フランス

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

食い尽くす - レストラン事業

9月
23

書評:The Art of the Restaurateur. By Nicholas Lander

成功したレストランはよい食べ物以上のものを含む

過去30年は、レストランにとって黄金時代だ、とニコラス・ランダーは論ずる。彼らは「もっともありそうもない場所で、最も突飛な料理を出し、最も例外的な崇拝者たちを惹きつけて」あらわれている。有名人シェフはそれについての名声のほとんどを受け取っている。しかし、彼らの地位は、ランダー氏の見方では、「あまりに高くなりすぎている」。偉大なコックは、必ずしも偉大なレストランを作る必要はない。雰囲気、設計、場所、そして組織も問題になるのだ。調理するのが面白かったり、見るのが印象的な料理は、人々が実際に食べたいものではないかもしれない。顧客を本当に幸せにするのは、しばしばほめたたえられないが、世界で最も成功した思慕との一つに、その資金(そしてときに健康、結婚、そして正気も)を危険にさらすレストラン経営者だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

きれいな料理 - 食料廃棄

9月
22

あまりに多くの食料が投げ捨てられる

国際的なパーティーは素晴らしい夕食で注目される。しかし、現れる世界食糧危機について議論した最近のストックホルムでの世界水週間会議の代表団は、彼らが説教していることについて実践した。昼食には肉がなく、いかなる残った代替肉やキヌアは、バイオガスを作るために送られた。

ほかの人がとてもつましくなるといいなぁ。そのイヴェントを組織したストックホルム国際水研究所のトーグニー・ホルムグレンは、世界の生産している食料の半分までもが食べられないと説明する。インドでは、40%までが市場に行くまでに腐る。アメリカ人は彼らが買ったものの40%を捨て、1,650億ドルを無駄にしている。

しかし、アメリカは、レストランが名目上は犬のためであるがしばしば人のための余った食料を包むつましい「ドギー・バッグ」を持っている。ほとんどの国はそれらを避ける。おそらくうわべのけち臭さか、衛生についての心配のためにだ。旅行ブログは、フランスやスペインで外で食べる時、ドギ-・バッグを求めることによって軽蔑にさらされる危険を冒さないよう警告するものすらある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

元を持ち、旅行へ行く - 国際旅行

9月
19

中国の新しい中産階級は、休暇にさらに遠くに行く

教師のYang Ronglinは、ふつうその夏休みを中国で過ごす。今年、50歳のYang氏は、初めて外国で冒険することを決め、2週間のバスツアーをアメリカで予約した。Yang氏は外国旅行をする多数の中国人旅行者に参加する。今年の前半に、3,800万の中国人が国際旅行をし、それは去年同時期よりも18%多い。2011年に、彼らは旅行中730億ドルを費やし、ドイツ人とアメリカ人に次いで3番目だった。

海外で休暇を過ごすのは、最近の贅沢だ。1990年代の初めまで、政府は休暇の目的地として外国を承認しておらず、パスポートは一般の人にとってとるのが難しかった。今では、パスポート申請は簡単になり、140か国がその承認リストに載っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マミー路線

9月
16

なぜより多くの女性が会社のトップまで登らないかの真の理由

デンマークのテレビドラマ「ボーゲン」の中で、その国初の女性首相が家庭の至福のために毎晩遅く家に帰る。彼女の主夫をする夫は皿を積み上げ、彼女にメッセージを返す。子供たちは彼女のテレビ中のスピーチに喜ぶ。しかし、間もなく彼女の息子は精神科医にかかり、その無視された夫は浮気をし、われらがヒロインは事務所中に家具を投げつける。

トップに到達した女性についてのこれほどの苦悩はめったになかった。先月のアトランティック誌の中で、アメリカ国務省初の女性政策立案部長になったアニー=マリー・スローターは、女性はとてもきつい仕事と若い子供たちを育てることをうまく結びつけることができないと宣言した。(彼女はワシントンをやめ、学界に戻った。)今月、英国国会議員のルイーズ・メンシェが、仕事と家族をやりくりするのは難しすぎると言って辞職した。しかし、そのニュースは怖いばかりではない。7月に苦しんでいるインターネット会社のヤフーは、グーグルから37歳の女性で10月に子供を持つ予定のマリッサ・メイヤーを新たな社長としてむかえいれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本の教訓 - 世界的破滅

8月
18

危機から5年がたち、ユーロ圏は日本型の経済停滞の危険にさらされている。

5年前、事態は楽観的に見えた。2007年8月の第一週、投資家と主要な中央銀行によるその年の予測は、アメリカとヨーロッパで2-3%の成長率だ、というものだった。しかし、2007年8月9日、すべてが変わった。フランスの銀行、BNPパリバはサブプライム担保投資で大きな損失を発表した。同じ日、ヨーロッパ中央銀行(ECB)は緊急の流動性として(当時の1,300億ドルに当たる)950ユーロの注入を強いられた。危機が始まったのだ。

1年目の間、政策立案者は日本を案内としてまたはむしろ警告としてみた。日本の債務バブルは1991-2001年の「失われた10年」の原因となった。アナリストは共通して三つの教訓を引きだした。日本型の停滞を避けるために重要だったことは、一つ目に早く行動すること、二つ目に傷ついた貸借対照表をきれいにすること、そして三つ目に勇敢な景気刺激策を供給することだ。もし日本が基準とみなされるのならば、アメリカと英国は複雑な記録を持っている。ユーロ圏はまるで日本になっているかのようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読