ディズニー

現金箱は生きている - ミュージカル劇場

6月
25

ミュージカル事業は、かつてないほどに、大きく、地球規模に、途方もなくなっている

メル・ブルックスの映画『プロデューサーズ』の中で、二人の男たちが、失敗作から富をなそうと企む。彼らは、その中の株をすべて、何回かにわたって売ることによって、ミュージカルを行うのに必要な以上の資金を調達する。それから彼らは史上最悪のショーを作ろうとした。『春の日のヒトラー』だ。彼らはそれが一晩で終わるだろうと推測し、投資家は存在しない利益の分け前を要求しないだろうから、彼らはカネを持って姿をくらますことができるだろうと考えた。恐ろしいことに、観衆はそれを好きになった。

ミュージカルは、現実にも危険が大きい。だから、ショービジネスの実力者デヴィッド・ゲフィンが10年前に彼の映画をミュージカルに変えようとブルックス氏に近づいた時、彼は二の足を踏んだ。ゲフィン氏は、それは頑張る価値がある、と彼を説得しようとした。彼はミュージカル『キャッツ』で、今まで作ったどの映画よりも多くの金を稼いだのだ。これがブルックス氏に勝つのに役立った、と彼の弁護士のアラン・シュワルツは語る。彼らは『プロデューサーズ』をブロードウェイに持ち込んだのだ。ブルックス氏は大金を稼いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

所有者に力を - 株主の権利

4月
09

活動家株主がバリケードを登るのは正しいが、政治家がボーナスに上限をはめるのは間違っている

最近まで、会社の年次株主総会についての唯一の予測できないことは、前菜の種が「イエス」投票の後に出されるだろうか、と言うことだった。これが変わり始めている。上場企業の経営陣は、まだ「株主の春」の話を正当化するほどには頻繁ではないけれども、今は時々投票に負ける。だが、いまアメリカで行われている年次の株主総会シーズンは、かつてないほどに活気のあるものになりうる。アップルとディズニーの社長は、彼らの戦略だけではなく、報酬についても非難を浴びている。活動家株主は行進中だ。

良いころあいでもある。株主は会社を所有している。経営者や役員は彼らに仕えるべきだ。もし所有者がその使用人のやり方が気に入らなければ、彼らはそれについて何かする権利がある。会社が経営されるやり方を改善しようとすることは、それによって不満を持った株主が単にその株を売る伝統的な「ウォール街のやり方」よりも建設的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

良いサーヴィスの魔法

10月
17

会社は、「最高顧客責任者」がより良いサーヴィスを提供することを望む。そう、正しい

顧客は王様だ。だから、企業の中にはよりよく注意して王様に仕えるために最高顧客責任者(CCO)を任命し始めているところもある。(すでに混雑している)最高級重役へのこれらの新たな追加は、顧客の視点から事業を見るよう想定されている。彼らは、個々の取引よりもむしろ全体的な「顧客経験」に焦点を当てようとしている。CCOは多くの助手を持っている。Salesforce.comは、そのCCOを助けるために「人生にわたる顧客担当副社長」を持っている。データストレージ会社のNetAppは、「顧客提言担当副社長」を持っている。技術大企業のシスコは「顧客聴取担当部長」を持っている。投資会社のヴァンガードは「顧客の声グループ」を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それをまた演奏する - レコード上のバッハ

10月
03

書評:Reinventing Bach  by Paul Elie

1955年に、カナダ人天才鍵盤奏者のグレン・グールドは、ヨハン・セバスティアン・バッハの彼の解釈に注意し、その作曲家の「ゴルトベルク変奏曲」の偶像的な録音をした。それは初めて商業的に長時間演奏されたレコードの一つで、音楽を録音再生する最新の技術を使っていた。その直後に、彼は、音楽家の評判が一義的にコンサートホールで作られていた当時としては目立って勇敢な決定である、ライヴ演奏をやめ完全に録音に捧げるということを発表した。グールドはやり通し、彼の経歴は栄え続けた。CDが黒いレコードにとってかわる直前の1981年に、彼は翌年の自らの50歳の誕生日を記念するために、同じものを再び録音した。批評家たちはそれを賞賛するのにひどく熱心になった。彼は、生涯のほとんどを通して悪い健康と精神的問題に悩まされながら、それが発売された数日後に亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈滞期、新興企業

1月
11
起業家や経営者への景気後退の影響はとても大きい
 
経済沈滞期に設立された有名企業の一覧は長く多様だ。その中には、GM、AT&T、ディズニー、MTVなど、すべて景気後退期に設立された企業が含まれる。2009年のある研究によると、フォーチュン500の会社の半分以上は下降期か弱気の市場の時期に始まったという。景気後退は、会社を始めるのに、全体として悪いときではないのかも知れないようだ。実は、不景気(と好況)は、普通認識されているよりも、事業の展望に長い陰をもたらす。それはビジネス形成率といかに既存の会社が経営されるかの両方に影響するからだ。
 
景気後退は、ヨーゼフ・シュンペーターが呼ぶところの「創造的破壊」である生産的な経済撹拌の過程を加速すると論ずる者もいる。破壊の部分は簡単に見ることが出来る。下降は、墓標として大通りの窓を板張りにして、事業を殺す。しかし、景気後退はまた、新事業の創造をせき立てる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ディズニー を購読