レバノン

オーストラリアの支配 - ソロモン諸島

9月
21

穏やかに成功した介入の10年

全ての外国の冒険が失敗する運命にあるわけではない。7月24日は、1,000近くの島がある離れた太平洋の群島への、オーストラリアが率いた介入であるソロモン諸島地域支援ミッション(RAMSI)の10回目の記念日だ。兵士たちは、素早く敵対する民兵集団を武装解除しその銃のほとんどを破壊した太平洋諸島フォーラムによる努力の一部として、展開された。

それ以来ほとんどの間、2006年4月の暴動を鎮めるために少し展開されたこと以外には、その平和維持部隊は注目を浴びていない。RAMSIは、公的金融を回復し、闘士を起訴し、警察を再構築することを狙った、主として文民の組織になっている。いま、その使命は徐々に終わっている。軍事部門は7月1日に終わり、ほとんどの他の助けは、オーストラリアとニュージーランドからの援助機関に率いられた2国間の枠組みに変わるだろう。

RAMSIは残り、主としてより良い警察を作り出すことに働く。王立ソロモン諸島警察は、内戦中に深く評判が傷つけられ、2000年6月のクーデターに関わった。多くの高官は、それ以来退職したか首を切られたが、その評判はひどいままだ。対照的に、主にオーストラリアの警察官で構成されたRAMSIの警察力は、良い評判を受けている。もし彼らが外れれば、問題は戻ってくるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仮想関係 - デジタル外交

10月
15

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大理石と男たちの - トルコの文化的野望

6月
03
トルコは外国の美術館に対してきつくなり、新たな文化戦争を始める
 
1887年の春に、モハメド・シェリフという名のレバノン人村人が、シドンの近くで二つの地下室に続く井戸を発見した。これらは、紀元前5世紀までさかのぼる18の壮大な大理石の石棺を含んだ王家の墓だと判明した。オスマンのスルタン、アブドゥル・ハミッド2世はその石棺を掘り出すよう命じ、イスタンブールに船で運ぶために鉄道に載せ地中海沿岸を運んだ。最大の石棺は、アレクサンダー大王の遺品を含むと信じられた。その棺はトルコ人のものではなく、シドンは今レバノンだが、その石棺はルーヴルにとっての「モナリザ」のようにその考古学博物館にとって大事な、イスタンブールのもっとも立派な宝物だとみなされている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

希望は四足で毛に覆われてぼんやりとしている - ソマリアの苦悩

10月
19
世界で最もすっかりと失敗してしまった国家の救済は、国際的な援助よりもむしろ民間事業に頼っている
 
ソマリアのことわざに、獣のいるところに生命あり、というものがある。その国民の半分は家畜にその生活がかかっている。今年、彼らは記録的な数の家畜を輸出する。飢えや渇きで100万を超える家畜が死んだように見える。南ソマリアに飢饉が広がっていることを考えると、それはありそうにない。しかし、ソマリアの他の部分、特に北部での放牧は素晴らしく、外国からの需要がこれほど高かったことはない。病気だという事で、長い間ソマリアの羊と山羊を輸入禁止にしていたサウジアラビアのジッダは、再びそれを歓迎すると宣言した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

永遠の汚れ ー ジンバブエとそのダイヤモンド

7月
12

ロバート・ムガベはその国民の損害の上に再び人気を集めている

キンバリー・プロセス(KP)は崩壊の危機を迎えている。2003年に始まったそのシステムは、不正に内戦の資金源となる「血のダイヤモンド」の取引を終わらせるためのものだ。しかし、コンゴの議長は単独でジンバブエの議論になっているマランゲのダイヤモンド鉱山からの販売を再開すると決めた。アメリカ、EU、カナダ、そしてイスラエルは、激しくその動きに反対した。75のダイヤモンド生産、そして取引国を代表する49の会員団体による決定は全会一致だとされている。

2006年に東ジンバブエのマランゲにある6万ヘクタールの敷地で最初にダイヤモンドが発見されて以来、殺人、拷問、不正、賄賂、略奪、密輸、そして政治的インチキの報告に満ちている。その危険は巨大だ。ジンバブエの財務大臣のテンダイ・ビティは、その場所を「人類の歴史で最大のダイヤモンドの沖積土の発見」だと表現している。潜在的な収入は年間10億ドルから20億ドルだと推定されている。その地域に関わっているある採掘専門家は、「そこにはもっともっと」あると考えいる。IMFは去年のジンバブエの全GDPを75億ドルとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

政治ゲームとしての芸術 - ヴェネツィア・ビエンナーレ

6月
16

世界最大の芸術イヴェントでの芸術家の間の競争がこれほど激しかったことはない。しかしビエンナーレの国別パヴィリオンで何が起きているのか?

1895年にヴェネツィア・ビエンナーレが始まって以来、各国はその芸術家に国別パヴィリオンでの展示を命じてきた。イタリアのように文化省を通して金融支援するものもあれば、英国のように外務省を通すものもある。ウクライナ館は個人収集家によって提供され、ポーランドのものは複数の資金源があっ た。55年間、20より少ない参加者だったが、1950年にその数は増え始めた。今年、バーレーンとレバノンの最終段階でのキャンセルにもかかわらず、 89の国別パヴィリオンがあった。それは過去最大で2年前の77より増えており、現代アートの世界的広がりの証明だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

流出か獲得か? - 貧しい国々は有望な市民が国外移住するとき、最後には利益を得る

5月
31

豊かな国々歩人々が移民の流入の心配をしているとき、彼らは建設労働者や皿洗い、そして農業手伝いといった職業と競合する低賃金労働者を思い浮かべる。開発途上国の人々が移民について心配するとき、彼らは普通その最良有望な人々が先進国のシリコンヴァレーや病院、大学と言った所へ立ち去ってしまうという見通しに懸念を示す。それらは、英国やカナダ、オーストラリアといった国々が大学卒業者に特権を与える移民ルールを使って誘致しようとしている人々だ。

たくさんの研究により、途上国の高い教育を受けた人々は、特に外国移住しそうだということが明らかになっている。いくつかの推計によると、高い教育を受けたカーボヴェルデ人の2/3 は国外に住むという。2004年に行われたインドの家計の大きな調査では、海外移住した家族のことについて聞いた。それによると、ほぼ40%の海外移住者は高校卒業以上の学歴をもっており、それは25歳以上のインド人の平均の3.3%よりかなり高い。この「頭脳流出」は、長い間貧しい国の政策決定者を悩ませてきた。彼らは、大学で教えたり、病院で働いたり、自国工場で賢い新製品を作れるようにできたかもしれないより望まれる熟練労働者を奪うことによって、それが経済を痛めつけるのではないかと恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
レバノン を購読