エネルギー政策

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ガスの上の足 - 日本のエネルギー安全保障

10月
10

核危機は日本の外交政策の優先順位の再形成に役立つ

日本の政府がどれだけ長く生き延びることができるかについての疑念が高まり、2030年代の終わりまでに原子力から脱却するという先週のその決定は、半焼けのように見える。はたして、9月19日にそれは、建設中の少なくとも二つの原子炉が2050年代まで操業可能なままにすることによって、締め切りを見せかけることを取り下げた。

そのあいまいさは、首相の野田佳彦が近いうちに行うと約束した総選挙に大きく関係する。2011年3月の福島核災害以来、大衆の意見は核エネルギーに強く反対に変わっている、と世論調査は指し示す。しかし、大企業はもしその脱却があまりに早く起これば、日本経済は傷つくと論ずる。原子力発電所を持っている地方政府も、その戦略について不平を言っている。

今のところ、その政府の政策は、実行するのにあまりに小心な脱却にリップサーヴィスをしているように見える一方で、エネルギーの代替源に先を争ってもいる。核災害の前ですらも、日本は液化天然ガス(LNG)の世界最大の輸入者であり、今、世界の産出の1/3を消費している。しかし、よい価格を担保するのと同時に信頼できる供給を確保することは、外交政策の頭痛になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

青からのヴォルト - 電力市場改革

6月
08
政府は電力市場の抜本的な改革を始める
 
1974年に保守党政権は石炭在庫が徐々に少なくなることを懸念して、電力を保つために週3日制を制定した。採鉱者による産業の反応が、当時不足の責任があった。今、政治家は、もしそのエネルギー部門の更新をすぐにしなければ、英国が再び停電に直面しうると警告する。そしてもしその警告が劇的ならば、電気が生産され取引されるやり方を変えるという政府の提案は、それに劣ることはない。
 
英国は今、非常に規制されていない、競争的なエネルギー市場を持っている。しかし、そのシステムをそのままにすることは、エネルギー大臣のエド・デイヴィが5月22日に起草原案を紹介した時注目したには、「国益に沿わないだろう。」ということだった。多くのその国の発電所は、非効率だったり、汚染していたり、古かったりするために、閉鎖に直面している。エネルギー会社は、新たな設備に投資するよりも、その資産を酷使する傾向にある。結果として、発電能力の20%程度は10年以内に動作しなくなる。英国はまた、多くの場合、商品をむき出しの外交の道具に使うロシアから、ますます輸入に頼るようになっている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
エネルギー政策 を購読