルが勝った去年の決勝は、雨のために2日にわたって行われた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パイプラインの中の虫 - 東ティモールとオーストラリア

8月
13

ティモールの指導者たちは、その海底油田からのより良い取引を要求する

若く貧しい国である東ティモールの未来の財政は、10年近く前にオーストラリアによる卑劣な申し立てに巻き込まれている。東ティモールは、彼らの間に横たわる海での石油とガスの探査についての2006年の合意について、その大きく豊かな隣国を裁定に持ち込んでいる。今週シンガポール訪問中に話した東ティモールの石油大臣アルフレッド・ピレスは、2004年の交渉中にオーストラリアの諜報機関が違法に情報を入手したという「反駁できない証拠」を持っていると主張した。彼の弁護士は、ティモールの首相官邸が盗聴されたと主張する。

真実が何であれ、東ティモールの指導者たちはオーストラリアがだましたと感じている。2004年にその小さな国は、1999年の国連に組織された国民投票でインドネシアからの独立を問うた後の破壊から回復中だった。インドネシア軍とそれを支持する民兵たちは、怒り狂った殺人と破壊で復讐しようとしていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

量子の慰め - 暗号法

7月
31

秘密通信の盗聴は、まさに難しくなろうとしている。

暗号法はアリスとボブそしてイヴの間の軍拡競争だ。これらは暗号作成者が、内密に通信しようとする二人の人々と、三つ目は彼らの会話を傍受し解読しようとする人に与える名前だ。現在、アリスとボブが少しだけ前を行っている。しかし、イヴも追いついている。アリスとボブは、それ故に、秘密を守るためのまったく新しい方法を探している。そして彼らは間もなく、量子機構のおかげで、それを手に入れるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

オーストラリア を購読