アウンサンスーチー

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソフトパワーはカネでは買えない - 中国外交

6月
10

中国の経済的強さは、アジアの他の所でのその人気に大きな貢献をしていない

中国の需要の触手は、今ではアジアの隅々にまで到達している。中国のスープに鳥の巣を供給する遠く離れたインドネシアの村の不似合いなほど豊富なツバメの巣、シンガポールのカジノ、かつては捨てられた鶏の足の市場を今見つけているインドの養鶏場、オーストラリアのピルバラとモンゴルのゴビに広がる広大な鉱山。中国はその地域にとって、市場としてだけではなく、輸出業者、投資家、建設業者、そして政府援助の素としても重要なのだ。

しかし、中国の経済力と、その経済がその地域に影響する多くの積極的な方法は、外交的な利点をもたらしていはいない。実に、その地域的な関係は過去20年間よりも悪い状態にあるのだ。日本との間では、彼らは争っている尖閣諸島についてとても悩んだままなので、武力紛争が深刻な可能性を持っている。東南アジアでは、南シナ海を巡る紛争でつながりは劣化している。ミャンマーは20年にわたって中国との友好関係を強化した後で、今ではその依存を減らすために西に向かって傾いている。インドとの関係は、商業関係の急速な増加にもかかわらず、相互不信に特色づけられたままだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

所有と淑女

4月
21

所有権と経済成長はいつも一緒に進むわけではないかもしれない

少なくともア・レイ・ダウの僧侶や村人の目には、アウンサンスーチーの頭から後光は滑り落ちている。その経歴をミャンマーでの働く政治家として再開したそのノーベル平和賞受賞者は、政府によって差し押さえられた土地の上にあるレパダウン山のそばの銅山開発に彼女が支持を与えることによって、今月初めに村人たちをうろたえさせた。村人たちは、政府が力によってその抵抗を壊した後で、12月にスーチー女史がその計画への調査を主催することに同意した時、もっと期待した。彼女は彼らの土地への市場価格での補償を勝ち取ったが、それを耕地利用に戻すこと、そしていくつかの場合には先祖伝来の家に戻ることという村人の望みを打ち砕いた。

スーチー女史の決定は、中国の複合企業体ノリンコの子会社が(ミャンマーの軍にくっついた持ち株会社とともに)その鉱山の合弁事業相手だという事実によって大きく影響を受けているようだ。鉱山を止めることは、中国のような外国投資家が「我々の国がその経済で信頼され得ないと考える」ことにつながる、と、彼女は3月13日にその村を訪れた際に村人たちに語ったと伝えられる。それは、ミャンマーがひどく必要としている成長が少なくなることを意味するだろう、と彼女は続けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
アウンサンスーチー を購読