音楽産業

私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

8月
25

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

何か歌うこと - 音楽

3月
31

この13年間で初めて音楽産業が再び成長している

カナダ人ヴォーカリストのカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」は、去年最もよく売れた曲だ。もしかしたら音楽産業にとっての底だと呼ぶべき時でもあるのか?国際レコード・ビデオ製作者連盟によって2月26日に発表されたデータによると、録音された音楽の売上は、2012年に、たったの0.3%ではあるが、1999年以来初めて伸び、165億ドルになった。

インターネットは音楽産業を沈めたが、今ではそれが再浮上するのを助けている。デジタル売上は、去年9%伸び、音楽産業の収入の1/3が今ではデジタルチャネルから来ている。ダウンロードストアはデジタル収入のほぼ70%を占める。音楽が演奏されるたびにロイヤリティを支払うスポッティファイやディーザーといった人気のある「ストリーミング」サーヴィスもまた、その事業を救う役に立っている。講読サーヴィスは、世界中で2,000万人の有料購読者を2012年に持っており、1年前から44%伸びた。さらに何百万人もが無料の広告付き版を使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

音楽を止めるな - HMV

2月
06

大通りの小売りの閉店は、誇り高い輸出産業を揺さぶる

数えきれない10代の若者がレコードやCDの棚をめくって回った。しかし、91年後、音楽ははるかに英国で最大の戸建ての音楽店を終わらせた、または少なくともマイナーキーでの予測できない最終章に入ったように見える。

1月15日に4,350人の従業員を雇うその小売業者は、自身を管理下に置いたと発表した。HMVは、カメラショップチェーンのジェソップ、DVDやゲームを貸し出すブロックバスターを含んだ大通りの犠牲者のパレードに参加する。しかし、HMVの労苦は、それが英国が世界の指導者である産業を揺さぶるので、最も強く反響する。

英国は大体世界の3%のモノと6%のサーヴィスを輸出するが、その国のアーティストは世界の音楽売り上げの約13%を占める。去年のアメリカの上位5作のアルバムのうち4作が英国のアーティストだった。本国では、深く突っ込んだ英国のソングライター、アデルによるアルバムの「21」が、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の売上を越えている。音楽の創造性の文化が明白な理由だが、他の理由としてレコードレーベルが国内のアーティストに投資し続けるよう促す英国の音楽小売市場の相対的強さがある。一人あたりで、英国人はアメリカ人のほぼ倍を音楽に費やす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユニヴァーサルのギャンブル - 音楽産業

7月
31

ある音楽業界の合併は、新たなモデル、さもなければ怠惰なマンモスを作り出しうる

賢いギャンブルは、いつつかみ、いつたたみ、そしていつ走るかを知ることを必要とする、とEMIのキャピトルレコードからレコードを出しているアーティストのケニー・ロジャースは、口ずさむ。ユニヴァーサル・ミュージック・グループが、去年11月にオークションにおいて12億ポンド(19億ドル)でシティグループから買ったEMIの音楽部門に、それほどまでの金をかけるほどに賢いかどうか首をかしげるものもいる。苦闘する産業の最も弱い部門にある会社にとって、それは大金だった。そして、アメリカとヨーロッパの規制者は、それをさらに費用のかかるものにするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

海賊行為を発見する - 違法ダウンロードとメディアの投資

8月
24

地元のメディア産業と世界的な文化貿易の影響で、ファイルシェアリングの率は国によって大きく変わる

今月初めに英国を席巻した暴動の間に、少なくとも二つの音楽店が略奪された。北ロンドンでは、CDやDVDを収めた倉庫が放火された。これは店主と地元の住民にとって衝撃的だった。しかし、英国のメディア産業は、陽気に注目するかもしれない。その製品はまだ刑務所入りのリスクを犯すほどの価値があると見られているのだ、と。多くの国では、略奪者が店から音楽や映画を盗むということを考えつくのは難しい。録音された音楽で満たされた倉庫が存在するということすら想像するのが難しい人もいる。

ファイルシェアリングサーヴィスのナップスターが最初に一般的になった2000年から、デジタル海賊行為がメディア産業につきまとってきた。徐々に海賊行為はより多様になり、洗練されてきた。いくつかの国では、P2Pネットワークでファイルを交換するよりも、人々は今では彼らの略奪品を秘密の「サイバーロッカー」に隠す。ブロードバンドのスピードが上がるに連れ、海賊行為は1曲をダウンロードすることからアーティストの全曲をひったくるようになっている。著作権侵害のテレビショーや映画をオンラインで見ることもより一般的になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタル・リマスター - 音楽と技術

6月
15

録音音楽業界はその敵を愛することを学んでいる

過去10年の偉大な錬金術の功績は、メディア会社の利益を技術会社の利益に変えたことだ。6月6日に舞台に戻ってきたアップルの社長のスティーヴ・ジョブズほど偉大な錬金術師はいない。iPodとiPhoneを作った人は、離れたサーヴァーの「クラウドの中に」音楽を簡単に貯めることができるサーヴィスを発表した。アップルは確かに利益を得る。しかし音楽界の役員たちもまた奇妙に楽観的だ。すべてがジョブス氏とともに行うわけではないが、いくつかの方法で技術は彼らに好ましい方向で機能し始めている。

彼らのものはまだ深く問題を抱えたビジネスだ。オンラインのファイルシェアリングが始まった2000年から、世界の録音音楽の売上は業界団体のIFPIによれば年間269億ドルから159億ドルに下がった。アップルは利益の上がるアルバムを利益の上がらないシングルに落とす助けをした。一般大衆向けの音楽店は閉店した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
音楽産業 を購読