橋下徹

レイムダックと飛び散る羽根 - 日本と韓国の間の緊張する関係

9月
26

両国での国内政治的激変が損害を与えるけんかをさらに悪くしている

韓国の最近の政権では、大統領がいかに日本を扱うかについてある傾向が表れている。就任して3年間は、彼らは未来に固く焦点を当てて友好的にうっとりする。それから、まるでだしぬけに起されたかのように、彼らは日本がかつて野蛮な植民者で会ったことを思い出し、事態は急速に下降する。残り数か月を残すのみとなった韓国の大統領李明博は、同じ脚本をたどっているが、ひねりを加えている。8月10日に、彼は韓国が占領している島である竹島を予期しない形で訪問した。それは、何年にもわたって横たわっていた領土紛争の外交的忘却を突然ひっくり返した。韓国大統領はかつてその島に足を踏み入れたことがなかった。数日後、李氏は、もし天皇が韓国を訪れるのならば最初に日本の戦時中の罪を謝罪すべきだということによって、日本人に対して更に侮辱と受け取られることを重ねた。そして、韓国が外交文書の受け取りを拒否し、日本がその送り返しを拒絶するという無意味なことが続いた。日本と北朝鮮の関係すらもより改善の余地があるよう見える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

集団主義 日本

12月
06

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

信頼の問題だ - 日本のエネルギー危機

6月
27

核のおそれ、そしてその経済的衝撃は福島からはるかに広がっている。

西日本の関西地方は、オランダと同じくらいの経済を持ち、2つの電機大手material-scienceの本社があり、遊び好きな東京のライヴァルである大阪をその最大の都市にしている。3月11日に日本が自然災害と核災害にあった時、関西はその経済エンジンを上げることにより日本のためになにかできるだろうと考えていた。しかしながら、悔しいことに、それは東京と同じような打撃を受けていることに気がついた。

関西は被害を受けた福島第一原発から電力供給を一切受けていない。しかし、その地域独占企業関西電力は、顧客に7月から9月にかけてピーク時に15%のエネルギー消費削減を依頼した。市民は汗まみれの夏をエアコン無しで過ごす事になる危険がある。東京人も似たようなことに身構えている。しかしながら、彼らの指導者と違って、関西の指導者たちはおおっぴらに反旗を翻している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
橋下徹 を購読