タジキスタン

上る中国、沈むロシア - 中央アジアでの中国

2月
22

広大な地域で、中国の経済的影響力はロシアのものに対抗する以上のものだ

ほんの10年にもならない前には、中央アジアの新しく独立した国々がどこにその石油とガスの大きな供給を送り出さなければならないかについてほとんど疑いは持ち上がらなかった。その元宗主国のロシアが彼らのエネルギー社会資本と市場を独占していたのだ。しかし、新たな分野が流れに乗っている今では、そのパイプラインは東の中国に向かう。まるでその点を強調するかのように、今週中国の国家主席習近平は中央アジアを席巻し、エネルギー契約を食い尽くし、何十億ドルもの投資を約束した。彼の外遊はその地域の新たな経済超大国について何の疑いも残さなかった。

すでに中国の最大の天然ガスの輸入元であるトルクメニスタンでは、習氏は世界で二番目に大きなガス田ガルキニシュの生産を始めた。それは、その国からの中国の輸入を3倍にする役に立つだろう。カザフスタンでは、ここ数十年で世界最大の石油の発見であるカシャガンの権益を含んだ300億ドルの契約が発表された。ウズベキスタンでは習氏とホストのイスラム・カリモフ大統領が、この不透明な国では詳細はほとんど発表されなかったが、150億ドルの石油、ガス、そしてウランの契約を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らがそうしたら、堰き止めろ - 中央アジアの水戦争

10月
19

水管理を巡っての戦争は、すでに不安定な地域を濁らせる

タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンは、物事を大きくするのが好きだ。彼は、世界で最も高い旗竿を立てた。去年、彼は(今のところその中にほとんど本はないが)その地域で最も大きな図書館を開いた。しかし、ひとつの巨大な計画は、隣国との係争含みだと証明している。世界で最も高い水力発電のダム建設だ。

下流のウズベキスタンを統治する実力者のイスラム・カリモフは、アムダリア川の支流にできる提案された335メートルのログンダムが、タジキスタンに不公平な水資源管理を与え、地震の場合に何百万人もの人々を危険にさらすと語る。9月7日に、彼はそのような計画が、「単に深刻な対立だけではなく、戦争にすら」つながりうると語った。

カリモフ氏は、タジキスタンについてのみ語ったわけではなかった。ウズベキスタンからその地域のほかの主要な川であるシルダリア川の支流の一つを上流にさかのぼったところにあるキルギスタンは、カムバラタと呼ばれる自分たちの計画への投資を探っている。2つの提案されたダム(ログンが3.6ギガワット、カムバラタが1.9ギガワット)は、理論的にはそれぞれの国に頻繁に起こる電力不足を終わらせ、ひどく必要とされる輸出収入を提供するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最後の審判の日に対する堤防 - 農業の生物多様性

3月
19

遺伝子銀行は、農産物の生物多様性を保持するための期限切れの圧力を象徴している。それはまた農場を保護する必要もある

重い音を立てて、スヴァールバル世界種子貯蔵庫の車輪付きの外のドアは、荒涼とした北極の強風を締め出し、多くの新着品を埋葬して、2月28日に閉じた。その中には、アメリカ、コロンビア、コスタリカ、タジキスタン、アルメニア、そしてシリアからの2.5万の種のサンプルがあった。その貯蔵庫のアメリカ人発案者、キャリー・ファウラーにとって、シリアのヒヨコマメとソラマメは特に歓迎すべきものだった。

2008年に開かれた、そのスヴァールバルの貯蔵庫は、世界の1,750の種子バンクのバックアップで、農業の生物多様性の貯蔵庫だ。その必要性を描くと、フィリピンの国立種子バンクはこの1月に火事によって破壊された。それは洪水で被害を受けた6年後のことだった。アフガニスタンとイラクのそれは、最近の戦争によって破壊された。シリアの紛争は、アレッポにあるその国の豊かな貯蔵庫に達して当然だが、今なら損害は少なくて済むだろう。今、スヴァールバルには、全部でだいたい75万のサンプルのうち11万のシリアの種のサンプルがある。ファウラー氏は最新の委託品をいとおしそうに見ながら、「私がこれを見るとき、神に感謝します、彼らは安全です、と考えるのだ。」と語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

慈善は海外活動を始める - 援助の新しい素

8月
22

大きな発展途上国が援助の世界を揺らしている

1951年から1992年の間に、インドは約550億ドルの海外援助を受け取リ、歴史上最大の援助受益者になった。今ではそれは自らの援助機関を立 ち上げる寸前のようだ。外務省の報道官は、政府は、アメリカの国際開発庁(USAID)や英国の国際開発省(DFID)に相当するインド開発協力局 (IAPD)を作るための「活発な議論」を行っていると語る。他の省庁の官僚は彼らの足を引っ張っているが、デリーのシンクタンクRISのグルプリート・ シンは、政府は1ヶ月以内にこの機関を発表し、今後5年から7年の間に113億ドルの予算をつけるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

流出か獲得か? - 貧しい国々は有望な市民が国外移住するとき、最後には利益を得る

5月
31

豊かな国々歩人々が移民の流入の心配をしているとき、彼らは建設労働者や皿洗い、そして農業手伝いといった職業と競合する低賃金労働者を思い浮かべる。開発途上国の人々が移民について心配するとき、彼らは普通その最良有望な人々が先進国のシリコンヴァレーや病院、大学と言った所へ立ち去ってしまうという見通しに懸念を示す。それらは、英国やカナダ、オーストラリアといった国々が大学卒業者に特権を与える移民ルールを使って誘致しようとしている人々だ。

たくさんの研究により、途上国の高い教育を受けた人々は、特に外国移住しそうだということが明らかになっている。いくつかの推計によると、高い教育を受けたカーボヴェルデ人の2/3 は国外に住むという。2004年に行われたインドの家計の大きな調査では、海外移住した家族のことについて聞いた。それによると、ほぼ40%の海外移住者は高校卒業以上の学歴をもっており、それは25歳以上のインド人の平均の3.3%よりかなり高い。この「頭脳流出」は、長い間貧しい国の政策決定者を悩ませてきた。彼らは、大学で教えたり、病院で働いたり、自国工場で賢い新製品を作れるようにできたかもしれないより望まれる熟練労働者を奪うことによって、それが経済を痛めつけるのではないかと恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
タジキスタン を購読