ジョージ・ブッシュ

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

吹き飛ばされた - エネルギー

8月
13

風力発電はよくやっているが、それは依然として不定期で短期の補助金に頼っている

去年10月のそよ風の吹く日に、カンザスの知事サム・ブラウンバックは、その州の繁栄する石油ガス探査産業を回った。しかし、バスが開けた平原を渡って進むとき、カンザスのエネルギーの新たな現象について気づかないのは難しい。風力発電だ。たくさんある。去年、その州はその風力発電能力を倍にした。これは今、その電気の11%を提供する。しかし、風雨にさらされたオイルマンは、ひとつの動いていない発電機を見上げて、それは政府補助金を吸い上げる以上にほとんど何もしていない、と言った。

これらの補助金のおかげで、風力発電は2012年によくやった。その年に、記録となる6,700基の発電機が設置され、250億ドルの民間資本が投資された。これは、その国の電気供給の約3.5%の風力発電能力をもたらす。それは、1,500万件の家に電気を供給するのに十分だ。エネルギー省は、2030年までにアメリカの電気需要の20%は風力によって賄われる、と計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

微妙な物語 - カンヌ映画祭

8月
12

アブデラティフ・ケシシュの映画『アデルの人生』が最高賞を獲得する

フランスで国民全体が落ち込んでいるときに、カンヌ映画祭は貴重な瞬間だ。それが依然としてもっとも名声のある映画祭を開催でき、スターがちりばめられたパーティーを催すことができ、そして最高のハリウッドのタレントを惹きつけることができるということを世界に示す機会なのだ。何年にもわたって、カンヌはまた、その産業が言い分を述べる機会になっており、それはその祭の最高賞であるパルムドールの今年の受賞者に簡単に見ることができた。それは、チュニジア生まれの監督アブデラティフ・ケシシュによって監督された3時間の官能レズビアンドラマの『アデルの人生:La vie d'Adèle』の下に行った。「完璧な象徴だ。」リベラシオン誌は思いを巡らせた。

リールの多文化学校の生徒であるアデルは、先生になりたい。演ずるお告げである19歳のアデル・エグザルコプロスによって演じられた彼女は、自由で知的な環境のアートの学生でおてんばな身なりで青く染めた髪をしたエマ(レア・セイドゥ)との爆発的な情事によって混乱に、そして恍惚に、更に憂鬱に投げ込まれる。それは、女性についての感情的ではない成年映画で、情熱と怒りの物語で、弁解をしない生き生きとした愛の物語だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな考えの男 - ポール・ライアンの政府観

9月
17

いかにしてある小説家、ある経済学者、ある大統領、そしてある聖人がポール・ライアンの政府についての見方を形作る助けをしたか

ポール・ライアンはアメリカでもっとも有名な予算オタクかもしれない。しかし、彼は数をかみ砕く人以上のものだ。ライアンの予算数学は、彼の多くの知的アイドルからの政治的そして経済的理論から引き出されている。ミット・ロムニーがポール・ライアンと同じくらい保守運動の大きな考えを愛するということはありうるが、彼は確かに彼の副大統領候補の趣を持ったすでに亡き作家や経済学者の名前をチェックしていないだろう。ロムニーよりも「彼は一層行動保守で、より保守運動の産物だ。」と、保守的なヘリテージ財団の総裁エドウィン・フュルナーは語る。

ライアンは、彼のキリスト教の価値の理想を保持する一方で、政府の大きさと範囲を削減し、権利付与を徹底見直しし、アメリカ人をワシントン依存から一般的に引き離して、少なくとも政府を変えることを望んでいる。ここに、ライアンが実践に移したいと思っている大きな考えを持った人々の何人かがいる。
 

作家:アイン・ランド

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富豪階級の政治 - アメリカの富裕層課税

1月
29

アメリカの富裕層はもっと支払うべきだが、それには彼らの所得税率を上げる必要はない

普通のアメリカの大統領選挙では、事業で財を成し、ばかげたほど低い税率で支払っている候補者は、ほとんど非難されなかっただろう。アメリカ人は、長い間、富を、中傷され再分配されるべきものではなく、何か賞賛され追及されるべきものだとみなしてきた。アレクシ・ド・トクヴィルは、「富の恒久的な平等の理論に、より深い蔑みが表現された国を知らない。」と語った。

しかし、これは普通の選挙ではない。いかにしてミット・ロムニーが(民間投資会社の無慈悲な世界の中で)富を稼ぎ、(いくつかの中産階級の家庭が支払っているよりも低い税率の15%という)彼の税率の両方にそれほど多くの監視が注がれているか、ということが、何か変わっていることの兆候だ。それには、まさに上位1%が1920年代以来見たこともないほどの国民所得の割合をひったくっている時に、アメリカの中間家庭の実質所得が7%下がり、下がっているとはいえ失業率が厄介なほど高いままの10年が理由としてある。多くのアメリカ人がウォール街占拠運動の戦術や流行選択を好んでいるわけではないが、経済が富裕層のためにあるというその運動の意見は少なからぬ人々が共有している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スキンヘッドやジハーディストたちの - 暴力的な過激主義者達

7月
11

彼らの憎悪は違うのかもしれないが、似たようなルーツを持っている

ネオナチのスキンヘッドが何人かの元イスラム過激派やかつての暴力的なストリートギャングと一緒に座っているのを見かけるのは珍しい。彼らが2005年のロンドンのテロの生き残りに加わるのは更に珍しい。しかし6月27日に、彼らは暴力的過激派が19の国々からの約60人の「元」過激派や1列の生存者たちと議論するダブリンで開かれた会議で一同に会した。

その会議はグーグル・アイディアスというインターネットの巨人の新しいシンクタンク、もしくは彼らが好む言い方をすれば「シンク/ドゥ・タンク」によって催された。グーグル、いやその会長であるエリック・シュミットは、ダブリンで行われた暴力的過激派に対するサミット(SAVE)のような世界をより良い場所にする考えを案出しようとしている。

暴力的過激派の興隆と戦うことは10年にわたって政府を夢中にさせてきた。「彼らは我々の自由を憎んでいる。」2001年9月11日の攻撃を説明するつもりでジョージ・ブッシュは語った。実際には、人々をテロ集団に駆り立てる動機ははるかに複雑だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

反ケインジアンの隆盛 - 共和党経済学

4月
18

ポール・ライアンの知的後背地

共和党が何十億ドルもの連邦予算の削減を提案したとき、民主党は仕事と成長が打撃を受けるだろうという経済学者による予測を広めた。共和党下院議員のション・ボエナーは自分の経済専門家であるスタンフォード大学のジョン・テイラーとともに反撃し、「基本的な経済、経験、そして事実により反しているものはない。」とテイラー氏はボエナー氏が引用した彼のブログで断言した。政府支出を削減することにより、共和党は民間投資を促進し仕事を作ることができると述べた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジョージ・ブッシュ を購読