モ・イブラヒム

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

半分入ったグラス - アフリカの民主主義

4月
10

代議制政府は、最近の中断にもかかわらず、依然としてアフリカで進んでいる

アフリカ政治はどちらに行くのだろうか?大統領が3月25日に若いライヴァルに対して選挙によって負けたことを認めて、1960年の独立以来破られていない民主主義の伝統を延長したセネガルの道だろうか?それともより困難な方向にある隣のマリの道だろうか?セネガルの選挙の数日前に、若い軍司令官たちがマリの首都バマコの大統領公邸を強襲、略奪し、より広い地域に望みを与えていた20年にわたる民主主義を突然終わらせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今、いくつかの良いニュース

3月
12

2冊の本が、未来は我々が考えるよりも明るいと論ずる

ラブ・オン・ア・チップ(LOC)は大きな可能性を持った小さな装置だ。それは、数分の間に、人間のDNAにたくさんの診断に役立つテストをすることができる。その装置に唾を吐いたり血を垂らしたりすれば、DNAを実験室に送る必要なく、病気かどうかを教えてくれる。貧しい国では、LOCは高価な実験室に行くことのできない多数の人々に診断を提供することができる。豊かな世界では、それは上昇する医療費を抑制するかもしれない。

世界は、LOCのような小さな奇跡をほとんど忘れさせてしまうような悪いニュースに最近付きまとわれている。しかし、二つの時宜を得た新しい本が、政治家が反対なことに励んでいるときでも、研究者は世界をより良い場所にしようとし続けていることを思い出させてくれる。ピーター・ディアマンディスとスティーヴン・コトラーは「豊富:未来はあなたが考えるよりも良い」の中で楽観主義への快活な例を作る。エリック・トポルは、なぜ薬がデジタル技術によって(彼の言葉によれば)「シュンペーター化」しそうなのかをより思慮深く見つめた視点を提供する。これらの本は、アルマゲドン疲れに悩んでいる人々には思わぬ幸福だ。彼らはまた、経済的陰鬱にもかかわらず、技術は改善し続けていることを思い出させてくれる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

Moマネー - 良い統治に報いる

10月
19

アフリカでもっとも人気があり、そして悪名高い賞が受賞者を見つける

5年前にモ・イブラヒムによって作られた「アフリカの指導力の達成」への500万ドルの賞は、ついに新しい受賞者を見つけた。2年間適切な人を見つけられなかった後で、英系スーダン人の通信億万長者の代わりに受賞者を選ぶ委員会はペドロ・ヴェロナ・ピレスを選んだ。彼のことを聞いたことがないって?かれは、大西洋に浮かぶカーボ・ヴェルデの大統領だった人物だ。50万の人口の平均寿命は71歳だ。二期十年の在職のあとで、ピレス氏は先月選挙によって下野した。賞の委員会は、彼がその国を「国連の後発発展途上国から卒業した2番目のアフリカの国」にするのに役立ち、「その人権と良い統治の記録で国際的認知を」勝ち得たとして賞賛した。

イブラヒム氏自身も「ピレス大統領はその賞が認めようとした形の指導力を具体化した」と語って同意した。(ボツワナのフェスタス・モハエが受賞した)2008年以来、その賞はおそらくそれが主に認めようとした大陸アフリカ人のもとに入っていない。だが、ピレス氏は価値のある受賞者だ。カーボ・ヴェルデは、賞と共に公開され、統治の優秀さ、経済発展、そしてたくさんの他の社会的政治的指標によって測られる年次モ・イブラヒム指数で再び2位にランクされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
モ・イブラヒム を購読