世界貿易機関

地味な英雄 - コンテナ

7月
14

コンテナは、グローバリゼーションにとって、自由な貿易よりも、ずっと重要だった

地味な海運コンテナは、経済的悲観主義と革新の減速の恐れに対する強力な対策だ。ただの単純な金属の箱だけれども、それは世界の貿易を変えている。実際に、新たな調査は、過去50年間を通して、コンテナはすべての貿易協定よりもグローバリゼーションの駆動者だったと示唆する。

コンテナ化は、プロセスイノヴェーションの力のあかしだ。1950年代には、世界の港は依然として過去何百年間もやってきたように仕事をしていた。船が停泊すると、港湾労働者の群が、船倉に詰め込まれた「雑多な」荷物を陸揚げした。彼らはそれから、海のテトリスゲームでできるだけ効率的に仕向け荷物を詰め込んだ。その過程は高価でゆっくりだった。ほとんどの船は、海の往復よりも多くの時間を停泊に費やした。そして、泥棒がはびこっていた。港湾労働者は「1日に20ドルと持ち帰られるだけのスコッチウイスキー」を手に入れたと言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸分割 - ラテンアメリカの地経学

7月
08

その地域は二つの二者択一のブロックの後ろに落ち込んでいる。市場主導型の太平洋同盟と、より静態的なメルコスールだ

5月23日に、コロンビアの町カリで、4つのラテンアメリカ諸国、チリ、コロンビア、メキシコ、そしてペルーの大統領が、その商品貿易の90%にかかる関税を取り除く協定に調印する。彼らはまた、残りの10%への関税も、7年以内に撤廃するというタイムテーブルにも合意する。彼らはすでに、お互いの国民へのヴィザ要件を取り除いており、共通市場を立ち上げることに向けて迅速に動く熱意を宣言している。太平洋同盟と自分たち自身で呼んでいるそのグループは、チリの財務大臣フェリペ・ララインによると、「現在ラテンアメリカで進んでいるもっとも興奮することだ。」部外者の中にもそう考えるものもいる。コスタリカとパナマも参加したいと思っている。カナダの首相スティーヴン・ハーパーとスペイン首相マリアーノ・ラホイは、カリの会議に立会人として出席すると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

明るい新顔 - ケニアの新政府

6月
24

その国は見通しのある新しい政府を持つ、少しの例外とともに

ケニアの新政府が、その国の総選挙と大統領選挙のほとんど2か月後に、ついに発表された時、それはすがしがしく見慣れない見た目だった。はじめに、それは44の大臣から18に縮んだ。以前の権力を分け合った連立から古い退役兵の一団が去った。より明るい顔の一団がやって来て、その多くは事業界からだ。その中で、最も印象的なものは、世界貿易機関の将来の事務局長だと取りざたされていた元国連職員のアミナ・モハメドの外務大臣への任命だ。彼女は、その職に就いた最初の女性で、最初のソマリ族だ。さらに5人の女性が任命され、その中にはケニアの最初の女性国防大臣となるレイチェル・オマモが含まれる。

この、現地メディアのあだ名に従うと「専門家内閣」は、ケニアの新大統領ウフル・ケニヤッタが、ケニアが間もなく2ケタの経済成長を成し遂げるだろうと自慢するのを促した。その国が、その大陸の平均である5%から遅れているのを見ると、それは注目すべきだろう。ケニアシリングは選挙後の高値を維持しており、一方首都ナイロビの株式市場は上がっている。ある投資家の調査は、先月、ケニアをプライヴェートエクイティ取引でナイジェリアや南アフリカを越えて好まれたアフリカの国だとして強調した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小川を上げる - ヴェトナムの洪水管理

6月
24

低地にある町は洪水を防ぐために抜本的な行動をとらなければならない

ホーチミン市(地元ではHCMCと呼ばれる)の川と運河は、そのバイクが動けない地区を通る血管のように曲がりくねって流れる。その町の場所は、安く物を作り南シナ海に簡単に接続する近くの港にトラックを運ぶ製造業者にとって良いところにある。しかし、それは、洪水を防ぐためのその町の非現実的な運動に精通している都市計画者たちを心配している。

かつてサイゴンと呼ばれたHCMCは、今のところ破壊的な洪水から免れており、支援者たちは今のところ助けるのに熱心だ。例えば世界銀行は、数少ない中央の地区の雨水と運河の社会資本を更新しており、4月8日には、オランダの町ロッテルダムからの役人が、HCMCが気候変動に適応するのを助けるために設計されたオランダとヴェトナムの合同計画を促進するために町にいた。しかし、町の半分近くは海抜1メートル以下にあり、地盤沈下を引き起こす地下水くみ上げは巨大な見たこともない影響を持つかもしれない、と科学者たちは語る。アジア開発銀行によれば、その町の70%近くは、すでに極度の洪水に対して脆弱だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のコンクラーヴェ - 世界貿易

4月
15

WTOは無関係から抜け出すことができるか?

世界貿易機関の総会は、5月にその事務局長を選ぶとき、渦巻く煙を飛び越える。しかし、注意のほんの一部のためにそれが与えるだろう物は、新しい教皇を選ぶためにヴァチカンに集まった枢機卿たちに今週捧げられたものだ。2008年にドーハの多国間交渉が崩壊して以来、WTOは広い自由化の利益を再建するのに苦労している。パスカル・ラミーの後を継いでWTOの最高職に就く9人の候補者は、そのジュネーヴの本部と加盟諸国の支持のために忙しく運動している。より広い世界はそれほど関心を持っていない。

WTOにとって事態は悪いかもしれない。最近の逆風を考えると、貿易は著しく良好なように見える。保護主義は、経済危機を通してかなり寄せ付けられなかった。世界貿易は2010年以来、世界の産出よりも早く成長している。WTOは、協定を監視したり紛争を解決したりするとき、かつてないほど重要だ。しかし、世界貿易交渉のウルグアイラウンドの結論からほぼ20年がたつ。ドーハラウンドが始まったのは2001年にさかのぼるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

キャットウォーク上のケニア - ファッション

4月
11

アフリカは依然として大量生産よりも職人仕事に向いている

グレース・ンドゥタは、住んでいるナイロビのスラム、コロゴチョから遠く離れて冒険したことはない。しかし、彼女の手工芸はそうする。彼女が作るのを助けたバッグは、今月初めのパリ・ファッション・ウィークのキャットウォークをファッションモデルが気取って歩いた時、彼女たちのやせた肩にひっかけられた。

ンドゥタ女史は、英国人のヴィヴィアン・ウエストウッドといったデザイナーのためにハンドバッグなどのアクセサリーを作るケニアの職人共同体に属する。彼らの仕事は、今のところ多くが輸出のために製造していることのアフリカの失敗への一つの答えになりうる。消費財を早く大量に作ることは難しいとわかっている。しかし、オートクチュールは、スピードよりも熟練した腕を必要とし、そしてこれらは豊富だ。

大げさに倫理的ファッションアフリカと呼ばれるその計画は、ファッション生産のイタリアモデルがコロゴチョなどの場所で再現できない理由が見つけられなかったイタリアの靴メーカー、シモーネ・シプリアーニによって思いつかれた。ミランのファッションハウスは「ハブ」で、その周りの職人が「スポーク」のようにならんで仕える。倫理的ファッションの事例では、スポークがもっと長い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空気取引

3月
26

環境の立場から貿易制限は正当化できるのか?

炭素市場は青ざめているようだ。世界最大である、ヨーロッパの排出権取引制度での炭素価格は、暴落している。バラク・オバマのキャップアンドトレードを議会で通そうという望みはかつてないほどに遠のいているように見える。インドやブラジルのような場所での行動の兆しはない。しかし、炭素市場がどれほど遠くまで来ているかを忘れるのは簡単だ。それらはヨーロッパ、オーストラリア、カリフォルニア、中国、そして韓国で存在するか、その途中にある。いつの日か、炭素価格は国によって大きく違うようになるだろう。

彼らがそうする時、炭素排出費用がモノの価格全体に埋め込まれ、まったくないもしくはより低い炭素価格の国で生産されたモノに比べてそれが上がるので、より高い炭素価格を持つ国は競争的不利となるだろう。世界銀行のアーディトヤ・マトーとワシントンDCのシンクタンク世界開発センターのアーヴィンド・サブラマニアンによる新しい研究は、この不利益がどれほど大きくなるかを見ている。もし先進諸国が2020年に2005年にそうだったものより17%下に炭素排出を減らすという一方的な制限をかけるのならば、エネルギー集約的な製造財の輸出をアメリカで12%減らし、それらの財の合衆国の輸入を4%押し上げるだろうと彼らは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ドーハよさようなら、こんにちはバリ - 貿易

9月
26

ドーハでの貿易交渉は終わった。それらを「世界的回復ラウンド」と呼ばれる素早い新たな取引に置き換えろ

貿易と成長は手を取り合って進む。2008年に経済危機が最初に襲った時、世界の貿易と成長は一緒に崩壊した。2009年にどちらも回復し、再びどちらもが滑った今年までかなり良くやった。関税と官僚主義を削減することは、貿易を押し上げ、弱まる回復を支えただろう。これは、失敗したドーハ貿易交渉を、多国間交渉をする新たな努力に置き換えようとする努力に拍車をかけて当然だ。

2001年に世界貿易機関(WTO)によってはじめられたドーハ・ラウンドの狙いは、あっぱれだった。それは、貧しい国の農民たちの豊かな国の市場への接続を改善することに特別な優先順位を置くことによって、慎重に貧しい国々を最初に置いた。それは、製造物、農業、サーヴィスの貿易だけではなく、より貿易に間接的にかかわったもの(例えば、反トラスト、知的財産権、そして海外投資ルール)をも取り上げることによって、野心的だった。シンクタンクのピーターソン研究所によれば、潜在的な利益は、年に約2,800億ドルだったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

穴の中? - レアアースと気候変動

3月
26
幾つかのレアアースへの需要は急速に供給を追い越しうる
 
少なくとも厳格な洞窟に戻るべきだとの説得をすることのない環境主義者によってねりあげられた、世界の二酸化炭素を減らすための多くの計画は、風力発電の風景をちりばめ、ガソリンをがぶ飲みする自動車を再生可能な資源から集められたエネルギーを使って充電する電気自動車にとってかわることを伴う。大気中の二酸化炭素の水準が、100万分の450という地球温暖化に耐えられる水準である広く合意された上限以下に保つことができるというのが望みだ。
 
風力発電や電気自動車は、しかしながら、どちらもその発電機やモーターに必須の磁石を作るためにジスプロシウムとネオジムに依存している。これらの二つの要素は、レアアースと呼ばれるグループに属し、その原子核の周りを回る電子が普通ではない配列をしており、それ故に異常に強力な磁性を持つ。代替物を見つけるのは困難だろう。ほかの素材で作られた磁石を使うモーターや発電機は、より重いか、効率的ではないか、もしくはその両方だろう。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

世界貿易機関 を購読