経済学

巨人の一人 - ロナルド・コース

2月
09

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公共選択の声 - ジェームズ・ブキャナン

2月
07

1月9日に亡くなったジェームズ・ブキャナンは、政治的意思決定を示した

アメリカ人が議会よりも好ましいと判断するものの中には、調査会社のパブリック・ポリシー・ポーリングによると、大腸内視鏡検査、歯根管、シラミ、そしてフランスがあった。アメリカは、経済危機から政治的麻痺に至るまで、よろめいているように見える。それは、1月9日に93歳で亡くなった、ノーベル賞受賞経済学者で「公共選択論」の設計者であるジェームズ・ブキャナンにとってはほとんど驚きではなかっただろう。

ブキャナン氏は彼の分野で外れ値だった。彼は、政治哲学の真剣な繁栄のために、その職業が奉ずる複雑なモデルや数学を避けた(それにより彼を誤って軽量級だと退けるものもいる)。テネシー生まれの彼は、北東部のエリートを信用せず、彼の経歴のほとんどをヴァージニアの大学で過ごした。彼は、彼が深く主観的な問題だとみなしていた経済的費用といった変数への経済学の普通の扱いに挑戦した。彼は、啓蒙主義者の立場から100%の相続税といった異端を採用した。しかし、彼のもっとも偉大な貢献は、政治経済学の領域だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゼロサム議論 - 資本課税議論の新潮流

5月
16

経済学者は資本が課税されるべきではないという見方を考え直している

役員たちは、アメリカの法人税率が経済の弱さの責任があると激しく非難する。ミット・ロムニーの運動はバラク・オバマの「資本との戦い」の遂行を非難する。実際に、アメリカの資本への課税は過酷というよりも理解しにくい。(州と地方税を含んで)39.2%というその最高税率は豊かな世界で最高水準だが、抜け道のためにほとんどの会社は最終的に26.7%を支払っており、英国の実効税率の27.4%と似たようなもので、ドイツの31.6%より低い。アメリカのキャピタルゲイン課税は15%で、多くのほかの国よりも低い。そしてもし、ロムニー氏がより熱心な資本の守護者ならば、どちらの男も改革の必要性に合意する。これは戦いというよりも小競り合いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

説得、説得、考え、考え

4月
08

公共政策における行動経済学の使用は期待を示す

「フリーコノミクス」は、陰鬱な科学が、人々が現実世界でどのように行動するかについて何か面白いことを言うのだと一般に信じさせた本だ。しかし「ナッジ」は政策マニアを興奮させたものだ。2008年に最初に出版されたその本は、政府の効率性を改善するための行動経済学の潜在性についてだ。行動経済学者はすべての種類の心理学的、神経学的偏りが、人々に彼らの最高の関心に反するように見える選択をさせるということを見つけた。説得(ナッジ)の考えは、選択肢を異なったやり方で人々に示すことによってより良い決断に向かって彼らを導くことが可能だということを示す研究に基づいている。

その理論は、今テストを行っている。その本の共著者の一人、カス・サンシュタインは、バラク・オバマによってホワイトハウスに招聘された。ほかの共著者のリチャード・ターレルは、デンマーク、フランス、そしてとりわけ、デヴィッド・キャメロンがナッジ・ユニットとあだ名された行動洞察チームを立ち上げた英国といったいくつかの国々で、政策立案者に助言をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワシントンの制約

1月
24
経済学者はたくさんの考えを持っている。変化を生むためには、彼らは政治的に実現可能になるべきだ
 
米国経済学会(AEA)の年次総会は、大きな騒々しい分析会議のように機能している。世界経済は担架の上に載せられ、突き刺され、たくさんの条件に傷ついていると宣言された。しかし、経済学者は医者ではないという自覚は、その職業に入り込むことをゆっくりにさせている。医者は(間違ったものだとしても)治療法を提案し、それが行われることにかなり自信を持っているかもしれない。経済学者はそうではない。ユーロ圏の危機はひどい事例だ。問題を解決する考えはたくさんある。しかし、最善の政策は、不安定で不可解なヨーロッパ政治のために、決して日の目を見ることがないかもしれない。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

より陰鬱ではない議論 - 経済ブログ

1月
04

いくつかの分野ではブログが議論を安っぽくした責任がある。しかし、それらは経済学は豊かにした

「真実と欺瞞に取り組ませろ。自由で開かれた邂逅の中で真実が悪い方に置かれたことをだれがかつて知っているというのだ。」ジョン・ミルトンは1644年に自由な報道を熱烈に支持してアレオパギティカ誌の中で尋ねた。しかし、数回クリックしただけでブログが立ち上げられる時代に置いて、より多くの発言と選択が議論の質を上げることにみんなが同意するわけではないだろう。ハーヴァードの法学教授のカス・サンシュタインは、人々が自分の合意する見方だけを聞く「情報のまゆ」や「こだまの部屋」に逃げ込むことを許すことによって、ブロゴスフィアは政治家によって広く分かち合われている恐れである分極化を育てた、と論じた。フォーブス誌はかつてブログを「自由をまくし立てるが、嘘や中傷、毒舌を吐き散らずオンラインの私刑群衆のとても重要な舞台だ。」と呼んだ。

印刷の到来といった以前の出版革命も、矮小化と過激主義の似たような懸念を刺激した。しかし、政治的、科学的、宗教的な議論についてのブログの影響についてあなたがどう考えようとも、インターネットが経済学についての世界的な論議を安っぽくしたと論ずるのは難しい。反対にそれは改善したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アラン B. クルーガー

9月
07

アラン B. クルーガー

アラン・ベネット・クルーガー(1960年9月17日生まれ)は、プリンストン大学で経済学と公共問題でのベンドハイムの教授で、全米経済研究所のリサーチ・アソシエイトである、アメリカの経済学者だ。2009年3月7日に彼はバラク・オバマ大統領により、米国財務省の経済政策担当副長官に任命された。2010年10月には、彼は財務省を辞めることを発表し、プリンストン大学に帰った。彼は、IDEAS/RePEcによると、世界最高の経済学者50人の中に入っている。2011年8月29日に彼はオバマによって大統領経済諮問委員会の委員長に指名された。
 

幼少期

クルーガーはニュージャージー州リヴィングストンで育ち、1979年にリヴィングストン高校を卒業した。
 

経歴

クルーガーは、自然実験の方法を発展、応用し、教育の収入に対する効果や最低賃金の雇用に対する効果などの問題を研究した。

クルーガーは、最低賃金を引き上げたニュージャージーでのレストランの仕事とそうしなかったペンシルヴァニアでのそれを比べ、ニュージャージーでのレストランの雇用が増え、ペンシルヴァニアでのそれが減ったことを見つけた。その結果は後に粉砕された。

「テロの経済学:人はなぜテロリストになるのか(2007)」で、彼は、テロリストが貧困の教育を受けていない環境から来るという仮定に反して、彼らはしばしば中産階級の大学教育を受けた背景から来ると書いた。
1994-95に、彼は米国労働省で主席エコノミストとして働いた。彼は、カーショウ賞、マハラノビス賞そして(デヴィッド・カードと共に)IZA賞を受賞した。彼は、アメリカ芸術科学学会、労働経済学者会、そしてアメリカ政治社会科学学会のフェローである。彼は、チェコ共和国のプラハにある学術研究所CERGE-EIの幹部・監督者委員会(ESC)の委員である。

クルーガーはコーネル大学の産業労働関係学部で(優等で)学士号を取り、1987年にハーヴァード大学で経済学のPh.Dを取得した。彼はまた、教育、労働市場、所得配分といった問題に関連した多くの本を出版している。彼はまた、環境クズネッツ曲線についての彼の研究で知られている。2000-06に彼はニューヨーク・タイムスの経済シーンのコラムを担当した。

Wikipedia 英語版より
Original page was last modified on 2 September 2011 at 19:06.

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マイクロ・スコープ - バラク・オバマの新しい経済学者

9月
07

アラン・クルーガーが大統領経済諮問委員会の委員長に指名される

バラク・オバマがその職に就いた時、彼の優先順位は、経済を崩壊から守ることだった。ふさわしいことに、彼の最初の大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長は、1930年代の大不況のような問題を調査してきたマクロ経済学者のクリスティーナ・ローマーだった。

今、彼の第一期の最後の年が近づいて、オバマ氏の野望と策略の余地は縮んでいる。9月8日に彼が議会で演説する時、彼は、より小さな計画の詳細なリスト以上の大きな刺激策を要求しそうにない。適切なことに、8月29日に彼がCEAの委員長に任命した男は、アラン・クルーガーで、彼は、例えばどのように最低賃金がニュージャージーのレストラン労働者に影響するかといったことを勉強したプリンストン大学の経済学者だ。

経済は、たしかに、より多くの刺激策を要求するのを許すのに十分なほど弱い。問題は、下院を支配する共和党が単にそれを無視するだろうということだ。オバマ氏は、より小さな安い考えのより良い見込みを主張する。12月に期限切れになる予定の所得税減税と失業手当を延長し、中小企業に援助を提供し、運輸基金を再認可しおそらく拡大し、不動産借り換えを簡単にし、立ち往生した自由貿易協定と特許制度改革を通過させることで、全て幾らか債務を削減する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
経済学 を購読