フランス

胸をたたく - フェミニストのデモ

7月
31

若いフェミニストたちが古い闘争を生き返らせている。女性の体への権利だ

神話はなかなか死なない。少数のフェミニストが1968年のアトランティック・シティでのミス・アメリカの見世物に反抗した時、彼女たちはブラジャーを燃やさなかった。しかしながら、彼女たちは、ヒツジに王冠を授ける一方で、少しのブラジャー(と化粧品とハイヒールの靴)を「自由のごみ箱」に投げ捨てた。

今、ブラは本格的に外される。フェメンのメンバーは、そのグループが売春旅行に反対して2008年にウクライナで始まって以来、100回のトップレスデモを行っている。衝撃を増すために、彼女たちはメイドや尼の格好をするか、付け髭をする。他の小道具には、生肉や消火器が含まれる。パリのノートルダム寺院で、極右の歴史家がそこで自分を打ち抜いた翌日の5月22日に、ある抵抗者が偽の自殺を行った。彼女のトップレスの裸体にはスローガンがかかれていた。「ファシズムを地獄で眠らせろ。」

去年、フェメンの「性過激派」は、彼女たちが言うには無言で食欲低下を促進している棒のように細いモデルたちに対する運動をするために、ミラノのファッションウィークに押し入った。今月、あるベルリンの活動家がバービー人形の家の等身大のレプリカの公開で、バービーをはりつけにして燃やした十字架を振り回した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

病院の事例

7月
14

スウェーデンは、民間会社に公的組織を運営させる世界を主導している

サンクトヨラン病院は、スウェーデンの福祉国家の栄光の一つだ。それはまた、事業原則を公的部門に応用する研究所でもある。その病院は、最終的にはノルディック・キャピタルやアペックス・パートナーズを含んだプライヴェートエクイティファンドの合同事業体によって経営される、民間会社のカピオによって経営されている。医者と看護師はカピオの従業員で、上司を経営陣に対して責任がある。医者たちは、費用を削減するために、熱心に「トヨタ式生産方式」や「革新の利用」について話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全てにとって自由 - 学術出版

6月
25

自由に接続できる科学出版が地歩を築いている

4月の初めに、政府が納税者の資金を学者に移すための仲介機関である英国研究会議協議会は、それが資金を出した研究の結果がいかに公開されるかのルールを変えた。今から、それらは、直ちにが好ましいが、間違いなく1年以内に無料で利用できる学術誌で公開されなければならない。

2月にホワイトハウス科学技術政策室は、連邦機関に同じような計画を作るよう言った。その1週間前、政府が資金拠出した研究に6か月後に自由に接続できるよう求めるだろう法案が、議会を通過する道に向かい始めた。欧州連合も同じ方向に動いている。慈善団体もそうだ。粒子物理学の研究所、図書館、そして研究費割り当て機関の共同事業体SCOAP3は、その分野の主導的な学術誌12誌全部に、それらが毎年掲載する7,000の記事を無料で読めるようにするよう圧力をかけている。学術出版社にとって、そのパーティーはすぐに終わるかもしれないようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アナーキー・イン・ザ・PRC(中華人民共和国) - 音楽シーン

6月
24

インディ音楽フェスティヴァルがはやっている

中国の音楽シーンは、英国のポップデュオワム!が1985年に北京の工人体育場で演奏して以来、はるかに進んでいる。今週、春がやって来てスモッグが和らぐにつれ、何万人もの若い北京人が、その町の郊外での二つの別々のフェスティヴァルで、延長した労働者の日の休日を過ごした。中国のポップパンクグループ、ニューパンツは4月29日のストロベリー・フェスティヴァルのオープニングアクトの一つで、そのあとにスコットランドのインディバンドのトラヴィスが続いた。ミディ・フェスティヴァルに関しては、クラッシュへの中国からの答えであるブレイン・フェイラーが主役だった。その月の後半には、北京は町の外のウォーターパークで電子音楽の日と、万里の長城でフランスのDJデヴィッド・ゲッタを招いたレイヴを開催する。

そのフェスティヴァルは、カラオケバーで甘ったるい香港ポップスを口ずさむことになれているますます増加する普通青年(putong qingnian)と同様に、(皮肉なTシャツや手首の刺青を考えている)都市の文芸青年(wenyi qingnian)も惹きつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

台本どおりにやれ - ミュージカル

6月
24

ほとんどすべての世界の問題はブロードウェイで見ることができる

ミュージカルは大事業だ。アンドリュー・ロイド・ウェバーの「オペラ座の怪人」は興行収入56億ドルを上げており、それは「スター・ウォーズ」の映画をすべて合わせたものよりも多い。「チャーリーとチョコレート工場」のミュージカル版は、間もなくロンドンの舞台を襲う。世界中で人々は、信じがたい筋書きによってつなぎ合わされたキャッチ―な歌を聴いている。問題は、世界の指導者たちも注意を払っているのか?ということだ。そうだと示唆する証拠もある。

「中国の夢」を提案して、習近平は、ロジャースとハマースタインの「南太平洋」から手がかりを得ているようだ。「夢を持たなければならない/夢を持たなければ/どうやって夢をかなえるのだ?」どんなヴィジョンだろう?「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」が答えを提供する。「どんな夢でもさ。」
 

受け狙いの智

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

6月
11

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

排出権取引制度よ、安らかに眠れ? - 炭素取引

6月
02

ヨーロッパの炭素市場改革の失敗は、世界中に反響する

世界最大の炭素市場は、喫水線より下に穴が開いている。4月16日、欧州議会はヨーロッパの旗艦環境計画排出権取引制度(ETS)を支持する試みを拒絶する投票を行った。すでに低かった炭素価格は、急落した。現れている世界の炭素取引網とヨーロッパの気候政策全体は、沈むかもしれない。

ETSは長い間混乱している。2013-20年に約160億トンに相当する、または欧州連合の総炭素排出の許可が会社に割り当てられ、彼らの間で取引できるようにするのは、キャップアンドトレード方式だ。幾分かは景気後退によりその許可への産業需要が減っているために、そして幾分かはEUが初期段階であまりに多くの手当てを与えたために、炭素市場には巨大な過剰能力がある。その余剰は、15-20億トン、またはだいたい一年分の排出量だ。価格はすでに2011年のトン当たり20ユーロ(30ドル)から2013年初めにはトン当たり5ユーロに下がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読