BP

炭素捕獲は開発のために熟した機会だ - エネルギーと環境技術

1月
07

その過程は機能するが、公的な動機づけはほとんどない

数年前、温室効果ガスの管理に反対する合衆国のテレビで放映される広告は、次の言葉で結ばれた。「二酸化炭素。彼らはそれを汚染と呼ぶ。我々はそれを生命と呼ぶ。」

その広告は、なぜ誰かがCO2に懸念を持っているかもしれないのかの理由のその皮肉な困惑のために、環境運動家たちによってあざ笑われた。だが、それは、気候変動の脅威を解決するもっとも見通しのあるやり方の一つであるようにいま見えるものを指し示す。二酸化炭素を解決されるべき問題ではなく、利用すべき機会としてみるのだ。

もし世界が大気中の温室効果ガスの長期的な上限を持っているのならば、燃焼する化石燃料からの排出を捕らえ貯蔵することは重要なことのように見える。

石油、ガス、そして石炭は世界のエネルギーの約80%を供給し、いかに今後数十年間でそれが必要不可欠ではあり続けないようにするかを見極めるのは難しい。

しかしながら、彼らの温室効果ガス排出の管理を管理するのは、極度に難しい。1時間当たりのメガワットの電気ごとの排出をほぼ半分にした石炭から天然ガスへの発電方法の交替は合衆国でいくらかの印象的な影響があったが、どれだけ進歩ができるかについては制限がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
BP を購読