ルーマニア

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

入ってくる - クロアチアの経済

7月
30

古い経済的心配を持った新しいEU加盟国

クロアチア中で多くの政党が計画されている。12年の退屈な仕事の後で、その国は7月1日にEUに参加する。外国の高官は、そのEUの28番目の加盟国のために祝杯を挙げ、花火を見るためにやってくる。1日後、大統領のイヴォ・ヨシポヴィッチは、その熱意を励ますために5つの非EU西バルカン諸国の大統領を迎える。問題は、ほとんどのクロアチア人がパーティーの雰囲気ではないということだ。

それはほとんど驚くべきことではない。2009年以来、その経済は引き締められるか停滞するかのどちらかだ。今年、GDPは0.3%縮小することが予想されている。2008年に、失業率は13.4%だった。今年、それは20%を越えそうだ。他の所と同じように、若年失業率が特に高い。不正は大問題のままだ。2008年に42億ユーロ(54億ドル)で頂点となった外国直接投資は、去年たったの6.24億ドルだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新世界 - ラテンアメリカと移民

5月
03

長く才能の輸出国だったラテンアメリカは、今それを輸入している

ラテンアメリカの移民の歴史は昼食の話題にぴったりだ。1,200万人のメキシコ人がそこに住んでいるので、タコスとトルティージャの露店が合衆国中に広がっている。マドリーでは2000年代初めの経済危機から逃れたアルゼンチン人たちによって給仕されたパリージャの上でステーキがジュージューいう。そのような珍味を洗い流すために、どの大きな都市のバーも亡命キューバ人によって振られたモヒートを出す。

最近、料理の考えは両方向に流れる。メキシコ・シティは、スペインのタパスバーでいっぱいだ。新しいポルトガルのベーカリーがサンパウロで跳ね上がっている。アメリカの簡易食堂でさえも国境の南に浸透している。その理由は、ラテンアメリカが意欲的な移民の出発点であるのと同様に目的地になっているということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

天朝経済

9月
18

2030年までに、中国経済は英国の1870年代やアメリカの1970年代と同じくらいに大きく現れるだろう

それは恐らく、その終結がしばしば予言されてきたアメリカの経済大国としての弾力性を測るものとなる。1956年に、ロシア人たちは礼儀正しく西側に「歴史は我々の側にある。我々はあなた方を葬り去るだろう。」と通知した。1980年代には、かわりに歴史は日本と共にあるように見えた。今では、それは中国にあるようだ。

これらの予言は、バラク・オバマ大統領の元経済顧問のラリー・サマーズによれば、「自己否定」だ。幾らかはアメリカが彼らを受け入れたためにそれは実現せず、そして彼らに挑むよう駆り立てたためだ。「我々が未来について心配する限り、未来はより良くなる。」彼はホワイトハウスを去る直前に述べた。彼の演説はピーターソン国際経済研究所のアーヴィンド・サブラマニアンにより、新著「エクリプス」で引用された。サブラマニアン氏は、中国の経済的強さは、人々が考えるよりも早くアメリカのそれを陰らせると論ずる。彼は、彼の予言が自己否定的であることを否定する。アメリカがその警告に注意を払っても、それについてできることはほとんど全くない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

流出か獲得か? - 貧しい国々は有望な市民が国外移住するとき、最後には利益を得る

5月
31

豊かな国々歩人々が移民の流入の心配をしているとき、彼らは建設労働者や皿洗い、そして農業手伝いといった職業と競合する低賃金労働者を思い浮かべる。開発途上国の人々が移民について心配するとき、彼らは普通その最良有望な人々が先進国のシリコンヴァレーや病院、大学と言った所へ立ち去ってしまうという見通しに懸念を示す。それらは、英国やカナダ、オーストラリアといった国々が大学卒業者に特権を与える移民ルールを使って誘致しようとしている人々だ。

たくさんの研究により、途上国の高い教育を受けた人々は、特に外国移住しそうだということが明らかになっている。いくつかの推計によると、高い教育を受けたカーボヴェルデ人の2/3 は国外に住むという。2004年に行われたインドの家計の大きな調査では、海外移住した家族のことについて聞いた。それによると、ほぼ40%の海外移住者は高校卒業以上の学歴をもっており、それは25歳以上のインド人の平均の3.3%よりかなり高い。この「頭脳流出」は、長い間貧しい国の政策決定者を悩ませてきた。彼らは、大学で教えたり、病院で働いたり、自国工場で賢い新製品を作れるようにできたかもしれないより望まれる熟練労働者を奪うことによって、それが経済を痛めつけるのではないかと恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ルーマニア を購読