ブルネイ

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ASEANでのすべての変化 - 東南アジアと中国

3月
05

今年の新たな管理の下での、穏やかな時への望み

東南アジア諸国連合(ASEAN)のもっとも熱心な支持者でさえも、去年がその10か国のグループにとってかなり悲惨だったと認めざるを得ない。その地域のふつう穏やかな合意方法にとってかわったのは、すべてその首脳会談でとてもおおやけに屈辱的に示された、けんかと口論の前例のない勃発だった。

そのすべての根は、南シナ海での中国の領有権主張についての議論だった。そのグループで中国に最も近く2012年のASEAN議長国だったカンボジアは、その同盟国の主張を押そうとした。これは、特にヴェトナムやフィリピンといった自身その領有権を主張するASEAN加盟国のいくつかからの厚くなった反応を惹き起こした。去年数週間にわたって、フィリピン海軍は議論になっているスカボロー礁のそばで中国艦船と緊張したにらみ合いに巻き込まれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

提携者たちと敵対者たち - アジアの貿易協定

10月
11

別の野心的な貿易協定が泥沼にはまっている

貿易交渉者にとっての締め切りは、聖アウグスティヌスにとっての純潔と自制のようなものだ。拘束する義務というよりも遠い熱望なのだ。だから、今年環太平洋経済協定(TPP)を終わらせるという目標が成し遂げられなかったのは、何の驚きでもない。この「21世紀型」地域貿易協定の9か国間での交渉の14回目は9月15日に終わった。12月にニュージーランドで開かれる予定の、そしてメキシコとカナダという新たな二か国が参加する次のものは、最後ではないだろう。

これは残念だ。世界経済は、大きな貿易協定がもたらすだろう押し上げとうまくやることができるだろう。ドーハ・ラウンドのもとでの世界的協定は、見通しが立たない。TPPは、まだ議会から「一括」交渉権を得ていないけれども、オバマ政権が前任者から引き継ぎ、突風のように流行った。アメリカの事業は、幾分かは中国との競争の仕方の一つとして、それに大きな望みを与えている。バラク・オバマは今週、車部品産業での申し立てられた補助金についてWTOへの訴訟を発表することによって、中国の貿易違反についてアメリカ人の間で広がっている認識に反応した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

分割された我々はよろめく - 危機にあるASEAN

9月
02

インドネシアは東南アジアの深まる裂け目をいやすことができるのか?

何十年もの間、東南アジア諸国連合(ASEAN)は、巨大な政治的経済的違いを持った地域に優しく首尾一貫性をもたらそうとしたので、世間の注目によるきらめきで困難に見舞われることなく、かなり非難のない存在を率いている。例えばヨーロッパ連合のような高みと悲惨な低みはASEANのものではない。そのすべては、今、突然変わっている。その45回目の誕生日に、新聞やブログはついにASEANに多くの注目を集めている。けれどもそれは賞賛というよりも失望によってより記録された。そのまさに生存を問うものすらいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

唇と歯のようには近くない - 中国とインド・ヴェトナム

10月
26
中国はインドがヴェトナムとの友好関係を深めていることを恐れるべきではない
 
中国の主権が問題になっているとき、北京の新聞のグローバルタイムスは気取った言葉を使わない。9月に、ヴェトナムがインドの国有石油ガス会社ONGCが南シナ海で中国が領有権を主張する水域で探索をするために結んだ契約は、「中国を限界に押し込む」だろうとガミガミ言った。しかし、今月、インドとヴェトナムは「エネルギー協力」の合意に達した。グローバルタイムスは、ヴェトナムがその共産党書記長グエン・フー・チョンが北京を訪れている間に中国との海洋の小競り合いを解決するための「グランドルール」について合意したたった1日後にそれが署名されたことに激怒した。いま、その新聞は「中国は、その立場を示し、中国に対するより向こう見ずな試みを妨げるために行動を起こすことを考えるかもしれない」と怒鳴る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺には無い理想郷 - 南シナ海は永遠の議論の地域になる

6月
14

中国とアメリカはアジア太平洋の安全保障についての雰囲気を作る。1年前、政策官僚と防衛高官がシンガポールのシャングリラホテルに集まり、その主題について年次「対話」を行ったとき、空気は冷たかった。アメリカの防衛大臣のロバート・ゲイツは、当時寒冷前線を掲げていた中国からの無作法な拒絶に不平を言った。会議に出席していたタカ派の中国戦略家は、非を認めず、アメリカは「中国を敵として扱っている。」と怒鳴った。

今年、6月4日に会議が再召集されたとき、シンガポールは連続する熱帯性の土砂降りで水浸しだったが、辞める間際のゲイツ氏は晴れ晴れした雰囲気で、中米関係の改善を讃えた。中国は、初めて防衛大臣の梁光烈を送り込み、ロンドンに拠点を置くシンクタンクの国際戦略研究所によって準備されたそのイヴェントを賞賛さえした。長々と演説をぶつ標準的な中国人軍人として、梁将軍は特に愛想良く、アメリカとの「協力的パートナーシップ」を讃えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ブルネイ を購読