フランス

パリは質量の価値があるのか - 計測

1月
21

キログラムはもはやキログラムではないようだ

ヨーロッパ植民地主義の全盛期の19世紀には、英国とフランスといった2つの大きな帝国主義のライヴァルは、単に世界だけではなく、宇宙を分割することに合意した。その宇宙を描く能力は、科学者たちがその発見物を、長さ、時間、そして質量の基本的定量に関連させる能力によっている。英国は時間の管理を勝ち取り、それがなぜ地球の本初子午線(そこからその惑星の回転、そしてそれ故に日、時、分、秒の長さが測定される)が、ロンドン郊外のグリニッジを通っているかの理由だ。フランスは長さと質量を合併した。

彼らはそれらを2つの金属の塊の形で、パリ郊外のセーヴルにある国際度量衡局の密封された瓶の中で保管した。メートルは、プラチナとイリジウムの特別な合金でできた棒の上の2つの傷の間の距離だった。キログラムは、似たような合金の塊の重さだった。英国にとって残念なことに、フットとポンドは、これらの基本的単位の単なる破片となることに法的に合意された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歓迎されざるルネサンス - ヨーロッパの汚い秘密

1月
18

ヨーロッパのエネルギー政策は、すべてのありうる世界の中で最悪のものを届けている

石炭の生産と使用がアメリカで急落する一方で、ヨーロッパでは「我々はある種の石炭黄金時代を迎えている」と国際エネルギー機関のアニー=ソフィー・コルボーは語る。石炭からの発電量は、いくつかのヨーロッパ諸国では、年率換算で50%も上がっている。石炭は、ほかのどの化石燃料よりもキロワット時あたりで生み出される温室効果ガスが多くて、はるかに最も汚染のひどい電力源なので、これはヨーロッパの環境への熱望に対して物笑いの種になっている。どのようにこうなったのか?

物語はまたアメリカのシェールガスから始まる。アメリカの電力会社がガスにシフトするにつれ、アメリカの石炭採掘業者は新たな市場を探さなければならなかった。彼らは、中国の石炭需要が減速し世界の石炭価格を下げた時に、そうした。2011年8月から2012年の8月の間に石炭価格が1/3下がり、トン当たり100ドルを切った。これらの価格によりヨーロッパの電力会社は石炭を買いたがるようになった。そのアメリカからの石炭購入は2012年の上半期に1/3増えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

崖っぷち - 中央アフリカ共和国

1月
09

アフリカで最も悲惨な国の一つは、かつてないほど不安定なようだ

間違いなくアフリカで最も貧しい国である中央アフリカ共和国〈CAR〉は、今にも反乱軍に乗っ取られるところだ。北で始まった作戦の1か月後に、彼らは国中の一連の町をとり、首都のバンギから1時間の所にあるダマラでその進軍を止めている。CARの包囲された大統領フランソワ・ボジゼは、近くのガボンの首都であるリーブルヴィルでの反乱軍との交渉に参加するかどうか考えている。その考えは、選挙を保留して全国統一暫定政権を作り出すことだろう。反乱軍は、交渉の前提として彼の辞職を要求している。アフリカ連合はボジゼ氏とCARに息つく場所を与えるという妥協を勧めている。アフリカの外ではほとんどの人がかまっていない。

終わりなくクーデターや反乱によって打ちのめされている内陸のCARは、1960年にフランスから独立して以来悪政が続いている。集合的にセレカ(地元の言葉サンゴ語で「同盟」を意味する)として知られるバラバラのごった煮である反乱軍は、ボジゼ氏が、それによって反乱軍が政府に参加しその軍隊を国軍に統合するはずだった2007年と2008年の平和協定の条件を破ったという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新鮮な目がジレンマを解決するかもしれない - 環境技術の革新

1月
07

企業とNGOは専門的な助けを見つけるためにネットワークの力を利用する

セミナーやネットワークイヴェントに参加するのと同様に、今週のサンフランシスコでのグリーンビルドエキスポへの訪問者は、フランスの建築素材グループ、サンゴバンからの重役が10分間の売り込みの強さに基づいて3つの良い考えを選ぶ間の「スピード・デーティング」セッションを見ることができた。

その会社が「アウトヴェーション」と呼ばれるやり方の一部であるそのセッションは、環境技術を見つけるために使われている多くの開放的革新方法の一つだ。

「まったく単純に、新鮮な目は答えを提案する。」合衆国の環境グループである環境防衛基金(EDF)で法人提携計画を指揮するグウェン・ルタは語る。

去年、EDFは、事業での環境革新の速度を上げるためにオンライン開放革新会社のイノセンティヴとの提携を始めた。ルタ女史は語る。「もし内部で行っている手に負えない環境問題があるのならば、それを外に開くことによってもしかしたらより進歩できるかもしれない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

技能のシェアは成功の見込みを強める - 環境での協力

1月
07

合同計画は利益をもたらす

大学と非営利組織は、共通目標を達成するために長い間環境技術での協力の利益を説明してきたが、企業間計画の拡大はそれほど広がっていない。

インドの情報技術コンサルタント、インフォシスの取締役共同会長クリス・ゴパラクリシュナンは語る。「会社はお互い教育し、資金供給し、供給網の拡大を助け、その目標に向かった計画を後押しすることができる。」

「協力と様々な産業にわたっての民間部門からの技能、革新と資源の共有を通して、環境技術の開発はより速く成長する。どんな新製品も、そうして新しい収益の流れになりうる。」

しかし、2つかそれ以上の会社が環境技術計画に彼らの運命を一緒に投げると決める時、プライヴァシー、知的財産権、そして商業的実現可能性への妥協についての懸念はすべて取り組まれなければならない。

しかしながら、英国のエネルギー会社SSEが西ヨークシャーでのフェリーブリッジ発電所での炭素捕獲計画で証明したように、これらの問題は克服でき、そしてされている。

去年の遅くに始められたその計画は、5メガワットの石炭火力発電所から排出される1日当たり100トンの二酸化炭素を捕獲するためにはじめられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高級の当たり年ワインが安値で売りに出されている - ワイン購買

1月
04

良いワインを追究し、高値を支払うのを避けることは簡単だ

悪いワインを飲むには、人生は短すぎる。しかし、もしこの厳しい時代に、ただ旅に出てもっともよいボルドーやブルゴーニュの年代物を買う余裕がなかったらどうだろう?幸せなことに、どこを探し回ったらよいのかを知っていれば、安値でよいワインを楽しむ方法がある。
 

1. 土地を選べ

安いブドウ畑が野心的で才能のあるワイン生産者を惹きつけているあまり知られていない場所を見つけなさい。ボルドーでさえも、そのような場所はたくさんある。コート・ド・カスティヨン、フロンサック、そしてブールでは、かなり低い価格でメドックとサン=テミリオンに驚くほど近くなりうる。

正しい白ブルゴーニュを探すのならば、サントバン、コート・シャロネーズ、そしてマコネを探すことによってお金を節約することができる。赤ワインならば、マルサネやサヴィニ・レ・ボーヌを狙いなさい。同じ原則を他の所でも応用する。サンセールではメヌトゥ・サロンを試しなさい。イタリアでは、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノでは、モレリーノ・ディ・スカンサーノを試しなさい。
 

2. 年を知れ

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遺産への嗜好は地方の品種を後押しする - ワインの多様化

1月
04

土着ブドウの賞賛が、単にメルロー、カベルネ、またはシャルドネ以外の地球規模の多様化を促進している

10年間でどれほどの違いがあらわれたことか。1990年代の中ごろ、ワインの世界を巡って撮影したBBC2のためのテレビシリーズを作った。私は憮然とした予測でそれをチリで終えた。「私は未来を見、それはメルロー、カベルネ、そしてシャルドネだ。」

あたかも世界のヴィニョロンが地元のブドウ品種を根絶し、みんなが聞いたことのある「国際的な」ブドウの認められた魅力に置き換えようとしており、当時、それは本当にそう見えた。

たった10年後、反対方向への振り子の元気な振れは、すでに目立っており、現在の専門のワインバイヤーは、伝統的に育てられていた世界のわずかな場所の一つで育てられていなければ、メルロー、カベルネ、またはシャルドネに触れるのは難しいだろう。

彼らは、ヘアルームトマトのブドウ版である「ヘリテージ品種」と呼ばれる明白に地元のブドウであるものを嗅ぎ当てることにより関心を持っている。それは単にワインのトレンドというだけではない。それは、自然との調和、トレーサビリティ、地産地消運動、そして生物多様性の重要性への我々の認識の増加といったことへの我々の一般的な欲望と調和しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大陸政策は違った方向に引き入れられた - 南アフリカの外交

11月
09

プレトリアは幾つかのありそうもない運動を擁護しており、ほかの地域国家と犬猿の仲になっている

自由、民主主義、そして人権をその外交政策の中心に置いたネルソン・マンデラの下で始まった国にだけれども、南アフリカは最近幾つかのありそうもない運動を擁護している。

分断されたアフリカ連合で、ジェイコブ・ズマ大統領は、去年コートジボワールで血なまぐさい選挙後の行き詰まりを終わらせるよう妥協を探って、ローラン・バグボを支持する陣営を率いた。

今国際刑事裁判所で人道に対する罪によって審理を待っているバグボ氏は、彼がフランスに率いられた新植民地主義の陰謀の犠牲者だとプレトリアを説得した。

しかし、南アフリカの位置は、国連に認められた結果によれば、投票で選ばれた(現大統領の)アラサン・ワタラとそれを対立させた。

ほかの地域大国の裏庭をもてあそんで大陸のタブーを踏みつけているそれはまた、プレトリアをナイジェリアや西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)と犬猿の仲にしている。

リビアのこととなると、南アフリカの位置はさらに混乱していた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネは語る - 通貨は抵抗する

10月
23

ソーシャル・メディアとしてのカネの利用は何千年もさかのぼる

カネはメッセージを伝えるのによいメディアなのだろうか?最初、ロシアの反対派活動家で注目されるブロガーのアレクセイ・ナヴァルニイは懐疑的だった。しかしそれから、彼は計算した。もし5,000人のロシア人がそれぞれ100枚の紙幣にスタンプを押せば、それらは人から人に手渡されるので、すべての国民は少なくとも1枚のそれらの紙幣を手にするだろう。

イランの環境運動のメンバーは、その反政府デモの間に紙幣にスローガンを書いてこの戦術を使った。これは、汚された紙幣はもはや銀行に受け取られないという裁定を促した。同じように、オキュパイ運動の支持者は、ドル紙幣に所得不平等についてのスローガンとインフォグラフィックを付け加えた。そして、中国の法輪功運動のメンバーは、紙幣にメッセージを書いて政府の迫害を攻撃した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読