フランス

大西洋貿易 - 大西洋横断自由貿易協定

2月
26

なぜアメリカとヨーロッパは自由貿易協定を必要とし、それを得るのに失敗するかもしれないのか?

長く続いた大西洋をまたいだ牛肉戦争の銃声は収まった。去年、EUは(ホルモン処理されていない限りは)アメリカの牛肉輸入の割り当てを倍以上にし、アメリカはロックフォールチーズの輸入への懲罰関税を外した。アメリカは、狂牛病の拡大を防ぐために1997年に課された牛肉輸入の禁止を間もなく緩和してしかるべきだ。11月にEUは肉を乳酸で除染するというアメリカのやり方を受け入れた。アメリカの牛肉脂肪についての最後の小論争は、(化粧品のためではなく)バイオ燃料のための獣脂の輸入を許すという計画を通して間もなく解決されるだろう。

何十年にもわたる貿易紛争と訴訟の後で、その停戦は野心的な大西洋横断自由貿易協定への雰囲気をきれいにするつもりだ。EUの高官は「大西洋横断統一財市場に近づく何か」を作り出すことを話す。それほど大きくない協定でさえも、大西洋の両側で苦労する経済を再活性化する助けになりうる。それはまた、アメリカとヨーロッパが急速の勃興する中国に直面して国際的貿易ルールを決める役に立ちうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちはどこへ行ったのか? - マリへのフランスの介入

2月
25

フランスは砂漠で勝利しているが、長期的にはより厳しいときに直面している

1月26日にフランスの兵士が北部の町ガオに乱入した時、彼らは聖戦士たちを撃退するための3週間の作戦に決定的な勝利を得た。しかし、その勝利が本当に感じられたのは2日後に伝説の町トンブクトゥの泥でできた通りを行進した時だった。最後の砦の離れたキダルの反乱軍は、依然としていくらかの影響力を持っているが、交渉を望んでいると伝えられる。

フランスはその介入をアフリカ軍との共同行動であると示すことに執心しているが、その兵士たちはナイジェリア、セネガル、コートジボワールやほかのさまざまな軍隊が到着するのを待たなかった。1,000人強のマリ軍を伴った2,900人程度のフランス軍は、去年の4月以来アル=カーイダに率いられた反乱軍によって占領されているマリの広大な砂漠の広がりの中の3つの大きな町へ迅速な襲撃をくらわせた。

反乱軍のその地勢の知識とゲリラ戦の経験にもかかわらず、彼らは伝統的な軍のように戦うことを選んだ。町を奪って守り、車で道に沿って進むことはフランスのジェット機に格好の目標を与えた。今、彼らはよりよくできるやり方に立ち戻るだろう。砂漠の中でゲリラとして生き残るのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自殺点 - サッカー

2月
24

二人の外国人スターが去り、中国サッカーを出発点に戻している

上海の新聞はそれをうまくまとめた。「我々は夢を見、それはかなった。今、我々は目覚めている。」問題の夢は地元のサッカーチームの上海申花にフランス人のニコラ・アネルカとコートジボワール人のディディエ・ドログバという二人の世界的サッカー選手の到着したことだった。今、ドログバ氏はたった6か月後に申花を去りトルコのガラタサライに向かい、アネルカ氏は1年を少し超えたところでイタリアのユヴェントスに加わっている。

多くの中国人にとって、彼らが短期間しか滞在しなかったことがその国のサッカーの問題のすべてを要約している。アネルカ氏は、ある中国の新聞が「414日間の茶番」と表現した期間中、しばしばそのあだ名「不機嫌」にふさわしい行動をした。彼がやって来て数か月以内に、上海申花は最初にそのコーチングスタッフを、それからマネージャーをくびにし、それからアネルカ氏に伺いを立てることなく新たな監督を連れてくるまで彼を選手兼監督に任命した。ドログバ氏がやって来てから状況は少し改善し、彼の11試合での8ゴールは申花の2部落ちを避ける役に立った。しかしそれからそのクラブの所有者でオンラインゲームの大物朱駿はほかの経営陣と仲たがいし、賃金未払いの報道と選手の練習ボイコットの中で、やめると脅した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーツの上の砂 - マリでの介入

2月
19

マリでのフランスの行動はうまくいっているように見える、今のところ

水田と漁船に囲まれて、泥でできた町のディアバリーはマリの農業の中心地にある。それはまた、モーリタニア国境からニジェール川にかかるマリの数少ない大きな橋への道を横切っており、歴史的な町のトンブクトゥへの北への裏道ともなっており、そこを戦略的十字路のようなものにしている。1月14日に、9か月以上にわたってその国の北を抑えている反乱軍兵士たちが南に押し出してその町を取り、何十台もの重機関銃を満載したピックアップトラックを道にブレーキ音を立てながら止め、行く先々でマリ軍兵士を殺している。

その反乱軍の動きは明らかに、サーヴァル作戦と呼ばれる1月11日に始まった、フランスの地上と空中での介入への反応だった。その究極の目的は、フランソワ・オランド大統領の言葉を借りれば、「マリの領土の統一性を回復する」ことで、それは去年その国の人口密度の低い北部を征服するためにトゥアレグ反乱軍と結びついたイスラム主義者群を追い出すことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

砂漠の中の危険 - アフリカの聖戦

2月
12

アルジェリアのテロとマリでの戦争は、アフリカでのイスラム主義過激派の浸透が進んでいることを示す

1月16日に、30人強の重装備のイスラム過激派がイナメナスのそばのサハラ砂漠にあるガス施設の支配を握り、650人程度の労働者を人質にとった。それに続くパイプラインの束と住居用コンテナの風景に広がって戦われたアルジェリア特殊部隊との戦いは4日間続いた。人質をとったものたちは、パイプラインを吹き飛ばすことを計画していたと言われる。それはアルジェリアの輸出を大きく減らすことを意味しただろう。しかし爆発は起こらず、すぐに、その工場の少なくとも37人の外国人従業員とともに、人質をとったものたちは殺された。アルジェリアは、テロ攻撃に対して妥協しないやり方をとる。

となりのマリでエスカレートする戦争と一緒に、その戦いは、新たな聖戦主義がアフリカ中に広がっているというスペクトルをもたらした。西側の政府は、広大なサハラとその南の端に沿ったサヘルの国々でのその紛争が、ますますつながるようになっているのではないかと心配する。アルジェリアのガス施設への攻撃は隣のリビアで始まった公算が高い。たぶん何百キロも離れた砂の広がりのどこかに隠れるその設計者たちは、今フランスと西アフリカの軍隊によって攻撃されているマリのグループを支援していると主張した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフガニスタン? - アフリカの危機

2月
08

真の危険は、世界が聖戦士たちに脅かされている別の貧しい場所に背を向けていることだ

アフガニスタンとイラクでのテロとの戦いに取り組んで11年を費やした後に、ほとんど1.5兆ドルの直接費用と何十万もの命が失われ、西側の大衆は厳しい教訓を学んだと感じている。たとえ最高の意図を持った外国の介入でも、恩知らずの地元民を助けるために目に見えない敵と戦う終わりなき戦いにその軍隊を立ち往生させざるを得ないということが、かつてないほどに説得的になっている。

フランス軍がサハラの国マリを脅かすイスラム主義者の前進する隊列を急襲した今月初めに、アフガニスタンのこだまが大きく鳴り響いた。そして数日後、「イスラム聖戦士血盟団」からのひげを生やして銃を持った部隊が隣のアルジェリアでガス施設を占領し何十人もの人々を虐殺し、それらは再び聞こえた。それは単一のイスラム主義者のテロ攻撃としては、2002年のバリのナイトクラブの爆破以来もっとも大きなものだった。ここは、次の地球規模のテロとの戦いの前線で、うぬぼれの強い西側指導者たちを捕らえる砂漠の苦境でもあったようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

公共選択の声 - ジェームズ・ブキャナン

2月
07

1月9日に亡くなったジェームズ・ブキャナンは、政治的意思決定を示した

アメリカ人が議会よりも好ましいと判断するものの中には、調査会社のパブリック・ポリシー・ポーリングによると、大腸内視鏡検査、歯根管、シラミ、そしてフランスがあった。アメリカは、経済危機から政治的麻痺に至るまで、よろめいているように見える。それは、1月9日に93歳で亡くなった、ノーベル賞受賞経済学者で「公共選択論」の設計者であるジェームズ・ブキャナンにとってはほとんど驚きではなかっただろう。

ブキャナン氏は彼の分野で外れ値だった。彼は、政治哲学の真剣な繁栄のために、その職業が奉ずる複雑なモデルや数学を避けた(それにより彼を誤って軽量級だと退けるものもいる)。テネシー生まれの彼は、北東部のエリートを信用せず、彼の経歴のほとんどをヴァージニアの大学で過ごした。彼は、彼が深く主観的な問題だとみなしていた経済的費用といった変数への経済学の普通の扱いに挑戦した。彼は、啓蒙主義者の立場から100%の相続税といった異端を採用した。しかし、彼のもっとも偉大な貢献は、政治経済学の領域だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの聖戦 - マリとアルジェリアの危機

2月
05

フランスが聖戦士たちがマリを乗っ取るのを止めはじめるとすぐに、アルジェリアの彼らの共鳴者たちは彼らの地域的到達を示すために別の蹂躙をしでかした

半年間、その地域のアフリカの政府と特にフランスや合衆国といった様々な西側諸国は、アル=カーイダにつながった反乱軍が国の北半分を乗っ取ったマリについて苛立っている。今年の初めに、聖戦士たちが突然南に押し出し首都のバマコすらも脅かしたとき、問題は劇的に悪化した。

だから、フランス大統領のフランソワ・オランドは行動することを決めた。1月11日、フランスの飛行機が襲いかかり、反乱軍とその基地を爆撃した。さしあたりバマコは安全だ。しかし、フランス大統領は自身にひるませるような仕事を課している。彼の作戦が正確に何を狙っているのか、そしていつどのようにして彼の軍隊が出ていくのか誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

こだわれ、しかしいきづまるな - フランス、マリ、そしてアルジェリア

2月
03

フランソワ・オランド大統領は正しい呼びかけをしているが、身動きが取れなくなってはならない

マリは、災害が突然現れ国境を越えて毒をまき散らすと脅すまでは、その不運な住民を除いてはほとんど誰も多くを心配していない、かなりおさめやすい国の一つだ。1月16日に、マリの同志に同情を持つ聖戦士たちが、マリに隣接する最も離れた南部アルジェリアでガス田施設を急襲し、アメリカ、英国、フランス、そして日本を含んだ国々の40人もの外国人労働者を人質にとった時、それはまさにそれをした。これは、聖戦士たちの脅威が増加しているサハラ地域に関心を集中させている。

アルジェリアでの攻撃は、実際にはフランスによる勇敢な行動への反応だ。マリでは、ほぼ1年前にアル=カーイダにつながった反乱軍がその国の北半分を乗っ取って以来、悪い血が凝結している。それから、今月の初めに、聖戦士たちはさらに南に進み、首都のバマコを危うくしていた。それは、旧植民地領域に重心を傾けるのに慎重だったフランスの社会主義の大統領フランソワ・オランドに、マリの弱くて手に負えない政権を助けるために軍隊を送るよう促した。1月14日に、フランス軍はマリの兵士たちと並んで反乱軍がバマコに最も近付いているディアバリーの町を取り戻す行動に出た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読