フランス

仲間たちと議会

11月
02

産業人たちが政府であまりに影響力を持つようになっている

1994年に、イタリア人たちは、硬化した経済を生き返らせるために事業家としてのその技能を使うことができると望んで、シルヴィオ・ベルルスコーニに投票した。彼は、何もないところから、不動産とメディアの帝国を打ち立てた。彼は、その国の偉大なサッカークラブの一つA.C.ミランを再活性化した。彼は確かに、腐敗した政治家と内向きな官僚たちの古い番人よりも、その国を運営するのにより良い仕事をしただろうか?そう、「記念碑を探し求めるのならば、周りを見るとよい。」ベルルスコーニ氏は2001-11年の10年間で8年間イタリアの首相だった。その間、イタリアの一人当たりGDPは4%下がり、そのGDPに対する債務の割合は109%から120%に上がり、税金はGDPの41.2%から43.4%に上がり、その生産性は停滞した。その事業技能をイタリア経済の復活のために使うよりもむしろ、ベルルスコーニ氏はその政治的技能を彼の事業利益を守るために使ったのだ。

その偉大な人たらしは極端な例だ。そして、運が良ければ、イタリアの長いベルルスコーニを主題にした悪夢は終わりに近づいている。しかし、権力と事業の連合という、ベルルスコーニ氏のイタリアの中心にある問題は、世界中で増している心配だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

広い口のカエル - 日本の安全保障

10月
15

その国は、第二次世界大戦以来最大の軍艦を進水させる

もしそれが空母と同じくらい大きく空母のように見えるのならば、それが空母である可能性がある。または、かんたんにそれに変えることができるだろう。8月6日に横浜で、日本は第二次世界大戦以来その国で最大の軍艦を公開した。公式には、いずもは護衛艦だ。それが2015年に就役するとき、それは対潜水艦戦と国境警備活動に使われる14機までのヘリコプターを積むだろう。満載排水量2.7万トンのその船は、日本の艦隊の他のどれよりも1.5倍大きなものだ。それはまた、被災地にたくさんの人々や装備を運ぶこともできる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いまのところ、とてもよい - マリの選挙

10月
06

うまく行った選挙は平和を近づけるが、さらなる努力が必要とされる

1年を少し超える間に、活気のない西アフリカの国マリは、民族蜂起、イスラム主義者の反乱、軍事クーデター、一連の飛行機ストライキ、国連平和維持部隊を含んだ何千もの外国軍の到着、そしてついに民主的政府を再建するための選挙を7月28日に経験している。多くの観察者のように、国連の事務局長潘基文は、その国を改善するための国際的計画の一部の、その投票について慎重だ。「たとえその選挙が完全ではなくとも、その結果はすべての参加者によって尊重されなければならない。」彼は語った。

潘氏は彼の願いをかなえられそうには見えない。マリの内務大臣は、選挙前の一番人気だった(「IBK」として一般に知られる)イブライム・ブバカル・ケイタは、投票の合計約1/3に基づいた大きなリードをしている、と発表した。その大臣は、もしその傾向が続けば、ケイタ氏は8月11日に予定される決選投票を避けるのに必要な50%の閾値を超えるだろう、と付け加えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

格安の食事 - ビッグ・マック指数

9月
19

通貨への我々の気楽な指針は、ユーロ圏を近くで見てみる

連邦準備銀行による資産購入終了の見通しは、外国為替市場での回転を惹き起こしている。新興市場通貨が下落し、ドルへの強気の買いが増すにつれて、パンの間を読むべき時だ。ビッグ・マック指数は、エコノミスト誌の為替レートのはかりだ。それは、長期的には為替レートは財とサーヴィスの同一のバスケットの価格が国境をまたいで同じになるように調整してしかるべきだという購買力平価(PPP)理論に基づいている。我々のバスケットには、ひとつのものしか含まれていない。(牛ではなく鶏肉を使ったインドのマハラジャマックを例外として)ほとんどどこでも同じ内容物を使っている、ビッグ・マックだ。バーガーを買うには、アメリカで4.56ドルなのに対して、ノルウェーでは市場の為替レートで7.48ドルかかるので、ノルウェーのクローネは我々のはかりでは65%過大評価されている。

ほかの通貨はとても生焼けのように見える。ドルは、アメリカよりも南アフリカでは2.5倍多くバーガーを買え、インドでは3倍買える。しかしながら、労働費用がより貧しい国では低いので、先進国の価格を途上国のものと比べるのは、問題だ。中国の元は我々の基本的なはかりでは43%過小評価されている。一人あたりのGDPで調整すると、それは公正価格のたった4%下なだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い兆し - ニジェールでの聖戦

9月
14

別の貧しいサハラ国家が、暴力的なイスラム主義者の攻撃にさらされている

2年以上にわたって、ニジェールは隣り合うリビア、マリ、そしてナイジェリアでの血なまぐさい紛争から守られていた。しかし、その国の最も危険な収監者の何人かを自由にすることになった脱獄に続く、最近のどちらも中央砂漠地域にあるアガデスの軍事基地とアーリットのフランスのウラン鉱山への自爆攻撃は、たぶん世界で最も貧しい国でのイスラム過激派の到来を知らせている。

聖戦士たちは、ニジェールの政府が彼らの仲間の反乱軍を隣のマリから追い出そうとするフランスが率いる作戦を支持した後で、その国を目標にした。ニジェールはアメリカとフランスから軍事支援を受けており、首都のニアメから無人機を運用できるようにしている。「我々は攻撃に備えていたが、この規模ではなかった。」現地の治安専門家モウサ・アクファーは語る。「我々は衝撃を受けた。これらは我々の歴史上最初の自爆攻撃だった。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空間を作る - メシャック・ガバの芸術

9月
12

テート・モダンで「現代アフリカアート博物館」が開かれる

現代アフリカアート博物館とは、どのようなものだろうか?一つのギャラリーは、焼き物の鶏の足、刻まれたカネのバッグ、そしてアフリカの国旗のパズルのピースで満たされうる。他のものは、異なった宗教のトーテムを取り上げ、職業タロットカード読みを含むかもしれない。レストランがあるだろうが、食事はその作品が展示されているアフリカ人アーティストによって作られるだろう。店の品物は、木のパレットの上に並べられうる。

これは、少なくとも、主導的なアフリカ人アーティストメシャック・ガバの将来像だ。彼のおどけた「現代アフリカアート博物館」は、その作品を去年購入したロンドンのテート・モダンで、7月3日から展示される。1997-2002年の大規模な5年計画のガバ氏の12部屋の「博物館」は、挑発的になるよう設計されている。それは、彼の「アフリカの芸術に場所を作るための戦い」だと彼は説明する。本当の博物館がないので、彼は自分で一つ作り出すことを決めたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シェールによってびっくりさせられる

9月
11

シェールガス革命はロシアの国家資本主義を狼狽させる

妖怪がロシアに付きまとっている。その妖怪はシェールガスだ。それは権力のサロンにしみこみ、ロシアの指導者たちとその取り巻きをひっくり返している。エネルギー会社は、ロシアの株式の価値の半分を占めており、ひとつの国に後押しされた会社ガスプロムがその国の輸出の10%を生み出している。ロシアの政治はまた、伝統的な石油とガスの上に建てられている。ウラジーミル・プーチンは、本質的にはロシアエネルギー会社の社長なのだ。合衆国で始まりいま世界中に広がっている頁岩層からの非在来ガス生産の革命は、ロシアの国家資本主義をその基礎から揺さぶっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読