AQIM

聖戦の言語 - イスラム過激主義

3月
17

イスラム過激派は、特にオンラインで、ますます多言語の房になっている

アラビア語は長い間イスラム過激派のゆるぎない言語だった。その話者はほかのどの言語集団のりもはるかに多い数がいる。アラブの地はもっとも成果の上がる求人場所だ。アラビア語なしでは、初心者は訓練キャンプや戦場で苦労するかもしれない。そして流暢さは信心深さを意味する。コーランの言語はまた、学びと知恵を含む。

しかし、かつて単一言語の世界だった聖戦は、ますます多言語になっている。アル=カーイダは長い間、自発的な独立したテロリスト組織を作り出すことを提唱している。素材は、ムスリム少数派やゆえに潜在的なシンパを持つ世界のどんな部分の言葉でも作られている、と暴力過激主義の専門家トーマス・ヘグハマーは語る。翻訳は、聖戦士の指導者たちが更なる活動をしたいと思っている国の言葉に表れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪くなっている - ナイジェリアの困難

7月
22

イスラム過激派集団は、かつてないほどに死に至る影響力を持つようになっている

ナイジェリアの北部と中部の暴力は悪化している。過激派イスラム集団のボコ・ハラムによる、教会へのますますひどい攻撃は、キリスト教徒とムスリムとの脆弱な関係を痛めている。教会への攻撃は、ボコ・ハラムにとって新しいことではないが、それはその注意を、二つの宗教が混じっており、しばしば獰猛な報復を掻き立てるナイジェリアの「中間帯」にその目標を向けている。キリスト教の指導者は、その信者の忍耐が「切れるだろう」と警告している。

両宗教がまじりあった街ジョスで7月7日に起こった激しい戦いは、少なくとも63人の人々を殺した。1日後、一人のナイジェリア議員と何人かのほかの哀悼者が、集団葬の間に銃を置いた。その町の一部は、今では日暮れから夜明けまで夜間外出になっている。ボコ・ハラムは7月10日にそれが攻撃の裏におり高官を殺し続けるだろうという声明を発表した。それは、キリスト教徒が、イスラムを受け入れるまで、「再び平和になることはないだろう」と脅した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちの恐ろしい新たな前線 - マリでの文化的攻撃

7月
19

過激派イスラム教徒はその地域と古いアフリカの遺産を脅かしている

木の板に三日月形の金属枠があしらわれたトンブクトゥのシディヤヤモスクの主要な門はこの世が終わる時にだけ開くという伝説があった。暗喩的な意味で、北部マリの古代からの貿易拠点を今支配しているアル=カーイダに明らかにつながったイスラム民兵が、今その町に攻撃を浴びせているということだ。7月2日から、彼らは、住民を恐れを伴って仰天させた宗教的熱意に触発された街全体での文化的蛮行の一部として、「その謎を破壊するために」つるはしとショヴェルで古い入り口を叩き壊している。他に破壊されたものは、8つの霊廟と多数の聖者の墓がある。さらなる破壊が恐れられている。

「みんながイスラム主義に怒り狂っている。」幸福な時代のツアーガイド、アサーヌ・トラオレは語る。「それはまるで、彼らが我々の体の一部を叩き切っているようなものだ。」住民の中には、トラオレ氏が言うところの「ひげもじゃの奴ら」に対してデモをしたいというものもいるが、多くは恐れている。その全盛期にトンブクトゥは、金、象牙、塩、奴隷の、サハラをまたいだ交易からの税金で豊かになった、学びの中心だった。さまようスーフィの神秘主義がイスラム以前の信仰と融合した時、それは「333人の聖人の町」として知られるようになった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

神聖ではない同盟 - マリの分離

6月
04

トゥアレグの反乱軍とアル=カーイダは北に獰猛な新しい国を作るために合同する

銃声が夜の静寂を切り裂いた。何週間にもわたって、ガオとトンブクトゥという古い砂漠の町の住民は、ライヴァルのトゥアレグの反乱軍が衝突するのを恐れてきた。1月から3月の間に、彼らは一緒になってマリ軍に対する破壊的に有効な作戦を行い、その最後の軍隊が4月の初めに立ち止り、アザワドと呼ばれる独立国家を宣言した。しかし、対抗意識がそれから燃え上り、無法と党派心がそれ以来広まっている。

5月26日に破裂した機関銃が、住民をあわてて避難場所に送った。しかし、その射撃は祝福のためだと判明した。そのフランス語のイニシャルMNLAで知られる世俗集団アザワド解放民族運動は、地元で支配的なAnsar Eddine(信念の守護者)と呼ばれる集団からのイスラム原理主義者と取引を成立させた。その二組は軍隊を合同し、暫定政府を立ち上げることに合意した。平和がやってくるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダは下り坂だが、なくなったとはとても言えない - ジハーディスト・テロリズム

5月
02

中核部分は打ち負かされているが、提携者は戦いを継続している

数字が物語を教えてくれる。アメリカの反テロリズム作戦は、徐々に、アフガニスタンやパキスタンの部族地帯から、イエメン、ソマリア、そしてアフリカのほかの部分に移っている。たった6週間で、イエメンでのアラビア半島のアル=カーイダ(AQAP)に対する無人機攻撃は、約90人の戦士たちを殺している。ウェブサイトのロング・ウォー・ジャーナルによると、シャブワ県アザン地区で5人の戦士を殺したと考えられている今週のものを含んで、アメリカは4月に4つの攻撃を始めたという。3月に、アメリカは、おそらくその地域の依然として秘密の新しいCIA飛行機基地から飛び立ったプレデターかリーパーの無人機で、4つの攻撃を行った。

それは、南北ワジリスタンの聖域にある、「中核的」アル=カーイダに対する無人機攻撃の速度が落ちていることと対照的だ。今の傾向では、2010年のピーク時の117回の攻撃に比べると半分になる、前年比1/3減になるだろう。その年に、彼らは800人以上の反乱者とテロリスト(そして14人の市民も)を殺した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手早い処理 - マリの偶発的な独裁者

4月
14

信じがたいクーデターの長は、いらだった国で次に何をするかを理解しなければならない

三日月のもとで、ドレッドヘアをし、まばゆい紫のマントをまとい、白いモカシンを履いた大きな男が、マリの新たな中枢となった家の階段を上った。彼は、今ではカチにいるみんなが大統領と呼んでいる軍司令官に呼び出された、西アフリカの聖者であるマラブーだった。アマドゥ・サノゴは、40歳の職業軍人で、彼の信じがたいクーデターは、うわべだけだとしてもアフリカでより模範的な民主主義の一つをひっくり返した。この夜、彼は精神世界からの強さを求めた。

彼は、彼が得ることのできるどんな助けも必要とした。3月21日、サノゴは、首都バマコの少し北にあるシンダーブロックのバンガローの活気のないコミューンであるカチの駐屯地で反乱を率い、それはクーデターまで激しくなった。彼は今、たとえ抵抗者が行進し、公的な人物が民主主義の死を嘆き、そして最も険悪なのは(リビアのムアンマル・カダフィの崩壊した政権からの武器で武装し、アル=カーイダとつながった民兵に支持された)トゥアレグの反乱軍が国の北部で破壊的な電撃戦を行っている時ですら起こっている、国際的な非難と経済的そして軍事的支援の中断に、いかにして対処するかを練らなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北部マリでの2012年反乱

3月
20

通常2012年トゥアレグ反乱として知られる北部マリでの反乱は、2012年1月にサハラ砂漠のアザワド地域のトゥアレグや他の人々によって、マリ政府に対する分離主義反乱として始まった、継続中の事件だ。それはアザワド解放民族運動(MNLA)に率いられた、かつては遊牧民だったトゥアレグの人々によって、少なくとも1916年までさかのぼることのできる一連の反乱の、直近の具現化だ。MNLAは、かつての反乱軍や、リビア内戦でリビア国民評議会かリビア軍かのどちらかで戦っていた重武装のトゥアレグ戦士の大量の帰還兵によって形成されている。MNLAはそれには非トゥアレグの人々も参加しているという。

背景

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

AQIM を購読