シカゴ大学

巨人の一人 - ロナルド・コース

2月
09

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙の割合の問題 - 暗黒エネルギー

12月
18

宇宙で最も豊富にある物質である暗黒エネルギーの研究のために、3つの実験が始まっているが、それが存在しないと示すと主張する理論が発表されたばかりだ

1920年代に、天文学者たちは宇宙が彼らから離れていると認識した。銀河がさらに離れれば離れるほど、それは早く後退するのだ。論理的に、これは、すべてのものがかつては一つの場所にあったことを意味する。ビッグバン理論につながったその発見は、現代宇宙学の始まりだった。

しかしながら、1998年に、新世代の天文学者たちが、宇宙は拡大しているだけではなく、かつてないほどに早い速度でそうしていることを発見した。誰も、何がこの加速する拡大の原因なのかはわからないが、それは何であれ名前を与えられている。それは暗黒エネルギーとして知られており、その性質が謎だとしても、その影響は、その量が計算されうるということだ。決定されうる限りでは、それは宇宙の中で質量の2/3を構成し(そしてそれ故にエネルギーの2/3に等しい)ている。それは、故に、文字通り、大きなものだ。もし暗黒エネルギーを理解しなければ、本当に現実を理解することはできない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さな一歩 - とても幼い子のための学習

3月
08

幼年期教育はのちのより良い学校成績を意味しうる

バラク・オバマは、教育を「情報時代の通貨」と呼ぶことを好む。彼の統治は、公式な学校生活をまだはじめていない子供たちにより多くの努力と資源、そして追加の20億ドルをささげることによって、アメリカの優先順位に大きな変化をもたらしている。

これは国際的傾向の一部だ。韓国は今年、すべての3歳と4歳児への初期教育準備を拡大する計画を立てている。トルコも野心的計画を立てている。学校前教育は、長く無視されてきた。「脳の発展の90%は0歳から5歳の間に起こるが、我々はその資金の90%を5歳より上の子供に使っている。」シカゴ大学のティモシー・ノウルズは語る。今、それは変わっている。神経科学を含んだ学問的研究は、子供の幼年期の経験の長期的影響を強調している。

2009年の先進国のシンクタンクOECDによるもっとも最近の報告は、1年以上プレスクールに参加した15歳児は(社会経済的背景を計算に入れても)1年とか全くいかなかった子に比べてよい成績であることを見つけた。ベルギー、フランス、イスラエルでは、プレスクールで教育を受けた子供たちは、家にいた子供たちよりも高い読みの点を挙げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シンバにとって悲しいことだ - ケニアのライオン

2月
21

大きなネコ科を救うための戦いは続いている

暗闇で、ライオンを攻撃する最も安全な方法は車のヘッドライトでとらえ、それを轢くことだ。大人が倒れれば、子供たちを槍と矢で殺すのは十分簡単だ。去年ナイロビ国立公園の外の平原のキテンゲラでその殺戮が終わった時、6頭のライオンが死んだ。最近の記憶では、それは最悪のそのような事件だ。

免許なしでライオンを殺すのはケニアでは犯罪で、その殺戮はケニア野生動物サーヴィスの3人組の公園レンジャーに目撃された。数で劣る彼らは、ヒツジが食べられたことに怒った地元民による「暴徒の正義」とその一人が表現したものを止めないと決めた。7か月後、誰も逮捕されていない。象やサイの密猟者はしばしば最後には死ぬか牢獄に行く一方で、ケニアでライオンを殺したものは今まで檻の中に入ったことがない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな考えの男 - ポール・ライアンの政府観

9月
17

いかにしてある小説家、ある経済学者、ある大統領、そしてある聖人がポール・ライアンの政府についての見方を形作る助けをしたか

ポール・ライアンはアメリカでもっとも有名な予算オタクかもしれない。しかし、彼は数をかみ砕く人以上のものだ。ライアンの予算数学は、彼の多くの知的アイドルからの政治的そして経済的理論から引き出されている。ミット・ロムニーがポール・ライアンと同じくらい保守運動の大きな考えを愛するということはありうるが、彼は確かに彼の副大統領候補の趣を持ったすでに亡き作家や経済学者の名前をチェックしていないだろう。ロムニーよりも「彼は一層行動保守で、より保守運動の産物だ。」と、保守的なヘリテージ財団の総裁エドウィン・フュルナーは語る。

ライアンは、彼のキリスト教の価値の理想を保持する一方で、政府の大きさと範囲を削減し、権利付与を徹底見直しし、アメリカ人をワシントン依存から一般的に引き離して、少なくとも政府を変えることを望んでいる。ここに、ライアンが実践に移したいと思っている大きな考えを持った人々の何人かがいる。
 

作家:アイン・ランド

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学費用の惨禍 - 高等教育

8月
18

多くのアメリカの大学が財務的な困難にある

葉の茂った通りとゴシック調の建物で、シカゴ大学は落ち着きのあるきちっとした種類の場所のように見える。その建設費用を出したジョンD.ロックフェラーは、「私が行った中で最善の投資だ。」と語った。しかし、シカゴやほかの非営利のアメリカの大学は、まるでハイテク新興企業であるかのように、債務を積み上げている。

アメリカの非営利の大学の長期債務は、年間に12%伸びている、とコンサルタント会社のベイン&カンパニーとプライヴェートエクイティ会社のステアリング・パートナーズは推計する。1,692の総合、単科大学の2006-10年の間の貸借対照表とキャッシュフロー計算書を調べた新たな報告は、1/3が数年前よりもかなり悪くなっていることを見つけた。

高等教育の危機は、何年間も吹き荒れている。大学は、ロックフェラーが勘定を払うだろうと考えるバーにいる学生のように、支出してきた。過去2年間で、シカゴ大学は、(本がロボットにより賢く回収される)素晴らしい新たな図書館、新しいアートセンター、そして10階建ての病院の建物を建設した。それはまた、北京に新しいキャンパスを開いた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

説得、説得、考え、考え

4月
08

公共政策における行動経済学の使用は期待を示す

「フリーコノミクス」は、陰鬱な科学が、人々が現実世界でどのように行動するかについて何か面白いことを言うのだと一般に信じさせた本だ。しかし「ナッジ」は政策マニアを興奮させたものだ。2008年に最初に出版されたその本は、政府の効率性を改善するための行動経済学の潜在性についてだ。行動経済学者はすべての種類の心理学的、神経学的偏りが、人々に彼らの最高の関心に反するように見える選択をさせるということを見つけた。説得(ナッジ)の考えは、選択肢を異なったやり方で人々に示すことによってより良い決断に向かって彼らを導くことが可能だということを示す研究に基づいている。

その理論は、今テストを行っている。その本の共著者の一人、カス・サンシュタインは、バラク・オバマによってホワイトハウスに招聘された。ほかの共著者のリチャード・ターレルは、デンマーク、フランス、そしてとりわけ、デヴィッド・キャメロンがナッジ・ユニットとあだ名された行動洞察チームを立ち上げた英国といったいくつかの国々で、政策立案者に助言をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

シカゴ大学 を購読