トーゴ

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦いは山に移る - マリの戦争と平和

3月
07

フランスは望むよりも少し長くとどまらなければならないかもしれない

古代の町トンブクトゥが聖戦士の支配下にある一方で、マモウ・マイガというアーモンド形の目をした21歳の女性はアダマと名乗ったハンサムな占領者が家まで送ってくれるのを受け入れた。「彼は私がとても特別だと言ったの。」彼女はつぶやいた。彼が彼女の気の進まない家族に巨額の持参金を提案した後で、彼らは結婚した。しかし3週間後、フランス軍がその町の泥の煉瓦のミナレットから見えた時、アダマは脱出した。彼の花嫁は取り乱し、彼女の家族は救われた。マモウの妹は、10か月間厳しい支配を課した聖戦士が嫌いで、夜逃げした義兄が返ってこないことを望むといった。「どうして彼への電話にこたえることすらするだろう?」彼女は訊ねる。

いかにフランス軍が決然とイスラム主義者たちを北部マリで最も人口の多い部分から追い出したかと考えると、マモウはすぐにはアダマに再会しそうもない。広がる砂漠を渡るときに空から射撃されたものもいる。フランスは、合計3,000と推計される中から数百人を殺したと計算する。残りは、アルジェリア国境のそばの離れた山に隠れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Moマネー - 良い統治に報いる

10月
19

アフリカでもっとも人気があり、そして悪名高い賞が受賞者を見つける

5年前にモ・イブラヒムによって作られた「アフリカの指導力の達成」への500万ドルの賞は、ついに新しい受賞者を見つけた。2年間適切な人を見つけられなかった後で、英系スーダン人の通信億万長者の代わりに受賞者を選ぶ委員会はペドロ・ヴェロナ・ピレスを選んだ。彼のことを聞いたことがないって?かれは、大西洋に浮かぶカーボ・ヴェルデの大統領だった人物だ。50万の人口の平均寿命は71歳だ。二期十年の在職のあとで、ピレス氏は先月選挙によって下野した。賞の委員会は、彼がその国を「国連の後発発展途上国から卒業した2番目のアフリカの国」にするのに役立ち、「その人権と良い統治の記録で国際的認知を」勝ち得たとして賞賛した。

イブラヒム氏自身も「ピレス大統領はその賞が認めようとした形の指導力を具体化した」と語って同意した。(ボツワナのフェスタス・モハエが受賞した)2008年以来、その賞はおそらくそれが主に認めようとした大陸アフリカ人のもとに入っていない。だが、ピレス氏は価値のある受賞者だ。カーボ・ヴェルデは、賞と共に公開され、統治の優秀さ、経済発展、そしてたくさんの他の社会的政治的指標によって測られる年次モ・イブラヒム指数で再び2位にランクされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
トーゴ を購読