トーマス・マン

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

困難の世界 - 2013年リスク予測

2月
01

2013年の事業にとってどのリスクが一番大きく現れるのか?

トーマス・マンによる「魔法の山: The Magic Mountain」の中で、ある若いビジネスマンがスイスアルプスにあるダヴォスの療養所に患っているいとこを訪れる。そのビジネスマンは自身気分がすぐれなくなり始める。そのサナトリウムの持ち主でもあるそこの主治医は、彼に休むよう助言する。彼は最後には7年間果てしなくとどまる。

リスクについての報告を読むことは、ほとんど同じ効果を持ちうる。より多く読めば、より多くのリスクを見つけることができる。やがては神経の疲れで倒れる。今週、特に不安をもたらす説明の2冊が出版された。(今月ダヴォスで会った)世界経済フォーラム(WEF)による「グローバル・リスクス2013」と、コンサルタント会社のユーラシア・グループによる「トップ・リスクス2013」だ。

強いウイスキーを浴び、「慢性的労働市場不均衡」と「気候変動緩和の予期せぬ帰結」についてこれらのページをかき分けることは、にもかかわらず価値のあることだ。これらの報告は、より良い計画やよりはっきりとした考えによって避けられうる危険について警告を発するだけではない。それらはまた、ある男にとっての崖は別のものにとってのはしごであるというビジネスの基本法則のために、機会も示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
トーマス・マン を購読