アンゲラ・メルケル

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平らな電池 - 低排出車

8月
09

電気自動車は未来の環境車両になるレースで失速している。それは悲劇ではない

5月は電気自動車にとって最も陽気な月ではない。5月1日に、アメリカの電池駆動自動車メーカーコーダは破産を宣言した。26日には、交換可能電池を積んだ車のより派手な促進者のベター・プレースがイスラエルで清算を申請した。一部に税金が使われているアメリカの電気自動車メーカーのフィスカーは、崩壊の危機に瀕し、その(同じく国の資金を得た)電池メーカーのA123が去年つぶれて以来まったく車を作っていない。フィアット=クライスラーの社長は、その月の間に、それが500eの電気自動車を1台売るたびに1万ドルの損失を出すという。その車はガソリン車の倍の価格の3.2万ドルするが、カリフォルニアが車メーカーに「ゼロ排出車」の売上に割り当てを課しているので、フィアットはそれらを売ろうとしなければならない。

そのニュースはすべて悪いものではない。カリフォルニアの電池駆動スポーツカーメーカーのテスラは最近その最初の四半期利益を宣言し、4.52億ドルの政府融資を早期返済した。しかし、全体として、電池だけで駆動するものにしろガソリンエンジンをバックアップとして使うハイブリッドにしろ、電気自動車は失敗作だ。それらは、国家補助金があっても高価で、電池だけで駆動するものは移動範囲が限られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

過去と未来 - ラテンアメリカの統合

2月
24

その地域の時代錯誤の新しい顔

ヨーロッパがひれふし、ラテンアメリカの多くが急成長する中で、かつて大西洋をまたいだ「戦略的連合」のジュニアパートナーだったものが命令をしていると期待するかもしれない。しかし、そうではない。1月26,27日のチリの首都サンティアゴでのEUとの2年に一度の首脳会談と、その次の日のラテンアメリカとカリブ海諸国の共同体であるCELACの懇親会で、ラテン諸国は内部分裂と過去の目立ちたがり屋政治へののめりこみの両方を示すと決めたようだ。

たぶんそれが、ドイツのアンゲラ・メルケルとスペインのマリアーノ・ラホイ以外のヨーロッパのより重要な指導者たちがわざわざ長旅をしようとしなかった理由だろう。仕事の主要な潜在的な点は、EUと、ブラジルとアルゼンチンに率いられた貿易ブロックのメルコスールとの間の、長く停滞した貿易交渉だった。これらは1990年代に始まった。「しかし、お互いの市場へのアクセスという中心問題において、我々は依然として仕事に取り掛かっていない。EUの貿易担当委員のカレル・ドゥ・グヒュトは嘆く。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西の夜明け - アイルランドとユーロ危機

1月
07

なぜアイルランド人は、彼らの救済計画を後にするために手助けするのに値するのか

ほとんどのユーロ圏の周辺のほとんどの見通しは暗いままだが、西にかすかに表れる望みがある。2013年の終わりまでに、アイルランドはその救済計画を後にし、再び自分の足で立つことができるかもしれない。

アイルランドの回復は、アイルランドとその首相エンダ・ケニーと同様に、ヨーロッパとその事実上の指導者アンゲラ・メルケルドイツ首相への一押しを提供するだろう。救済の対価として課された緊縮と構造改革の議論を呼んだ治療がうまくいくということを示すだろう。それは、特に秋に投票に行くドイツの有権者といったヨーロッパの中核の選挙民に、ギリシャの場合とは違って救済が彼らに終わりなき税金の要求を宣告することではないと安心させるだろう。そして、アイルランドによる債券市場への維持された収益は信頼をより一般的に押し上げ、ポルトガルやスペインのようなほかの救済された経済を助ける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社は新しい国だ

2月
13
合衆国の会社は国益を越えて動いている。そして仕事もそうだ
 
1月の終わりにダヴォスの郊外で開催された世界経済フォーラム占拠運動は小さかったが注目された。一人の運動参加者は「もし投票が何かを変えられたならば、それは違法だろう。」と読める看板を掲げていた。彼らは彼らは確かに資本主義への不満の感覚を捕らえたが、より重要なのは政府への不満だ。2008年、リーマン・ブラザーズが破たんし世界的景気後退が始まった後、伝統的な知恵は政府が事業から権力を取り戻す新しい時代に入ったというものだった。実際には、正反対のことが起こった。
 
高姿勢な政治家たちはダヴォスで失望した。アンゲラ・メルケルドイツ首相は怒りと意気消沈をかわるがわる示した。そしてティム・ガイトナー合衆国財務長官は、普通よりもさらに防衛的で好戦的だった。ヨーロッパは混乱したままで、合衆国の回復はぜい弱だ。そして近年のたった一つの明るい点だった新興市場は減速している。政治家は労働の分岐、債務、そして不平等といった現在の巨大な問題にほとんど解決案を持っていない。市場は答えをほしがっているが、指導者は、部分的には勇敢な行動が彼らにとって大きすぎる政治的リスクをもたらすので、それを提供できない。
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
アンゲラ・メルケル を購読