3M

革新の巨人 - 巨大科学とビジネス

6月
16

ビジネスは巨大科学から何を学ぶことができるのか?

技術的な偉業として、アトラスはいくらかの打撃を与える。それは世界最大の顕微鏡で、物質の根本構造を探るためのジェノヴァのそばにある巨大研究所であるCERNの物理学者に使われている。その、全長45メートル、高さ25メートル、そして重さがエッフェル塔と同じだけある樽型の本体は、スイスの田舎の地下100メートルの洞窟の中で、ジャンボジェットに入っているものの倍近くの数の10メートルの部品から組み立てられた。それは、ツイッターが生み出すもの以上のデータを毎日生み出す。

それはまた、特筆すべき組織的な達成だ。その部品は、何十もの組織からの何百人もの科学者と技術者によって設計された。それらは、その後に、4つの大陸からの400強の業者から、4.35億ドルで調達された。どの時点でも、その実験は38か国の175の機関からの3,000人を超える研究者を巻き込んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

本棚をたたむ - 電子貸出と公共図書館

4月
17

電子書籍は公共図書館と出版社へのどんでん返しを意味する

サンフランシスコの主要な公共図書館を塗りつぶしているのは、以前その図書館の目録に乗っていた5万枚のインデックスカードだ。それらが参照する大きな本もまた装飾品になっているかもしれない。図書館の常連客は収蔵書をオンラインで検索できるだけでなく、彼らは図書館を訪れることなく電子書籍を借り出すかもしれない。図書館司書にとって、「電子貸出」はデジタル時代の自然な提案だ。出版社と本屋は、それが彼らの事業をほどくかもしれないと恐れる。

書籍取引における図書館の影響についての心配は新しいものではない。しかし、書籍が読者の下に簡単で素早く到達することができるようにするデジタル装置が、それらを激しくしている。大出版社マクミランの社長ブライアン・ナパックが2011年に言ったように、その恐れは図書カードを得た人が「再び本を買う必要がない」ことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きくて賢い

12月
31

なぜ大企業はしばしば小さな企業よりも革新的なのか

酒飲みは大きくも賢くもない、という人がいる。英国のコミックのVizは、ある読者からの手紙でその討論を解決した。彼は、「私は毎日15パインツを飲み、6フィート3インチの身長で、理論物理学の教授だ。」と言ったのだ。しかしながら、大きさと賢さについての別の問題はまだ解決されていない。大企業が革新の最もよい触媒なのか、それとも小さな会社の方がよいのか?

このコラムがその名にちなんでいるヨーゼフ・シュンペーターはその両面について論じた。1909年に彼は小さな会社の方が革新的だと語った。1942年には彼は考えを変えた。大企業の方が新製品に投資するインセンティヴをより多く持っていると決めたのだ。なぜなら大企業はより多くの人々に新製品を売ることができ、より多くの報酬をより早く手に入れることができるからだ。競争的な市場では、発明はすぐにまねされるので、小さな発明家の投資はしばしば元を取れない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗すればするほど、うまく失敗できる

4月
22

失敗をうまく管理すれば会社はそれから多くを学ぶことができる。

ビジネス作家はいつも成功の祭壇を崇拝してきた。トム・ピータースは「In Search of Excellence」でスーパースターになった。スティーブン・コヴィーは「成功する人の7つの習慣」で1,500万部以上を売り上げた。マルコルム・グラッドウェルは彼の3番目の本「Outliers」に「成功物語」という賢い副題をつけた。この成功への執着は、最新流行のマネジメントをいっそう目立ったものにした。「ハーヴァード・ビジネス・レヴュー」の4月号は失敗の特集で、他の投稿者とともにP&Gの成功した前社長のA.G.ラフレーを取り上げ、「成功よりも失敗からより多く学べる。」と宣言した。最新のイギリス版のWeird誌はその表紙で、「最初に失敗し、それから成功しろ。ヨーロッパの会社がシリコンヴァレーから学ぶ必要があること。」と銘打った。コンサルタント会社のIDEOは「早く成功するためにたくさん失敗しろ。」というスローガンを作り出した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
3M を購読