フランス

法律と貧者

4月
11

新興市場の裁判所は多くの人が推測するよりも貧者にとって良い

12月にインドの内閣は、人口の2/3に安い食料を得る権利を与える(法によって強制可能だと考えられた)「食糧への権利」法案を承認した。議会は依然としてそれに承認を与えなければならないが、その考えは流行の一部だ。インドの法律は、すでに、教育、保健、そして賃金労働の権利を約束している。そしてインドは、社会的と経済的権利をその憲法に組み入れ、これらの権利を施行するのに裁判所を使う多くの国の一つだ。インドネシアの憲法裁判所は、2004-06に政府に教育支出を増やすよう要求する裁定を出した。南アフリカの最高裁判所は、気の進まない大統領、ターボ・ムベキに、様々な反HIV/AIDS計画を始めるよう義務付けた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

説得、説得、考え、考え

4月
08

公共政策における行動経済学の使用は期待を示す

「フリーコノミクス」は、陰鬱な科学が、人々が現実世界でどのように行動するかについて何か面白いことを言うのだと一般に信じさせた本だ。しかし「ナッジ」は政策マニアを興奮させたものだ。2008年に最初に出版されたその本は、政府の効率性を改善するための行動経済学の潜在性についてだ。行動経済学者はすべての種類の心理学的、神経学的偏りが、人々に彼らの最高の関心に反するように見える選択をさせるということを見つけた。説得(ナッジ)の考えは、選択肢を異なったやり方で人々に示すことによってより良い決断に向かって彼らを導くことが可能だということを示す研究に基づいている。

その理論は、今テストを行っている。その本の共著者の一人、カス・サンシュタインは、バラク・オバマによってホワイトハウスに招聘された。ほかの共著者のリチャード・ターレルは、デンマーク、フランス、そしてとりわけ、デヴィッド・キャメロンがナッジ・ユニットとあだ名された行動洞察チームを立ち上げた英国といったいくつかの国々で、政策立案者に助言をしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアの革新 - つましい考えが東から西に広がっている

4月
07
世界で最も安い車のタタナノは2009年に最初の1台が生産ラインから出てくる前に象徴になった。インドで最もあがめられているコングロマリットであるタタグループは、革命を具現化することによって強力に売り込んだ。つましい革新は、2,000ドルの車が単なる予兆でしかない消費財を、普通のインド人や中国人の手の届くものにするだろう。アジアの技術者たちは西洋の製品からすべての不必要な装飾をはがすことによって作り変えるだろう。その費用削減はとても大きいので、つましい考えは世界を征服するだろう。かつてトヨタが日本の時代を布告したように、タタはインドの到来を布告するだろう。
 
悲しいことに、その奇跡の車は最初から問題に付きまとわれた。抵抗する農民は、一つの州からタタ自動車の生産をほかに移すことを強いた。初期の売上は火をつけるのに失敗したが、いくつかの車は、文字通りそうなった。地元の顧客はトラックから乗用車に移るという欲望をほとんど示さなかった。ナノが誇大宣伝にこたえるのに失敗したことは、より大きな問題を提起する。つましい革新は売り込まれすぎたのか?西側の会社はリラックスできるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

塊からラガーへ - アフリカのビール

4月
07

大陸の渇きをいやす競争

統計はめったにアフリカには当てはまらない。ビール消費を見てみる。平均的なアフリカ人は商業的に生産されたビールを年にたった8リットルしか飲ん でいない。平均的なアメリカ人にがぶ飲みされる70リットルかそこらに比べれば、アフリカ人は白けたやつらの群れのように聞こえるかもしれない。しかしそ うではない。

アフリカ人は、ソルガム、キビ、そして多かれ少なかれ何かしら発酵性のものから作った自家製の酒をかなりの量ごくごく飲んでいる。ロンドンに上場しているビールメーカーのSABミラーによる調査では、量で測ると、アフリカの自家醸造市場は公式の市場の4倍の規模だという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

北部マリでの2012年反乱

3月
20

通常2012年トゥアレグ反乱として知られる北部マリでの反乱は、2012年1月にサハラ砂漠のアザワド地域のトゥアレグや他の人々によって、マリ政府に対する分離主義反乱として始まった、継続中の事件だ。それはアザワド解放民族運動(MNLA)に率いられた、かつては遊牧民だったトゥアレグの人々によって、少なくとも1916年までさかのぼることのできる一連の反乱の、直近の具現化だ。MNLAは、かつての反乱軍や、リビア内戦でリビア国民評議会かリビア軍かのどちらかで戦っていた重武装のトゥアレグ戦士の大量の帰還兵によって形成されている。MNLAはそれには非トゥアレグの人々も参加しているという。

背景

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

まもなく開店 - ミャンマーはビジネスの準備ができている

3月
10
ミャンマーの企業にとっての大きな機会と大きな問題
 
「世界で最も活発な地域の6,000万の人口がいる国が突然ビジネスに開かれるということは、毎日起こるようなことではない。」シンガポールのコンサルタント、ハンス・ヴリエンスは論ずる。かつて孤立した国だったのが、軍事独裁から何かそれほど悪くないものに変わるにつれての、ミャンマーの見通しを表現している。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読