フランス

二つの産業の物語 - 製造業

8月
08

北東ミッドランドの町の二つの隣り合った工場の対照は、どのように英国の製造業が繁栄できるかということを示唆している

Posted By gno-eagrai 続きを読む

予告された飢饉の記録 - アフリカの角

8月
08

世界はソマリアの飢饉の兆候にあまりに遅く反応したのだろうか?

7月27日、論争の日々の中で、最初の救援機が飢饉に襲われたソマリアの首都であるモガディシュについに着陸した。それは、3,500人の栄養失調の子供たちを回復させるのに十分な大きなナッツ10トンを運んだ。この派遣は遅いように見える。1985年のエチオピア飢饉の後、アメリカの援助機関は災害を警告するために、飢饉早期警報システムネットワーク(FEWS Net)を立ち上げた。それは11月からソマリアでの飢饉のおそれを予測していた。

飢饉は最近では技術的意味を持つ。30%の子供たちがひどく栄養失調にあり、20%の人々に食料がなく、1万人に2人の大人か4人の子供が毎月亡くなったときに、宣言される。ソマリアの一部ではこれらの恐ろしいレヴェルを超えている。3つの州ではほとんど1/3の人々がひどい栄養失調だと国連の世界食糧計画(WFP)は語る。FEWS Netは今月南ソマリアで調査を行い、栄養失調はほとんどの地域で38%を超える破壊的な率になっていることを発見した。飢饉はここ数ヶ月でほぼ全南部に広がりそうだ。約280万人がすぐに人命救助を必要としていると考えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥の目での眺め - 新しいフィクション

8月
03

ナイジェリア生まれの小説家、テジュ・コール(Teju cole)は、フィクション界の驚くべき新たな声だ

ニューヨークをめぐる発見の旅で、テジュ・コールの最初の小説「開かれた町(Open City)」の主人公のジュリアスは、夜の間に聖ヨハネのカテドラルから、セントラルパークまで15分のところにあるモーニングサイドパークへの小道へと出発する。さもなければ、彼はモーニングサイドパークから西に向かってサクラパークへ、そしてハドソン川に沿って北のハーレムへ当てもなくさまよう。その道に沿って、彼は読者に、愛、人種、アイデンティティ、友情、思い出、混乱、そしてマンハッタンの鳥の生活について新しい展望をもたらす。

ジュリアスの夜のさまよいは、彼が高齢者の感情障害についての精神医学の研究プロジェクトを仕上げている病院での忙しい日々との対照を成している。それは「成熟と能力の養生」でそのどちらも即興も失敗を大目に見ることも許さない。息をすることなしに、著者は「セラピーとしての散歩」の考えを認め、進む。彼の目はもっと離れた地平に向いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アウトソーシングをめぐる苦悩

8月
02

アウトソーシングは時にその価値よりも煩わしい

1928年に、フォードのリヴァー・ルージュ工場が完成したとき、原材料を完成車に変えるために必要な全てをそれは自慢した。そこには10万人の労働者、160万平方フィートの工場敷地、100マイルの鉄道軌道、そして自分の積荷場と炉があった。現在でもそれはまだフォード最大の工場だが、以前の栄光の影に過ぎない。ほとんどの部品は下請けによって作られ、工場の6,000の労働者はそれを単に組み立てるだけだ。鉄鉱炉はSevastalというロシア社によって運営されている。

外注は世界的ビジネスを変えてきた。過去数十年以上、フロアのモップがけからインターネットセキュリティの欠陥の発見まで全てにわかって会社は外注してきた。その部門を専門にする会社のTPIは毎年1,000億ドルの新しい契約がサインされていると推計する。オックスフォード・エコノミクスは、世界で最も成熟した経済の一つである英国では、10%の労働者がアウトソースの仕事で頑張って働き、企業は毎年2,000億ドルを外注に支出すると計算する。戦争すらも外注された。アメリカはアフガニスタンで正規軍以上の契約労働者を雇用した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

不条理王子 - アフリカ文学

7月
18

コンゴのアラン・マバンクの常軌を逸し品性を欠いた小説

アラン・マバンクは、パリ中心部のレ・アールにあるアフロ-キューバ・サルサバーのジップスで愛想よくお披露目会を行った。色あせたデニムのジャ ケットをはおり、彼のトレードマークであるフラットキャップをかぶり、彼は控えめに彼の広がるキャリアと、パリの黒人コミュニティのメンバーとともに行っ たグアドループからギニアに至る三大陸をまたぐ旅行についてのニュースを分けあった。バーテンダーであるか新進作家であるかにかかわらず、彼らは、過去 10年以上にわたって、アフリカのサミュエル・ベケットとして知られるようになったフランス在住コンゴ人の書いたどのページにも入り込むことができた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仕事に戻る - コートジボワールの回復

7月
18

新しい指導者はゆっくりと進んでいる。

アラサン・ワタラが、去年の11月の紛糾した苦い選挙の後、ついに大統領を宣言した2ヶ月後、政府は秩序を回復し、アビジャンはゆっくりと日常に戻りつつある。5ヶ月間の内紛により道に散らばった死体やがれきは片付けられた。商業首都の道路で運転手から習慣的に賄賂をとっていた警察は、くぼみを埋めたり街灯を直したりする労働者にとって替わられた。「これは良いスタートだ。」一人の労働者は語る。「我々は国中で光を灯している。」

しかし平和は壊れやすい。元IMF副部長のワタラ氏は、まだ立場が固まっていない。彼は、その先任者で彼が(国連などの保証を受けた)公式な差である54%対46%で破ったローラン・バグボを、彼に忠実な反乱軍が最後には田舎から襲ってきたということだけで、追放することができた。それはフランスを始めとした国連軍の力を借りたものだった。

コートジボワールは南北の断層線に沿ってまだ分割されている。ワタラ氏は、以前には新軍として知られていた彼の寄せ集めの武装集団を共和国軍、もしくはFRCIとすることを布告した。当面は、彼らが正規軍とみなされるようだ。ワタラ氏がこの2つのライヴァル軍を統合するのか、共和国軍を国軍の基礎とするのか、それとも最初から作り直すのかははっきりしない。これは少し不安を催す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

世界へのチューター

6月
16

ビジネススクールは激しい勢いで世界に広がっている。それは大部分はいいことだ。

ビジネス界の人々はビジネス学会を批難するのが大好きだ。(もし英国人なら)口ばかりでズボンがない、(テキサスの人ならば)帽子ばかりで牛がいな い、と。しかしグローバリゼーションということになると、教授たちはズボンや牛を豊富に持っている。過去10年、ビジネス教育はビジネスそれ自体よりも徹 底的に世界化してきた。これはそれが本来の状態であるということだけで重要なわけではない。(ビジネススクールは大きなビジネスで、世界のエリートのト レーニング場である。)それはまた、他の学会もビジネススクールが導いたところについていこうとしているという意味で重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

30年戦争 - AIDS

6月
12

激しい攻撃により、AIDSを徐々に管理下に置いている

それは誕生日プレゼントではないが、それに近いものだった。5月12日、国際調査協力組織であるHIV予防の試みネットワーク(HPTN)は、そのもっとも重要な計画が、失敗したためではなく、成功したために終わりつつあると発表した。チャペルヒルのノースカロライナ大学のマイロン・コーエンに率いられた研究は、片方が感染し、もう片方は感染していない、ほとんどは通常のいくらかはゲイの、アフリカ・アジア・南北アフリカからの1,763組のカップルを見た。みんながセーフセックスを勧められ、無料のコンドームを与えられ、定期的なメディカルチェックを提供された。感染した方は、その人たちがAIDSの実際の症状を示しておらず、それゆえに普通はそのように扱われないとしても、反レトロウイルス薬を提供した。6年後、28の相互感染が確認され、一組だけが薬の処方を受けていたグループだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のデジタルゴールドラッシュ - インターネットビジネス

5月
18

インターネット会社はまた盛り上がっている。それは買い時なのか、売り時なのか。

38番埠頭は、サンフランシスコの湾岸に位置する巨大なハンガーのような構造物だ。かつてはカリフォルニアのゴールドラッシュ時代に中国系移民がつるはしとショベルを持って鉄道建設のために上陸してきたが、その埠頭は今ではインターネットで金持ちになる競争に加わっているスマートフォンやコンピュータの起業家たちの本拠だ。彼らのオープンプランの事務所から、ノイズトイズやアディリティ、そしてトラズラーといったイキで奇妙な名前で新興企業を経営する若い人たちは、猛烈にプログラムを打ち込んでいないときには、近くに停泊している変わったヨットを見つめることができる。

「革新のスピードは我々が今までに目にしたことがあるようなものではない。」と、38番埠頭で若い会社に場所を貸すヴェンチャーキャピタルの1部門のドッグパッチラブを運営しているライアン・スプーンは語る。多くの他の起業家たちのように、借り手たちは、フェイスブックや、ファームヴィルと言ったとても有名なオンラインゲームを作ったジンガのようにしばらくの間インターネット界で脚光を浴びることに邁進してきた会社の後を追いたがる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安全への渇望

5月
13

安全資産の不足が、なぜいくつかの政府債権の利回りがとても低いのかを説明している

先月、格付会社のスタンダード&プアーズは、アメリカの公的債務への評価を、2年以内にトリプルAの信用格付が1/3の確率で下がる可能性があるとして、「安定的」から「弱含み」に下げた。この警告は、S&Pが70年前に政府債券の格付を始めてから最初のことだ。そしてそれは、アメリカの巨大な財政赤字を削減するために機能する案はすぐには合意されないという懸念を反映したものだ。

批難は厳しかったが、金融市場からの反応は、うんざりするようなものだった。金融市場は動揺した後財務省証券に再び人気が集まった。10年債の利回りは、その日の最低で終わった。株式市場は下がったが、数日で回復した。ユーロ地域をほぼ被った財政危機の最中に、そのような無関心は異常なことのように見える。しかし、それはアメリカに限定されたものではない。去年日本の公的債務はそのGDPの220%にも及んだ。しかし、10年ものの日本国債の利回りは夏に1%を下回り、円は他通貨に対して急騰した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読