エコバンク

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

年金責任者は国境を越えた信頼を打ち立てることを狙っている - 南アフリカの社会インフラ

11月
08

ファンドはより広い投資を探る

南アフリカの国有の公共投資公社(PIC)は、その管理下に1兆ランド(1,140億ドル)以上を置くアフリカの年金ファンド管理者の巨人だが、その大陸中での投資を動かそうと計画している。

PICの社長エリアス・マシレラは本誌に、500億ランドに上る額を他のアフリカ諸国に展開しているその100年企業が、アフリカチームを募集しており、32か国で営業している汎アフリカ的なグループであるエコバンクの株式の20%の最近の2,500万ドルの買収を買い増そうとしている。

「我々は機会に突き動かされている。どの部門を優先するのか率直に言うのは難しい。」マシレラ氏は語る。「しかし、我々の見方は、経済的・社会的インフラ、通信、電力、道路、ダム…に影響のあるものは、我々が見ている種類のものになっている。」

南アフリカの国境を越えた焦点は、PICにその半分はアフリカのほかの部分に向けられるだろうその資産の10%までを母国外に投資できるようにした2010年の決定にまでその根をたどることができる。

その根拠の中には、南アフリカの経済成長が部分的にはその大陸の仲間の発展に依存するだろうというものがある、とマシレラ氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

銀行は新たな市場を追い求めてカネを追いかける - 南アフリカの金融拡大

11月
08

その大陸は世界で最も早く成長している経済のいくつかの故郷だ

スタンダード・バンクの子会社であるCFCスタンビックが今年南スーダンにその最初の支店を開いた時、それはその大陸中で拡大のペースを加速する南アフリカのより深遠な例を記録した。

アフリカでもっとも新しい国の南スーダンは、その大陸でもっとも未開発で最貧の国の一つだ。それは、独立を成し遂げて16か月後にも、その北の隣国スーダンとの急な武力衝突に入る売る緊張に、依然として悩まされている。

しかしながら、それは、特に石油といった原材料に富んでいる。CFCスタンビックのジュバ支店が公式に開店した時、スタンダード・バンク・アフリカの頭取のクリス・ニューソンは、南スーダンの天然資源の潜在力は「強い成長を駆動し、エネルギー部門、社会資本開発、そして農業で投資を惹きつけるよう期待された」、と語った。

その開店は、資産においてアフリカ最大の銀行で20%が中国のICBCに所有されているスタンダード・バンクが、南アフリカを除いてその大陸で17か国にその存在を拡大したことを意味した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
エコバンク を購読