フリーダム・ハウス

選択の自由 - インターネットの自由

11月
05

政府とインターネット会社はオンラインの言論の自由のルールと格闘している

ある上級役員の逮捕は、めったに役立つ見出しをもたらさない。しかし、ブラジル当局が、選挙法を破ったように見えるその子会社のユーチューブがヴィデオを取り除くことを拒絶したとして、9月26日にグーグルのその国の代表を短期間拘束した時、それらの見出しはグーグルが表現の自由の守護者としてそのイメージを修復するのに役立った。

二週間前、これらの信任状は錆びついたように見えた。グーグルは8か国のネット利用者に、ムスリムを立腹させた映画の予告編を見ることをできないようにした。インドやサウジアラビアを含んだ6か国では、地元の裁判所がそのフィルムを禁止した。反対者がアメリカ大使館を攻撃し、数人を殺したエジプトやリビアでは、グーグルは自らの合意からそのヴィデオをおろした。

そのけんかは、いかにインターネット会社が公的な議論を管理し、いかに言論の自由を歓迎する国を拠点にする会社がそれを制限したいと思う国に反応すべきかについての懸念を惹き起こした。(活動的なシンクタンクのフリーダム・ハウスは、それが調査した47か国中20か国でインターネットの制限が増加していると計算する。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
フリーダム・ハウス を購読