ピックンペイ

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

サタ・パック - ザンビア

アフリカで最も活発な経済の一つで、政治についての心配が増している

ザンビアの首都ルサカのレヴィ・ジャンクション・モールに目隠しをして連れてこられた訪問者は、彼がヨハネスブルグの中産階級の郊外にほうり上げられたと考えるかもしれない。そのきれいなショッピングセンターは、雑貨チェーンのピックンペイからコーヒーショップのマグ&ビーンまで、南アフリカの小売業者でいっぱいだ。少し離れたムウンバロードの商人は、より幅広い階級の買い物客のためのものだが、劣らずにぎやかだ。もしウラン濃縮工場の部品が必要ならば、ここで見つけられるかもしれない、とある地元の事業家は冗談を言う。

ルサカの賑わいは、ザンビアの栄える経済を反映している。GDPが過去10年で平均ほぼ年に6%上がっており、一方インフレは20%以上から7%以下に下がっている。つい最近まで、ルサカにはショッピングモールはなかった。そこにはいま10があり、更に計画されている。その潜在力は巨大だ。ザンビアには、中国がたっぷりほしがっているその主要輸出品の銅と同様に、可耕地、水、宝石が豊富にある。

未開の土地での利益と損失 - 南アフリカの小売業投資

社会資本が限られているとき、そこには機会がある

合衆国の小売ウォルマートが南アフリカのグループマスマートを買収する入札を申請した時、それは2つの傾向を反映した。それは、アフリカの強い成長への多国籍企業の増加する興味と急速に増加する中産階級に食い込みたいという欲求を例証する。

それは、その大陸ではるかに最も大きい南アフリカの小売りがその拡大計画を強化しており、マスマートをアフリカに入る最初の巨大小売になる論理的なプラットフォームにしている、という事実を強調する。

マスマートは、北、東、西に動く前に隣国から始め、1990年代の半ば以来母国市場外での存在感を増している。

去年ウォルマートがそのグループの株式の51%を24億ドルで取得するときまで、それはその地域の14か国で営業する南アフリカで3番目に大きな小売だった。

しかし、マスマートだけがより広いアフリカ戦略を追い求めるものではなかった。南アフリカの小売りは、その大陸中に拡大するための突撃を主導している。

その大陸最大の小売りショップライトは、その不安定さで悪影響を受けているコンゴ民主共和国の首都キンシャサに勇敢にも最初の支店を開いて、今年17か国で営業している。

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。