フランス

海辺の音楽 - オールドバラ世界オーケストラ

8月
02

35か国からの120人の演奏家が素晴らしい経験をしている

バスを降りた音楽家たちは、みな背中に「オールドバラ世界オーケストラ2012」と印刷した同じ黒いフードつきジャケットを着ていた。しかし彼らが運んできたケースは統一されているとは言い難い。ピッコロのポケットサイズの箱があり、ハープのための車輪付きトロリーがあり、チェロのためのステッカーがペタペタ貼られたこぶの突き出たトランクがあった。ベンジャミン・ブリテンの故郷であるイングランドの海辺の町オールドバラは、世界中からの演奏家を歓迎したものだが、このような規模だったことはなかった。35か国からの120人の演奏家による音楽オリンピックだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スティーヴン・コヴィー、安らかに眠れ

8月
01

「7つの習慣」の著者の遺産

数年前、本コラムの著者が、スティーヴン・コヴィーが野心的な幹部や公務員にいかにしてより効率的になるかを教えていたユタ州のコヴィー・リーダーシップ・センターを訪問した。

彼らはベルリンの壁崩壊の映像を見る。彼らは、プラトン、孔子、そしてベン・フランクリンといったたぐいの本である「知恵の文学」を読む。彼らは、彼らの会社がピーク業績を得ることから、そして彼らの個人的関係が滑らかに行くことから妨げている問題を議論する。彼らはいかにしてその時間を節約するかを学び、コヴィーのパテントの個人的電子機器を使って優先順位を並べる。彼らは(近くの)山を登り、様々なたくらまれた災難からお互い助け合う。とりわけ、これはアメリカでこれらは「高い潜在力を持った個人」だから、彼らはたたき壊し、泣くのだ。

7月16日に亡くなったスティーヴン・コヴィーは、これまで最も成功した経営学者の一人だった。「7つの習慣」は、2,000万部以上を売っている。3つの彼のほかの本は、少なくともそれぞれ100万部売っている。彼の(今ではフランクリンコヴィーと呼ばれる会社の一部である)コヴィー・リーダーシップ・センターは、フォーチュン500の会社の3/4を顧客として持っていると言っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユニヴァーサルのギャンブル - 音楽産業

7月
31

ある音楽業界の合併は、新たなモデル、さもなければ怠惰なマンモスを作り出しうる

賢いギャンブルは、いつつかみ、いつたたみ、そしていつ走るかを知ることを必要とする、とEMIのキャピトルレコードからレコードを出しているアーティストのケニー・ロジャースは、口ずさむ。ユニヴァーサル・ミュージック・グループが、去年11月にオークションにおいて12億ポンド(19億ドル)でシティグループから買ったEMIの音楽部門に、それほどまでの金をかけるほどに賢いかどうか首をかしげるものもいる。苦闘する産業の最も弱い部門にある会社にとって、それは大金だった。そして、アメリカとヨーロッパの規制者は、それをさらに費用のかかるものにするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それは残念だ - 赤道ギニアとユネスコ

7月
31

ユネスコは悪口を言われる独裁者に提供された賞を与える

赤道ギニアの独裁者テオドロ・オビアング・ングエマは、本人は授賞式に出席しなかったが、彼が提供する科学調査へのユネスコの賞が、ついに手渡された。7月17日に、メキシコ、エジプト、南アフリカからの3人の科学者が、彼の金庫からそれぞれ10万ドルを受け取った。生命科学研究のためのユネスコ赤道ギニア国際賞は、もともと計画されたようには、もはや彼の名前を冠していない。しかし、国連の文化科学機関がその賞を進めるという決定に対しての怒りを抑えるのにはほとんど役に立っていない。

ユネスコは、2008年に最初300万ドルの賞を提案された。赤道ギニアの活動家と国際的人権団体からの圧力の下で、その役人たちは辞退した。しかし、今年の3月、ユネスコの理事会はそれを受け入れることを可決した。

その賞は強烈な困惑を惹き起こしている。ユネスコのブルガリア人の事務局長イリナ・ボコヴァは、その問題についてほとんど選択肢はなかった。その機関の構造では、彼女はその理事会の決定を実行することを強いられる、と彼女は語る。彼女は授賞式にも出席しなかった。しかし、その委員会で大きな投票ブロックを形成しているすべてのアフリカ諸国は、結束の感覚から、彼らの有毒な隣人の後ろで団結した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

聖戦士たちの恐ろしい新たな前線 - マリでの文化的攻撃

7月
19

過激派イスラム教徒はその地域と古いアフリカの遺産を脅かしている

木の板に三日月形の金属枠があしらわれたトンブクトゥのシディヤヤモスクの主要な門はこの世が終わる時にだけ開くという伝説があった。暗喩的な意味で、北部マリの古代からの貿易拠点を今支配しているアル=カーイダに明らかにつながったイスラム民兵が、今その町に攻撃を浴びせているということだ。7月2日から、彼らは、住民を恐れを伴って仰天させた宗教的熱意に触発された街全体での文化的蛮行の一部として、「その謎を破壊するために」つるはしとショヴェルで古い入り口を叩き壊している。他に破壊されたものは、8つの霊廟と多数の聖者の墓がある。さらなる破壊が恐れられている。

「みんながイスラム主義に怒り狂っている。」幸福な時代のツアーガイド、アサーヌ・トラオレは語る。「それはまるで、彼らが我々の体の一部を叩き切っているようなものだ。」住民の中には、トラオレ氏が言うところの「ひげもじゃの奴ら」に対してデモをしたいというものもいるが、多くは恐れている。その全盛期にトンブクトゥは、金、象牙、塩、奴隷の、サハラをまたいだ交易からの税金で豊かになった、学びの中心だった。さまようスーフィの神秘主義がイスラム以前の信仰と融合した時、それは「333人の聖人の町」として知られるようになった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢のブランド - 国際観光

7月
12

アメリカは、初めて、外国の観光客を懇願している

人々にアメリカについてどう考えているかを聞くと、意見の多様性はその国自身の多様性によってのみ釣り合っている。その外交政策が不愉快だと思うものもいれば、それが打ち立てた理想を賞賛するものもいる。しかしながら、何も見ずに反応するものはほとんどいない。地理的に無学で政治的に無知なものでも、合衆国について聞いたことがある。

しかし、5月に新しい旅行促進事務所のブランドUSAは、外国からの訪問者をひきつける、アメリカ史上初の運動を始めた。雄大な景色の背景と魅力的な人々が楽しんでいる写真に反して、ロザンナ・キャッシュ(ジョニーの娘)と多文化を取りそろえた音楽家たちは、「それは見た目よりも近い。来てあなたの夢の国を見つけなさい。」と教える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壊れて時代遅れだ - アメリカの移民政策

6月
30

移民の行き詰まりは合衆国を二流国にする

アメリカの経済が弱るにつれて、一つの側面を除いては、大統領へのレースはきつくなっている。ヒスパニックのアメリカ人は、驚くべき61%対27%の率で、バラク・オバマを支持しているのだ。もしオバマが勝てば、それはかなりある問題についての彼の姿勢のためかもしれない。移民だ。しかし、それは、多くのラテン系が支持しているこれらの政策は言うに及ばず、彼の好みを施行するには不可能であろう問題だ。共和党はその問題について厳しい立場をとっている。民主党は自分たちの一線を持っている。それは、アメリカの移民制度が今と同じようにとどまることを意味する。まったく壊れているものだ。
 

アメリカ人は、合衆国を世界の偉大な移民社会だと考えており、そしてもちろん、その国の歴史のほとんどにおいて、それは本当だった。しかし、過去20年間にわたって、何か取りつかれたようなことが起きている。ほかの国は、自分たち自身を移民社会に変え、アメリカの最善の理想を採用し、それらを改善すらしている。その結果は、合衆国がかつてそうであったように例外的ではなく、その移民の利点は小さくなっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フランス を購読