カウフマン財団

クレイジー・ダイヤモンド - 起業家育成

9月
27

真の起業家は、価値のないものに価値を見つけ、不可能の中に可能性を見つける

起業家精神は、現代の賢者の石だ。成長を押し上げ職を作り出す秘密を持つと想定される謎めいた何かだ。G20諸国は、年次の若者起業家サミットを開く。130国以上が世界起業家週間を祝う。ビジネススクールは、どのように起業家になるかについてのかなり人気のあるコースを提供する。経営学者たちは(しばしば矛盾して)起業家へのガイドを作る。デヴィッド・ガンパートは『How to Really Create a Successful Business Plan:成功する事業計画を本当に作る方法』と『Burn Your Business Plan:お前の事業計画を燃やせ!』の両方を書いた。

しかし、(「事業」のより長い言い方とは別に)起業家精神とは正確に何なのか?そして、いかにして政府はそれを奨励すべきなのか?政策立案者は経営学者と同じように混乱している。彼らは、それらが新技術を意味しなければならないと仮定する。だから、彼らは新しいシリコンヴァレーを作りだそうとしている。さもなければ、それは小事業についてだ。だから、彼らは新興企業を育てることに焦点を当てる。どちらの仮定も間違っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

リヴァプールからの視点 - 起業家クラスターの作り方

3月
26

起業家クラスターは作るよりも殺す方が簡単だ。政策立案者はこれを覚えておくべきだ

3月13日に3,000人の人々が年次の世界起業家会議に集った。彼らは、ヴァージングループのリチャード・ブランソン卿の「ねじ込め、それをしよう。」と題した講演を聴いた。彼らは、テスコの元社長のテレンス・リーヒー卿のいかにして「中にいる勝者」を解き放つかについての話を聞いた。そして何よりも、アルバニア人がエジプト人と、ガーナ人がラトヴィア人と、といったように猛烈にネットワークを作った。このすべての起業家礼拝の場所は、リヴァプールだった。

リヴァプールで起業についての会議を開くことは、リヤドで女性の権利についての会議を開くことのように少し聞こえるかもしれない。その町は、とても違った価値の集まりとしてかたく認識されている。英国人ならみんな、仕事嫌いとされるスカウサー(リヴァプール人)について豊富な冗談を言うことができる。スーツを着たスカウサーをなんと呼ぶ?被告人さ。スカウサーのラップトップは何?ピザだよ。などなど。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業する年配者

3月
06

新しい事業を始めるのは、たとえ今ではそう見えるにしても、若者の専権事項ではない

「スーツを着たなまけもののやつ」は、レナード・コーエンが自分でその最新アルバム「Old Ideas」を表現したものだ。コーエン氏は確かに、ステージの内外でスーツを着るのが大好きだ。しかし、怠け者は少し厳しいようだ。彼は、その生まれ故郷カナダでの普通の退職年齢を12年超えた77歳だ。しかし、彼がギターを置く兆候は無い。彼は2008-10年をツアーに費やし、その75歳の誕生日をバルセロナでのステージで迎えた。「Old Ideas」は広い賞賛を勝ち取った。コーエン氏は、次のアルバムのためにたくさんの曲を書いたという。

1960年代に、ポップは若者の仕事だった。ザ・フーは歳老いる前に死にたいと望んだ。ボブ・ディランは、「やせっぽちのバラード」でジョーンズ氏のような中年の堅物を叱った。しかし、今では年齢は成功への何の障害にもなっていない。ローリング・ストーンズは60代になっても依然としてツアーに出ている。ボブ・ディランは、声はともかくとしても、その作曲能力はそのまま生き延びている。ポール・マッカートニー卿は歌い続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らの庭を手入れする - 新興企業

3月
05

起業家は仕事を生み出すが、それは彼らのおもな効用ではない

オースティンの下町のWホテルの会議室に一人の男が入る。その整ったスマートな小声の男は、ビジネスを語る。赤く、太った、スポーツコートを着たトレーナーたちはウインクをする。新しいビジネスだ。

「この国の隅々で素晴らしい新興企業が立ち上がっている。」問題の男、スコット・ケースは語る。彼は、民間部門の資金や助言者を円滑に使うことができるようにすることによって起業家を育てるのを助ける、非営利団体、新興企業アメリカパートナーシップのボスだ。その考えは、これらの若い会社が成長するにつれ、彼らは新しい仕事、よい仕事と、それに関わる経済活動を作り出し、共同体全体を豊かにするというものだ。新興企業のいくつかは、飛び跳ねながら成長する「ガゼル」かもしれない。

起業家精神に焦点を当てたシンクタンク(で、ケース氏のパートナーシップに初期資金を提供した)カウフマン基金は去年、新しい企業がアメリカで毎年だいたい300万の仕事を生み出していると説明した報告を発表した。1980-2005の間に、その国の民間企業が同じ期間に生み出したことのできたのと同じだけの4,000万の純粋な新しい仕事に貢献した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈滞期、新興企業

1月
11
起業家や経営者への景気後退の影響はとても大きい
 
経済沈滞期に設立された有名企業の一覧は長く多様だ。その中には、GM、AT&T、ディズニー、MTVなど、すべて景気後退期に設立された企業が含まれる。2009年のある研究によると、フォーチュン500の会社の半分以上は下降期か弱気の市場の時期に始まったという。景気後退は、会社を始めるのに、全体として悪いときではないのかも知れないようだ。実は、不景気(と好況)は、普通認識されているよりも、事業の展望に長い陰をもたらす。それはビジネス形成率といかに既存の会社が経営されるかの両方に影響するからだ。
 
景気後退は、ヨーゼフ・シュンペーターが呼ぶところの「創造的破壊」である生産的な経済撹拌の過程を加速すると論ずる者もいる。破壊の部分は簡単に見ることが出来る。下降は、墓標として大通りの窓を板張りにして、事業を殺す。しかし、景気後退はまた、新事業の創造をせき立てる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学の挑戦

12月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む
カウフマン財団 を購読