フランス

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジョニーは出ていかない - スコッチとEU

3月
22

なぜスコッチウイスキーメーカーは欧州連合にとどまりたいと思うのか

その粋な男は、1908年にのちに世界で最も人気のあるスコッチウイスキーになったジョニー・ウォーカーの瓶を最初に美しく飾って以来、大股で歩き続けている。大英帝国の交易路に沿ってその名をとどろかせたジョニー・ウォーカーは、英国が世界の舞台での富を求めて、悩んでいるEUから自由になり豊かになるだろうという、ユーロ懐疑主義者の主張を支持すると期待されるかもしれない。結局、新たなスコッチ愛飲家を見つける最善の望みは、新たに豊かになるインドや中国にあるのだ。

しかし、ウイスキーメーカーと話し、印象的なことは、彼らが現在と未来にわたってEUとその単一市場を極めて重要だとみていることだ。EUは、その足かせになるどころではなく、今、その産業が世界市場を征服するための重要な剣と楯になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誘拐の恐れ - ナイジェリア

3月
20

外国企業はその社員を北部ナイジェリアに送るよう怖れるようになっているかもしれない

ナイジェリアのほとんどの外国人投資家は、利益がリスクや面倒を越えていると説明する。しかし、死に絶えるのを拒んでいるイスラム主義者反乱の上のほとばしり出る誘拐は、彼らがその国の北部に乗り出す前に再考させるかもしれない。2月16日に、アンサルと名乗るイスラム主義集団が、バウチ州のその集合住宅から、7人の外国人建設労働者を捕らえた。3日後、ナイジェリアの北東部の州ボルノからやってきたと疑われる別のイスラム民兵が、北カメルーンの国境をまたいで7人のフランス人家族を誘拐した。アンサルは、ヨーロッパ諸国がアフガニスタンやマリといった「アラーの地に対して犯罪と暴虐」を犯している、と語った。「ブラックアフリカのムスリムを守る前衛」の頭文字のアンサルは、去年だけで800人強の死に責任のある集団のボコ・ハラム(「西洋の教えは罪」)から別れたものかもしれない。アンサルは、イスラム主義者の好戦性の中心になっている北部の町のカノ周辺を拠点にしていると考えられている。それは公式にはボコ・ハラムから距離を取っているが、そのイデオロギーの多くを分かち合っている。しかしながら、それはアル=カーイダへの戦術でより近いかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それを蓄えろ - ヨーロッパの金融取引税

3月
18

取引税の計画は、取り下げられるべきだ

出しゃばりな立法についての泣き言をいう、変動利付抵当と数ある場所の中で特にアメリカに精通した銀行員を捕まえておくどんな考えも、一か八かやってみなければならない、そうだろ?間違いだ。2月14日に公表された金融取引税(FTT)への欧州委員会への提案は、悪い設計の名作だ。

フランス、ドイツ、イタリアを含んだ11の欧州連合加盟国のグループは、資本と負債の取引に0.1%の税を、そしてデリヴァティヴの取引に0.01%を課したいと思っている。これらの国々は、英国やルクセンブルグといった金融ハブを含んだほかのEU加盟国が反対しているので、彼らだけで進んでいる。

金融取引への税の考えは新しいものではない。英国は1694年以来株式購入に印紙税を課している。ノーベル賞受賞経済学者のジェームズ・トービンは1972年に外国為替取引への地球規模の税を提案した。金融取引の上の収入の小さな部分をすくい、その施しから大きく利益を得ている産業から納税者のために金を取り戻すという考えは、自然の正義の感じを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦の言語 - イスラム過激主義

3月
17

イスラム過激派は、特にオンラインで、ますます多言語の房になっている

アラビア語は長い間イスラム過激派のゆるぎない言語だった。その話者はほかのどの言語集団のりもはるかに多い数がいる。アラブの地はもっとも成果の上がる求人場所だ。アラビア語なしでは、初心者は訓練キャンプや戦場で苦労するかもしれない。そして流暢さは信心深さを意味する。コーランの言語はまた、学びと知恵を含む。

しかし、かつて単一言語の世界だった聖戦は、ますます多言語になっている。アル=カーイダは長い間、自発的な独立したテロリスト組織を作り出すことを提唱している。素材は、ムスリム少数派やゆえに潜在的なシンパを持つ世界のどんな部分の言葉でも作られている、と暴力過激主義の専門家トーマス・ヘグハマーは語る。翻訳は、聖戦士の指導者たちが更なる活動をしたいと思っている国の言葉に表れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さな一歩 - とても幼い子のための学習

3月
08

幼年期教育はのちのより良い学校成績を意味しうる

バラク・オバマは、教育を「情報時代の通貨」と呼ぶことを好む。彼の統治は、公式な学校生活をまだはじめていない子供たちにより多くの努力と資源、そして追加の20億ドルをささげることによって、アメリカの優先順位に大きな変化をもたらしている。

これは国際的傾向の一部だ。韓国は今年、すべての3歳と4歳児への初期教育準備を拡大する計画を立てている。トルコも野心的計画を立てている。学校前教育は、長く無視されてきた。「脳の発展の90%は0歳から5歳の間に起こるが、我々はその資金の90%を5歳より上の子供に使っている。」シカゴ大学のティモシー・ノウルズは語る。今、それは変わっている。神経科学を含んだ学問的研究は、子供の幼年期の経験の長期的影響を強調している。

2009年の先進国のシンクタンクOECDによるもっとも最近の報告は、1年以上プレスクールに参加した15歳児は(社会経済的背景を計算に入れても)1年とか全くいかなかった子に比べてよい成績であることを見つけた。ベルギー、フランス、イスラエルでは、プレスクールで教育を受けた子供たちは、家にいた子供たちよりも高い読みの点を挙げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦いは山に移る - マリの戦争と平和

3月
07

フランスは望むよりも少し長くとどまらなければならないかもしれない

古代の町トンブクトゥが聖戦士の支配下にある一方で、マモウ・マイガというアーモンド形の目をした21歳の女性はアダマと名乗ったハンサムな占領者が家まで送ってくれるのを受け入れた。「彼は私がとても特別だと言ったの。」彼女はつぶやいた。彼が彼女の気の進まない家族に巨額の持参金を提案した後で、彼らは結婚した。しかし3週間後、フランス軍がその町の泥の煉瓦のミナレットから見えた時、アダマは脱出した。彼の花嫁は取り乱し、彼女の家族は救われた。マモウの妹は、10か月間厳しい支配を課した聖戦士が嫌いで、夜逃げした義兄が返ってこないことを望むといった。「どうして彼への電話にこたえることすらするだろう?」彼女は訊ねる。

いかにフランス軍が決然とイスラム主義者たちを北部マリで最も人口の多い部分から追い出したかと考えると、マモウはすぐにはアダマに再会しそうもない。広がる砂漠を渡るときに空から射撃されたものもいる。フランスは、合計3,000と推計される中から数百人を殺したと計算する。残りは、アルジェリア国境のそばの離れた山に隠れている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

氷と人類 - ヒトの進化

3月
04

氷河期についての新たな展示会は、アートのもっとも初期の作品を考慮する

1939年に第二次世界大戦が勃発した数日前に、二人のドイツ人学者が、その国の南西の洞窟で発掘したマンモスの象牙の破片の貯蔵物を詰め込んだ。そのかけらが30年後についに組み立てられた時、それらは人間の足と腕を持っているがライオンの頭をした30センチの高さの立像を形成することがわかった。「ライオンマン」と呼ばれるようになったそれは、4万年前に掘られたものだった。この想像力に富む人形は、その前にあった動物と狩人の現実的な洞窟壁画からの出発を記録する。多くは、これを芸術の最初の作品だとみなす。

人間の創造性の最初期の生産物は、20世紀の芸術家の興味をそそった。パブロ・ピカソ、ブラッシャイ・ジェルジ、コンスタンティン・ブランクーシ、そしてジョアン・ミロにとって、これらの古代のかけらはアートを作ることは、先天的な人間本能の証拠だった。ピカソは、2.3万年前のマンモスの牙の「キュービスト」のその体の脇に臀部がはみ出した女性の彫刻にとても魅了されたので、彼はその模造を2つスタジオに置いておいた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読