ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパに向かってじりじり進む - モンテネグロ

7月
01
小さなバルカンの国がヨーロッパのドアをたたく
 
ヨーロッパ連合の指導者たちは、6月28-29日の首脳会談でユーロ危機を議論する。おそらく驚くべきことに、モンテネグロもまた議題に上る(そしてそれは、ギリシャがその例に続くかもしれないと推測するものもいる、ユーロ圏に入っていないにもかかわらずユーロを使っているためでもない。)ほとんどの国は、60万人を少し超えた人口を持つ6歳のバルカンの国との加盟交渉を開くことに好意的だ。しかし、それは起こらないかもしれない。ブルガリア人はこの段階でモンテネグロを引き留めることは公平ではないだろうというが、スウェーデンだけが組織犯罪と不正に対する真の戦いのより多くの証拠を望んでいるのではない。
 
その国の法廷はいくらかの助けを提供したところだ。6月5日に、ブドヴァの元市長が不正で投獄された。彼とともに投獄されたのは、彼の元副市長だったドラガン・マロヴィッチだ。偶然にも、マロヴィッチ氏の兄弟は、モンテネグロの政治を20年以上支配し、与党の党首を務めるミロ・ジュカノヴィッチの政治的な敵だった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

3つの島の物語 - 人口統計

11月
02

10月の終わりに世界人口は70億に達する。うろたえるな

1930年には、地球上の全人口25億人は南イングランドの381平方キロの岩のワイト島に密集して押しこむことができた。1968年には、英国の小説家ジョン・ブラナーが、当時35億人になっていた地球上の人々が立つだけの余地のために、アイリッシュ海の572平方キロメートルのマン島が必要だっただろうと観察した。ブラナーは2010年までに世界人口は70億に達し、より大きな島が必要になるだろうと予測した。それ故に、1968年に人口過剰についての彼の小説のタイトルは「ザンジバル(東アフリカの1,554平方キロ)に立つ」だった。

ブラナーの予測はたった半年ずれただけだった。国連人口局は、10月31日に世界人口が70億人に達すると言っている。(アメリカの人口統計局は2012年3月としている。)国連は、その日に生まれた世界で70億人目となる人を指名しようとすらしている。60億人目のアドナン・ナヴィックは1999年の10月12日にボスニアのサラエボで生まれた。彼は、次の10億人目が生まれるときに、ちょうど12回目の誕生日を過ぎた頃になるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ を購読