メレス・ゼナウィ

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少しなら、自由にデモをどうぞ - エチオピア

8月
16

エチオピアでの政治デモはより大きな自由を布告できたのか?

珍しい政治デモのちらつきが、6月2日にそれがなければ厳しく統制されたエチオピアの首都アディスアベバの街路を彩った。デモ参加者は、平和的に町を通って行進し、多くは投獄された愛する人々の写真を持っていた。のちに彼らはその首都の主要な大通りであるチャーチル通りに集まり、そこで彼らは新しい闘争が始まったと言われた。野党Semayawi(青)党の議長Yelekal Gerachewは、政治犯の解法を要求し、失業と腐敗を攻撃した。

活動家は、1万人もの人々が参加したと主張する。政府高官は、その数が4,000人近くだったという。本当の数字が何であれ、それは、選挙操作への不平の中でのデモが暴力的に抑圧され200人近くの非武装のデモ参加者が亡くなり何千人もが逮捕された2005年以来エチオピアで最大のデモだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

王様万歳 - エチオピアを支配する

3月
15

エチオピアの新たな指導部は、英雄崇拝を実行している

20年間エチオピアを運営していた間、失われた運動からモデル生徒までのその上昇をメレス・ゼナウィがほぼ一人で行った。彼の敵でさえも、彼が人気と能力を兼ね備えていたことを認める。しばしば昼夜を問わず働き、彼は複雑な政策選択をし、それらを普通の人々に説明することができた。彼は、道路建設から反対派の抑圧まで、すべてを注意深く計画した。彼自身の逝去を除けば。

それは、57歳での病気の後に6か月前の8月20日にやってきて、その国をフラフラにした。知られているように、メレスはとても多くの権力を握っていたので、多くが彼の死が政治的混乱と経済的下降を惹き起こすだろうと心配した。彼だけが、兵士たち、金貸し、エチオピアの人々、そして西側の信頼を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

独裁制を受け入れられるようにしようとしてきた男 - エチオピアの首相

9月
13

アフリカで最も成功した実力者の一人の後に何が続くのだろう?

エチオピア首相のメレス・ゼナウィの8月20日の死は、彼の作り出した国について多くを明らかにした。彼の病状の詳細は、最後まで秘密のままだった。1日遅れで、国営テレビでの短い放送が、エチオピア人に過去21年間の彼らの「ヴィジョンのある指導者」が亡くなったことを知らせた。彼は、外国のどこかでの特定できない「突然の感染」によって亡くなった。その首相が最後に大衆の前に姿を現してから2か月間、彼の病気を報道したたった一つの新聞はパルプにされ、その事務所は閉鎖され、その編集者は逮捕された。メレス氏の死についてのさらなる詳細は、EUの高官が彼がブリュッセルの病院で亡くなったことを確認した時だけ表に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バイバイ、ビッグマン - メレス・ゼナウィのあとのアフリカの角

9月
09

そのもっとも有能な指導者の経歴からの、アフリカの最も困難を抱えた地域への教訓

幾つかの国は調和に苦しむ習慣を持っている。バルカンやコーカサスのように、アフリカの角の民族的に多様な国はしばしばお互いに影響を与える。エチオピア、スーダン、そしてソマリアはすべて内部紛争と国境をまたいだ無秩序にあふれている。今週の二つの歴史的な事件がその角の歴史に今新しい章を開くかもしれない。どちらもより大きな政治的開放と繁栄に向かった道を開きうるが、西側が正しい道に圧力をかければだ。

最初の事件は、記憶にある中で最初の議会を招集したソマリアで起こった。しばしば戦っているすべての地域と部族からの代表が、最近解放された首都のモガディシュで会った。彼らは今、不完全にしても競争的な投票で大統領を選ぶことを期待されている。全国選挙が次の議題だ。リスクがあるのは明らかだ。多くのソマリアの政治家は犯罪者だ。そして、最近まで国のほとんどを支配していたイスラム過激派民兵のシャバブは脅威のままだ。しかし、ソマリアは、たぶん、1991年にシアド・バーレを追放した後でそれが血なまぐさい戦いと頻繁な飢饉に身を落として以来、包括的な政府を見つける最善の機会だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もしメレスもいけば… - エチオピア

8月
17
エチオピアの大物の報道される悪い健康が神経をいら立たせている
 
エチオピアの普通ならば精力的な首相のメレス・ゼナウィは、6月半ばから人前に姿を現していない。G8やG20といった大きな会議に定期的に招待された彼は、しばしば「アフリカの声」と考えられている。しかし、彼は、とりわけ自国の首都のアディスアベバで開かれた今月初めのアフリカ連合の首脳会談に欠席した。彼の政府は、最初にベルギーの病院で彼が重大な病気に臥せっていたというのを否定してから、病気休暇を発表したことによって不確かさを加えた。ある週刊紙が彼の健康についての記事を発表しようとした時、当局はその報道を止めた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

メレス・ゼナウィ を購読