南部アフリカ開発共同体

投票は踊る - ジンバブエの投票

10月
02

長く遅れた選挙は、今、心配なほどに急いでいるように見える

もし交通渋滞が活気の何らかの指針ならば、ハラレは繁栄している。ジンバブエの首都の地元政治家は、かつては通勤に20分かかっていたのが、今ではその倍かかっていると不平を言う。その国が7月31日の総選挙と大統領選挙に準備するにつれて、その経済は、2008年の3月の前回投票の時よりも、良い形をしている。当時、ハイパーインフレが吹き荒れ、モノは少なかった。いま、店はいっぱいで、価格は安定している。

その投票は、33年間の悪政の後でロバート・ムガベと彼のZanu-PFを追い出す、今までで最高の機会を提供する。しかし、そのかけ率は、もし選挙の準備がハラレの交通のペースで進んだのならば、小さくなるだろう。数週間前まで、さらなる改革への時間があるように、選挙は9月に起こると考えられていた。しかし、ムガベ氏は、早い日付を布告することにより、選挙への道を滑らかにする責任がある地域的組織の南部アフリカ開発共同体(SADC)に不意打ちを食らわせた。ジンバブエの憲法裁判所が投票を2週間遅らせるようにと言う訴えは、無効の宣言をされた。急いだ選挙は現職に有利だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そのワニに再びズルをさせるな - ジンバブエの選挙

9月
30

アフリカの他の指導者、特にジェイコブ・ズマが、ロバート・ムガベに説明させる時だ

ロバート・ムガベの33年間の君臨がついに終わるかもしれないことは、想像でき、それをより強く言うことは無邪気だろう。もし7月31日に予定される総選挙と大統領選挙がかなり自由で公平ならば、モーガン・ツァンギライと彼の民主変革運動(MDC)は、ムガベ氏と彼の暴力的で無能で腐敗したZanu-PFを打ち負かすだろうことを、証拠が示唆する。

2008年の前回、MDCは議会選挙に勝ち、ツァンギライ氏はムガベ氏を大統領選の1回目投票で気持ち良く打ち負かしたが、ごまかしと暴力によって挫折した。ツァンギライ氏が2回目投票から身を引き、それからムガベ氏がツァンギライ氏とMDCをぎこちない連立政権に参加させるよう強いられすらしたのは、200人強のMDCの運動家が殺された後になってからでしかなかった。今回、Zanu-PFによる散発する暴力と、すべてがムガベ氏やその党と共謀した軍、警察、国有メディア、裁判所、選挙管理委員会、そして有権者登録管理者の努力にもかかわらず、ジンバブエの人々は、薄いけれども、その年老いた独裁者を追い出す可能性を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはただ諦めない - マダガスカルの選挙

9月
07

古い衛兵はその国の政治的見通しを破滅させることを決めたようだ

それはすべてとても望みがあるように見えた。2009年初めのクーデター以来4年間の政治的忘却の後で、マダガスカルの大統領選挙への日付がついに決められた。7月24日だ。国連がそれを裏書きした。欧州連合は資金を提供している。そして、南部アフリカ開発共同体(SADC)は、クーデターで追い出されたマーク・ラヴァルマナナも、クーデターを起こしたアンドリー・ラジョエリナも出馬しないだろう協定を仲介した。しかし、それから、追い出された大統領の妻ララオ・ラヴァルマナナが、彼の色で出馬するのを決めることで、ぶち壊しにした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロバート・ムガベの最後の一投? - ジンバブエ

3月
20

新憲法の裏書は新しい選挙を予知するが、ロバート・ムガベと彼の党がほかの誰かが勝つことを許すかどうかは不確かだ

1年以上の停滞と非難の後で、モーガン・ツァンギライとその民主変革運動(MDC)との不幸な連立与党に閉じ込められたロバート・ムガベ大統領と彼のZanu-PF党は、3月16日に新憲法についての国民投票を開くことに合意した。すべてのジンバブエの主要政党がその文書を裏書きしたので、それが大多数によって採用されるのはほぼ確かだ。それはひいては数か月以内、確かに年末までには、総選挙と大統領選挙への道を敷いて当然だ。もしその選挙が自由で公平ならば、それらはついには89歳のムガベ氏の33年の君臨の終わりを記すかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ほかの人が到達していない気持ち良い部分 - 南アフリカの酒造業

11月
13

その大陸のもっとも新しい国でのSABミラーの冒険

イアン・アスルワース=エルヴェイが南スーダンの最初の醸造所を立ち上げるというミッションを引き受けた時、彼はテントの中に入った。9か月間、そして一晩320ドルでだ。

SABミラーの子会社である南スーダン・ビヴァレッジのその南アフリカ人管理者は、ほとんどすべてがまだ建設されていない場所へ入ることの困難を払いのける。

「私は、南スーダンが世界中のほかのどんな発展途上国と比べてもいかなる大きなリスクをもたらすとは考えていない。」彼は語る。「物事はここではただより簡単に簡単になっているのだ。」

南スーダン人は、アルコール禁止の北のハルトゥームの体制から分離することに2011年1月に投票した。

現在、南アフリカはほかのアフリカに対する最大のアフリカの投資家だが、その南スーダンの拡大は未知の領域への珍しい襲撃を記録する。

「過去10年間にわたって南アフリカからの安定した流出のしたたりがある。」シティのサブサハラアフリカのストラテジスト、レオン・マイバーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リンポポ川の北で機会が差し招いている - 南アフリカからのアフリカ投資

11月
07

通信会社、小売、そして醸造業者が投資の跡を示している

それほど遠くない過去に、南アフリカのほかのアフリカへの最高位の輸出品は、アパルトヘイト後に傭兵や民間安全保障コンサルタントとして仕事を見つけた元特殊部隊の隊員だった。彼らが戦っていなかったとき、少なくとも国内や国際的な悪口が彼らのやっているような事業を禁止するよう法の変更を促進するまでは、彼らは確かに大陸の問題を抱えた場所のバーで時間をつぶすのが見られた。

今では、その大陸でもっとも浸透したホテルのロビーで、南アフリカのスーパーマーケットのマネージャーに出くわすことの方がよりありそうだ。

中国、インド、ブラジル、そしてほかの新興国のように、南アフリカはその大陸の好況を利用しており、比較的成熟した国内市場を越えて拡大しようとしているそこの会社は新たな利益源を北に見つけている。その国の経済は、1994年の白人少数派から黒人多数派支配への移行に続いて、国際的な制裁が解除され開放された後の数年間で事業が復活するにつれ、徐々に成長し始めた。アフリカ中からの経済的移民や事業家たちが群れを成してやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

南部アフリカ開発共同体 を購読