バハマ

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

貝殻と棚 ― 会社設立

4月
19

会社を作ることによって金を作る:世界化し、統合し、東に移っている別の産業

「会社設立」をオンラインで検索すれば、多くの選択肢が見つかるだろう。多くの設立代理人と呼ばれる人々が、オンライン取引に精を出し、会社、信託、そして基金を、安くそして慎重に、最小限の不満(と時には最小限の書類)で、世界のほぼどこでも、設立することを提案する。顧客は、ただ望む会社をクリックし、おそらく銀行口座、オフショアクレジットカード、メール転送やレターヘッドといったいくつかのオプションを加え、それからチェックアウトに進むだけだ。たった349ポンド(560ドル)で、何の現地税もかからず、経営者や株主の情報公開の必要がなく、口座をファイルする必要もないセイシェルの会社を買うことができるのだ。スイスやルクセンブルグといったところでのより洗練された法人組織のためには価格は5,000ポンドに上がる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2回目は・・・ - 海からの電力

1月
13
海の熱は発電に使えるかも知れない
 
アメリカの官僚主義の標準によってでさえも、13年間なにも成し遂げることなしに動き続けることは印象的だ。しかし、それが1981年に開設され一度も許可を出すことのないまま1994年に閉鎖された海洋熱エネルギー変換(OTEC)許可局の運命だった。その事務局は、その国の宇宙機関NASAの海洋版であるNOAA、アメリカの国立海洋大気局の一部だ。そして、OTECの考えは、タービンを動かし発電するために海面と海底の温度差を利用するというものだった。その動機付けは1970年代の石油価格の急騰だった。しかしひとたびその動機付けがなくなれば、代替エネルギー源と最後にはその事務所への関心もなくなった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
バハマ を購読