ヒラリー・クリントン

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

重要な懸念 - アメリカ太平洋政策

6月
30

軸とか再均衡とか呼んで、アメリカの太平洋政策は少し不安定なように見える

中国を伴う安全保障の発展についての議会への年次報告の中で、ペンタゴンは今週、中国軍の新しいものと古いものを批判した。新しいものは、アメリカの政府を目標にしたサイバー攻撃への中国軍の関与への無遠慮な非難だった。古くて、一般的で、正当化されたものは、「中国の軍事力増強と戦略的意思決定をめぐる透明性の欠如」への不平だった。

しかし、中国は、アメリカ自身の戦略もまたむしろ不透明だと反論したかもしれない。オーストラリア訪問中のバラク・オバマが合衆国はアジアで「より大きく長期的な役割」を果たすだろうという彼の「戦略的意思決定」を説明してから18か月になる。しかし、アメリカ軍の高官の中にさえも、まったくではないにしても、これが何を意味するのかは依然として完全にははっきりしないというものもいる。最初に「太平洋の軸」と呼ばれたその戦略は、のちに「再均衡」と名付けなおされた。オバマ氏の政権による演説の中でのあいまいな言及は、どの書面によっても詳細を加えられていない(実に、今週の努力で見過ごされているのは、ペンタゴンは自身の戦略よりも中国の戦略についてより詳細を語っているのだ)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仮想関係 - デジタル外交

10月
15

各国外務省はソーシャル・メディアのコツをつかんでいる

中東でのアメリカのミッションへの先週の暴力的な攻撃の数分後に、その国のカイロの大使館はすでにツイッター上にあった。それは、アメリカ国民のための緊急番号をツイートした。それは、エジプトのムスリム同胞団がアラブつながりで抵抗運動を支援したと非難した。そして、それは、アメリカのリビア大使クリストファー・スティーヴンスの殺害に悔みのツイートをした仲間にお礼を言った。

ようこそe外交の新しい世界へ。またはより思い上がって「21世紀の政治術」へ。歴史的に、政府は外交を、ほとんどが閉じたドアの後ろで会う、抜け目なく慎重なものにした。今では、彼らは、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、そして中国のマイクロブログのシナウェイボーのような現地のソーシャルメディアサーヴィスも使っている。

このオンライン活動の多くは、政府が別の国の国民と直接コミュニケーションを図ることを意味する、「公的外交」だ。しかし、e外交は、ほかの目的にも簡単で安い道具である。災害への反応、情報収集、そして関係管理だ。外交官の中には、彼らの間で情報伝達するためにツイッターを使っているものもいる(多くは自分の電子メールを読まない)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼は本当にその場所を救うことができるのか? - ソマリアの新大統領

10月
02

ソマリアが本当に回復し始めているということにどれだけ望みは耐えることができるだろう?

ある市民権運動家をソマリアの新たな大統領に選んだ選挙は、その軍事的独裁者シアド・バーレがクーデターによって転覆させられた1991年以来正しい政府を持っていない国で、珍しい望みの波を生み出している。「それは、その国にとって世代で最大の機会だ。」その過程に関与したある西側の外交官は語る。新しい国家元首ハッサン・シェイク・モハムドは、平和と実用主義の誠実な男だとしてほめたたえられている。

しかし、彼の仕事の危険と不確実性は、首都のモガディシュでケニアの外務大臣と彼が会ったホテルでの暗殺未遂を生き延びた、選挙からたった二日後に厳然と例証された。シャバブとして知られるソマリアのアル=カーイダとつながったイスラム民兵に所属する自爆テロリストが、シャバブを劣勢に追い込んでいるアフリカ連合(AU)によって運営される軍の兵士を含んだ数人を殺して、そのホテルの外で自爆したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国のチェッカー - アジアの海洋外交

7月
29
大国のライヴァル関係のスペクトルがASEANの会議をダメにする
 
10か国の東南アジア諸国連合(ASEAN)が先週カンボジアの首都での外相会談に着席した時、それは2015年までにEU型の経済ブロックに向かって進歩したいと望んだ。その会議が7月13日に終わるころ、それはユーロ圏と同じくらいほとんど機能していないように見えた。
 
45年前にASEANが設立されてから初めて、コミュニケなしでその会議の一つが終わった。そこには大きな損失はない。そのような声明はすぐに忘れられる傾向にあるのだ。しかし、その欠如は、進行を司ったカンボジアと、フィリピンやヴェトナムといった加盟国の間の不和を反映していた。これは、ひいては、中国に忠実なASEAN諸国と、それと南シナ海で領土を争いますますアメリカの支援を求めている集団である国々との間の、アナリストが言うところのけんかが大きくなっていることを反映していた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

海域を濁らせる - 南シナ海

7月
16
南シナ海で中国とヴェトナムの間の緊張が持ち上がっている
 
東南アジア諸国が、中国とフィリピンが南シナ海での対決から手を引いているように見えることに安心の一息をついているまさにその時に、同じ海域で中国とヴェトナムとの間に新たな緊張が持ち上がっている。ここ数日、二つの国は、そのライヴァルの主張を押し戻すために軍事的解決の兆候すらも見せながら、列島と近くの石油採掘権を巡ってのスパーリングを増大させている。差し迫った紛争を予測するものはほとんどいないが、中国とヴェトナムとの間の古い敵意の復活は、その地域内での巨大な裂け目を開きうる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

最も厳しい言葉 - パキスタンのアメリカとの関係

5月
18

仮想の友人との間の緊張は、驚くほど克服できないことを証明している

大国にとって謝罪することは難しいとわかっている。「戦略的」同盟と想定される合衆国とパキスタンとの関係は、11月の恐ろしい「友好的発砲」事件でアフガン国境に駐屯していた24人のパキスタン軍を米軍機が誤って殺して以来、麻痺している。今、二人の口論している子供たちがその誇りを飲み下し仲直りできないように、オバマ大統領の政権は、その死について謝罪するつもりがなく、パキスタン政府は罰としてアフガニスタンのNATO軍兵士に供給する道を閉じた後に、それを再開することを拒絶している。4月の終わりに、アメリカのパキスタンへの特使マーク・グロスマンは、メンツの立つ取引なしに首都のイスラマバードを後にした。密室の中で、一人の参加者が「毒」と表現する雰囲気の中で、議論が続いている。しかし、どちら側も依然として、パキスタンが5月20-21日のシカゴでのNATOサミットに招待されるときまでにNATOの供給ルートを回復する合意に望みを持っている。参加者は2014年の終わりまでにほとんどの外国軍が去った後のアフガニスタンの解決を議論することになっている。しかし、アシフ・アル・ザルダリ大統領がシカゴへの連絡を受ける時間は迫っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リン・ルシ

4月
13

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ヒラリー・クリントン を購読