レソト

王のお告げ - スワジランドの選挙

2月
28

アフリカ最後の絶対王政は、その気前の良い生活様式を永遠に保つことができないかもしれない

8月最後の金曜の夜に、稲光のする嵐の中で、スワジランドのムスワティ3世王は神から啓示をうけた。スワジ政府の制度の新しい名前が彼に現れたのだ。「君主制民主主義」だ。ロンドンのシンクタンクチャタム・ハウスでスワジランドについての報告を書く助けをしているアレックス・ヴァインズは、多くのスワジ人に王の意味するところはなんだと思うかを尋ねた。誰も全く分からなかった。

ムスワティ王の話は風変りかもしれないが、そのタイミングは全く奇妙ではない。スワジランドはその二つの立法府のための選挙を9月20日に行う。その重要性を忘れさせるのはあまりに簡単だ。政党は禁止される。候補者は予備選で審査される。王は65人の議員のうちの10人とより強力な上院の2/3を選ぶ。しかし、ヴァインズ氏は、その選挙がにもかかわらず注目すべきだと説明する。ふつうよりも多くの改革志向の候補者が立候補するからだ。ほのかだけれども、それは権力を追うから議会に向けて移す予兆かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

流出か獲得か? - 貧しい国々は有望な市民が国外移住するとき、最後には利益を得る

5月
31

豊かな国々歩人々が移民の流入の心配をしているとき、彼らは建設労働者や皿洗い、そして農業手伝いといった職業と競合する低賃金労働者を思い浮かべる。開発途上国の人々が移民について心配するとき、彼らは普通その最良有望な人々が先進国のシリコンヴァレーや病院、大学と言った所へ立ち去ってしまうという見通しに懸念を示す。それらは、英国やカナダ、オーストラリアといった国々が大学卒業者に特権を与える移民ルールを使って誘致しようとしている人々だ。

たくさんの研究により、途上国の高い教育を受けた人々は、特に外国移住しそうだということが明らかになっている。いくつかの推計によると、高い教育を受けたカーボヴェルデ人の2/3 は国外に住むという。2004年に行われたインドの家計の大きな調査では、海外移住した家族のことについて聞いた。それによると、ほぼ40%の海外移住者は高校卒業以上の学歴をもっており、それは25歳以上のインド人の平均の3.3%よりかなり高い。この「頭脳流出」は、長い間貧しい国の政策決定者を悩ませてきた。彼らは、大学で教えたり、病院で働いたり、自国工場で賢い新製品を作れるようにできたかもしれないより望まれる熟練労働者を奪うことによって、それが経済を痛めつけるのではないかと恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
レソト を購読